きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
大雪の中、今年最後の小鳥のクリニック
2009年 12月 21日 *
f0149057_1251365.jpg日曜日、「札幌のうなぎ屋」へ行った。
このところ、円山の「うな明」が多いのだけれど、早めの時間に鰻をお手土産に欲しかったので、かなり久しぶりに行ってみました。

ひつまぶしを出すところが増えた札幌ですが、ここもありました~。
「名古屋の「あつた蓬莱軒」を超えるところは、なかなかないねー」、なんて夫に話したら、
「俺は、食べてないから知らないっ!」って言われた。 ほほほほっ。

それにしても、久々に大将をみると、髪の毛がうっすら緑色になっていた・・・・・
なんで? 気持ちひきます。
f0149057_12521613.jpg日曜日に続いて雪ががんがん降る札幌です。
今日はぴゆの、今年最後のクリニック通い。
今年はこれで、7回目の通院。
行きは約1時間かかり、しかも、混んでなさそうな道を通ってくれたから、揺れに揺れまくりで、大変でした。

10月2日に麻痺の薬を常飲するのを中止して、この3ヶ月の間、左足の丸まりが強くなった5回ほど、一時的に常備薬として出してもらっている麻痺の薬を飲んだだけで、あとは至って元気。
この1年、体重がへりがちで32.0~32.5gだったのだけれど、最近は33.5~34.0gを維持しているので、これも良い感じ ^^

さて、先生とご対面~。
ぴゆは早くも戦闘態勢で、逃げる気満々です。
しかしはやり、手乗りインコの性で、手のひら出されると、ぴょーんって乗ってしまうのよね(笑)
白内障のすすみ具合は、さほど進行なし。 右目が発症しそうな感じがしたけれど、まだ白くなって来ていないと聞いて、ちょっと安心。
麻痺しがちな左足の反応もまぁよし。
この辺りで、ぴゆはあきらめの境地へ。
お腹も、尾脂線、おちり、羽、脇を丹念にみてもらっている間も、足もだらりとたらして、なすがまま、、目が遠いです ^^;;
爪を切ってもらって、いつもの保湿クリームを丁寧にぬってもらって、最難関の、そのう検査です。
前回と比べて、そのうの中はまぁ良い状態だけれど、うんちには、菌がびっくりするほどうじゃうじゃ状態。
ぴゆの元々の腸内細菌量は多めとはいえ、今回は、ちょっと多いよねって話。
体調崩すと困るから、5日間だけいつものそのうをきれいにするお薬を処方、あとは、麻痺の常備薬10日間。
Vetrapを2本だしてもらって、終了。

ちょっと先生と鳥ではない話題で盛り上がってしまったので、ぴゆはその間、熟睡。

帰りのタクシーの運転手さんは、猫好きな方。
来年1月で定年退職されるという70歳の運転手さんの愛猫は「平成元年生まれの21歳の雌猫」だそう。
子供もいっぱい産んだけれど、元気で毛艶もよく、なんたって人なつこくて、呼べば来る猫なのが自慢。
「もう僕も歳だから、これが最後の猫だって思っているんだよね。 だから、まだまだ長生きして欲しくて」と話すのを、実家の母親も同じことを言うなぁ、、って思って聞いていた。
今の子の前に飼っていた猫は、癌で7歳で逝ってしまったそうで、「最後は病院で亡くなったんだけれど、その前日に仕事中に動物病院に顔見に寄った時、苦しくて動けないはずなのに、「帰りたい」って僕に近寄って語りかけていたのが、どうしても忘れられないことでね。 亡くなって引き取りに行った後、一晩ずっと抱っこして寝たの。 うちの奥さんに、「親が死んでもあんなに泣かなかったくせに」って言われたけれどさ」なんてしんみり。
そんな話で45分はあっという間。
動物好きの運転手さんにあたると、クリニックからの道のりが短く感じていいのよね。

ぴゆは、その間、またまた爆睡し、マンションに着いた途端に「ぴー!!!ぴー!!!(家だ!)」って大騒ぎ。

f0149057_12522776.jpg

前回は、そのう検査でぐったりしていたけれど、今回は、大丈夫だったので、よかった ^^
(そのう検査は、人で言うところの胃カメラみたいなものです)
夫と一緒にデコポン食べて、満足気なお顔していました ^^ 


[PR]
by p1yukun | 2009-12-21 21:04 | 小鳥 *
<< Buon Natale ~アイ... ページトップ エナガの出来具合 >>
The Original by Sun&Moon