きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
7月の小鳥のクリニック
2010年 07月 31日 *
f0149057_0113884.jpgぴゆの足の麻痺が進まなかったので、久しぶりの小鳥のクリニックです。
やっぱり理想は、今だと3ヶ月おきくらいかな。

たまに下痢にもなるし、換羽でぐったりするし、焦ると足が丸まりやすくなるけれど、ぴゆは、このところ本当に元気。
一生懸命遊ぶし、もちろん、お昼寝の時間も長いけれど、出してもらっているお薬は、2週間のうちに3日間くらいというリズムを保っています。

伸びた爪を丁寧に切ってもらい、うんちの調子が良かったので、そのう検査は今日はパス。
触診も丁寧にしていただきました。

お鼻は、茶色い膜がはがれると綺麗な青になるけれど、2週間くらいかかって、今のような茶色に変色。
その後、ドス黒くなり、また茶色になりはがれる、、、の繰り返しかな。
精巣腫瘍の疑いは今も消えないけれど、ぴゆの調子が良いので、今のところ、やっぱり加齢によるろう膜の代謝異常ってことで落ち着いています。

実はこのところ、ぴゆは発作みたいなものを起こすので(7月は2回)、その様子を先生に話したところ、高齢の文鳥さんに見られるようなものではなさそうということと、月に2回程度ならお薬はいらないですね、、とのこと。 
私も、仮定の段階でお薬は嫌なので、納得。
あと考えられるのは、加齢による肝機能の低下によるものかもしれないとのこと。
クリニックに10歳以上のセキセイの通院が多いわけではないので、詳しいデータがないそうだ。
いずれにせよ、「かも知れない」のこと。
こういったことを正直に話してくれる工藤先生が私は好きです。

一応、診察後に羽を震わせていたので、「こんな感じで」などと、様子を話して伝えました。
まぁ、とりあえず、ぴゆの発作もひどいモノではないし、、なんたって元気に過ごしてくれていますから ^^

あとは、TSUBASAのシンポジウムの話と、モモイロインコの集まりの話などをお聞きしました。
診察の時とは打って変わって、お互いに愛鳥家の目線で話できるのも、工藤先生ならではかも。
ぴゆは、早く診察室を出たかったようで、「それでは先生、今回もどうもありがとうございました」とお礼した途端に、「じゅぴー!!!(帰れるっ!!!)」と歓喜の声をあげました ^^;;

f0149057_011372.jpg

今日はそのうの検査もなかったし、帰宅後もとても元気。
来週は実家へ帰省なので、とりあえず私も一安心 ^^

そんな飼い主、また、雪丸ちゃんとホタル鑑賞に行ってきました。
天気は良いけれど、前回歩いたエリアに本日は熊が出没中とのことで、
湿地の方にいけなかった。
なので、あまりホタルに遭遇できませんでしたが、それでも、間近で見ることができました ^^
綺麗なお水があってのホタル、こんな地球環境を守って行かなくてはなりませんね。
小さなホタルの光に、いろんなことを感じた今晩でした


[PR]
by p1yukun | 2010-07-31 23:10 | 小鳥 *
<< 猛暑日 ページトップ どんより続きの札幌 >>
The Original by Sun&Moon