きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
principeの災難
2009年 03月 01日 *
f0149057_2332221.jpg金曜日から2泊3日で妹と一緒に実家に帰省。
子供の頃ならこの時期はマイナス20以下に下がることも多かった実家の地域。
毎日鼻も目も自分から上がる水蒸気でばりばりに凍りながら登校していたのが思い出されます。
温暖化を否定する人もいますが、やはり、今の気候は昔に比べると段違いに暖かいです。
マイナス20度を下回る日は少ないですもの。
それでも、もう札幌での生活の方が人生の大半を占める私達姉妹には、実家の気温がやはり寒い、、、、そんな体質になってしまいました。

夫が「寒い時期だから、principeは置いて行っておいで」と言ってくれたので、さくっと飛行機での移動です。

実家のpippiも元気そうでなにより。
でも、伸びすぎている爪を切ったら、滞在中「要注意人物」として、警戒されっぱなしで嫌われていました。
pippiのご飯も粟穂も栄養剤も、クリニックからのお薬だって、私が手配しているのにね、、、、寂しいわ。
去年の夏からの茶褐色なお鼻は相変わらずだけれど、それ以外は元気です。
principeの様に白内障になっていないし、安心です。
夏に会った時は、股引をむしってして、丸出しなあんよだったけれど、うっすらと股引復活しているし。
よかったぁ。
年に数回しか会えないから、「うるさい」って顔されるほど観察してしまいます。
principeは小松菜など青菜を食べなくなったけれど、pippiは今はむしゃむしゃと食べている。
色々と食にも変化ってあるんだなって。
昔よりもつやつやになっている羽を見て、ママと一緒に長生きして欲しいなって思うよ。


f0149057_23454248.jpgf0149057_23455345.jpg

妹と一緒に帰省というのは、父の命日の8月以外は本当に稀なことで、ママがとっても喜んでくれて、親孝行したって気分に妹となりましたね~。
ママを連れて「おくりびと」を鑑賞し、夜は、焼き肉有名店へお出かけ~。

「おくりびと」はネットで予約して行って正解で、実家の街で映画館が満席っていう光景は久しぶりにみました。
っていうか、ないかも ^-^;
「踊る大捜査線」の時だって、、、、半分くらいだったのに。
そして、この映画が面白かったバロメーターに、ママが一度も寝なかったというのがあります。
ママは、絶対に暗くなるとちょっと睡魔に襲われて寝るのが常なのですが、今回は「寝る暇ないくらい面白かった」そうです。
年配の方が多くて、いろんな意味で興味ある内容だったこともあるだろうけれど、くすくすと笑えてウルウルと涙ぐむという、その塩梅がいい映画だと思いました。

f0149057_053762.jpg私の実家のある地域は、焼き肉屋が多く、おいしいと評判なところです。
去年は「ブルータス」で特集を組まれたこともあって、「これはお出かけしなきゃね」って画策していたの。
高校生までしか住んでいないので、この地で、家以外で焼き肉を食べたことはないんですよね~。
まぁ、家でも炭焼きでだったので、十分美味しかったわけですが。

頼んだお肉は、牛カルビ、牛タン、生ラム、豚ホルモン、豚カルビ、豚トロを200gづつ。
多いかなって思ったけれど、炭焼きだし結局ぺろりと食べました。
右の炎に包まれているのは、豚カルビを焼いているところ(笑)
脂身が多いので、すぐにファイヤーです。

3人で「あぁ、食べに来て良かったね」って満足。
約1時間でぺろりと平らげて、pippiの待つ家に戻りました。

帰りの飛行機は13時5分発なので、朝ご飯を3人で食べたてゆっくりしていたらすぐに出発時間。
3人で食べて飲んで楽しかったので、短い時間だけれど充実したね~。

妹と女満別空港で、青い「流氷ドラフト」を半分ずつして飲みました。
味はハーブビールのようなさわやかな感じ。
変な甘みなどはなく、美味しかった、、、、今度は、青い色を楽しみながらグラスで飲みたいね。


という、濃い2泊3日を楽しんで自宅に戻ってみると、、、、、大変ですっ!!!
自宅に着いたのが15時過ぎなのですがっ、、、、ドアを開けると起きたばかりっぽい夫がいました・・・・。

・・・・・・・・

「さっき起きたの」

ええええええ?????? 今15時回っていますよ・・・・・・・・


焦って居間に入ってみると、principeがリビングテーブルの上に置いてあるお菓子入れに隠れていました。
怒っていじけて、抗議しているんです・・・・・。
声をかけても、目を合わせてくれません。

そりゃそうだよね、、、、14時過ぎまでタオルでくるまれた籠に入れられておかれたんだもの・・・・
多分、「起きてるよ」って鳴いていたと思うのだけれど、目覚ましも聞こえない夫には届かず・・・・

f0149057_0105587.jpg

「本当に怒っているんだよ!!!」

こんなことになるとは、、、、思っていなかったんだよね・・・・・はぁぁぁぁ(-_-;;


[PR]
<< 和む ページトップ アカデミー賞効果 >>
The Original by Sun&Moon