きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
無事帰宅
2009年 10月 18日 *
f0149057_13571911.jpg札幌に戻る日は、朝からハイテンションでいつもとは違うぴゆ。
もう楽しくてしょうがない様子で、鳴き声も大きいし、お喋りもどんどんでてくる。
母はいつもちょっと寂しそうに「帰るの嬉しいんだね」って見ています。
そして、ピッピも「あ、ぴゆは今日帰るんだな」って思うみたいで、同じくハイテンション。
やっぱり、母が自分以外をかわいがるのも嫌だし、我が物顔で甘えるぴゆのことは、嫌いみたい(笑)
いつもの日常に戻るのが一番だものね。 

朝、あまりにもはしゃいで遊んでいたので、帰りの電車では、かなりおとなしかったね。
こうやって鈴に寄り添って、お昼寝。
たまにのぞいても、ちらっと見て「もうすぐ着く?」って顔。
f0149057_1462030.jpgf0149057_1463256.jpg
f0149057_146144.jpg私の留守中に、夫がイタリア展に行ってこのジェノベーゼを買っておいてくれました。
オリーブオイルも欲しかったらしいけれど、「これが良いのか?これは高いのか?が分からなくて、手を出せませんでした。 ジェノベーゼだけで精一杯」だったそう。

ぴゆのためなら、1個500円とかのデコポンでさえ嬉々として買ってくるけれど、こういう時は金銭感覚が普通なようだ ^^;

そのジェノベーゼをソース代わりに豚肉を焼いて、付け合わせはキャベツに塩胡椒、ガーリックパウダー振って蒸したもの。 キャベツが甘いので、いくらでも食べられそうな感じ。
実家で作った牡蠣のパスタが美味しかったと話したら、夫もそれが食べたいというので、それを再現。
北見ではサロマ産の良い牡蠣が大袋で400円という信じられない値段だったのだけれど、札幌に戻ってきたら800円になっていてびっくり。
普通の安い牡蠣を買ってみたら、当たり前だけれど同じような味にはならず、ボッタルカを隠し味に使いました。

白老までドライブしてきたというミカドンから、マザーズの卵にプリン・シュークリームをお土産でもらって、立派なデザートがそろい、ほくほく。
卵は大小ごろごろといっぱい入っているから、これでキッシュでも作ろうかな。
クッキーシューは久しぶり~、カリカリな生地にとろとろなクリームがいいよね。 ごちそうさま~。 
f0149057_14211120.jpg

今回は、大好きな黄あわに白あわのおやつセットを忘れなかったので、32.5gをキープ。
帰宅後は、夫にまとわりついて大騒ぎ。
ご飯を食べる顔も、なんだか嬉しそうで、やっぱりお家が一番なんだね。


[PR]
by p1yukun | 2009-10-18 21:39 | 料理 *
<< やっと手に入ったポスター ページトップ 冬支度の手伝いなど >>
The Original by Sun&Moon