きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
小鳥の老化 足の麻痺の再発 その3
2009年 06月 17日 *
行きのタクシーの運転手さんが、よく来てくれるお孫さん命のおじいちゃんだったので、楽しい会話の道中、今日はなんとなくいい日かなって思って向かいました。
30~45分の車内、やっぱり、運転手さんが気が利く方がだと楽チンです。

4日前位から左足のひきずり方が軽くなってきたと思っていたので、この2週間の様子を先生に伝えました。
多分、炎症のピークは7日の日曜日。
先生といろいろと話して、あと2週間消炎剤を飲んで、薬はこれで打ち切り。
足の股の反応もあるとのことで、ほっと安心しました。

f0149057_21272148.jpg

「がんばってお薬も飲んだからね」
そうね~、1週間過ぎた辺りから、諦めてお薬飲んだもんね。
あと14日間の投薬、嫌かもしれないけれど、お互いにがんばっていこうね。

15日の日曜日から遊び方も元に戻ってきたので、見ていてうれしいです。
左足から始める動きができなかったのですが(たとえば、一歩踏み出す時など)、昨日辺りから、一歩踏み出す時のあんよが、左足でもできるようになりました。
そういう左足出した床だったり、止まり木だったりを、何度も踏みしめたり、握って離してと感触を確かめて、「大丈夫」って思ったら左足で踏みしめたり握ったりします。
こんなけなげな過程をみていると、胸がじーんとしますね。

もちろん、元通りのあんよではありませんが、加齢によるそれは仕方のないことでもあるよね、、、と。
色々な治療法があるとは思いますが、小鳥自身に無理させない、これは大切ですよね。

とりあえず、通院後のご褒美、今日はとうもろこし~。

ご機嫌に過ごせれるように、試行錯誤。 あとは、飼い主ならではのコマメな目線で勝負です。

余談:去年は1ヶ月の投薬(もちろん、薬の種類もちょっと違います)
その子によって、すぐに元気になる子もいるし、ずっと飲み続ける子もいるそうです。
ぴゆは、去年よりも年とったし、1ヵ月半の投薬。
「老化は本当に個体差があって、それぞれで~ ぴゆちゃんは見ていて若いんですけれど~」と先生。
本当にそのとおりだなって思います。
実家のピッピは、ぴゆよりも年取って見えるけれど、大きなトラブルないもの。
でも、それはそれで何よりなんですよね~。 ピッピには今にも増して、母のためにも元気に過ごしてほしいです。


[PR]
by p1yukun | 2009-06-17 23:20 | 小鳥 *
<< 今日も天気がイマイチな札幌 ページトップ ご機嫌 >>
The Original by Sun&Moon