きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
実家の地デジ化
2010年 10月 28日 *
今回の帰省は、実家の地デジ化が目的。
母は来年ぎりぎりでも良いと思っていたようだけれど、夏に「もう今年中に買い換えしちゃおうよ」と話しておいたのを、聞き入れてくれたみたい(笑)
携帯もデジカメも拒否した母は、デジタル放送というだけで、なんとなく自分に分かるのかと不安になったのと、分からないかもと思う物が家に届き、商品説明を聞くのは、さらに不安で億劫だった様子。
それなりになんでも出来るのに、新しい機器には「できないかも」といつも消極的。

一件目の中型店では、配送に2週間前後かかると言われ、母はがっかり。
できれば、私が居る内に配送に設置、一日娘に使い方を聞きたいらしいが、あちこち巡ることを普段しない母は、ここで決めたいそぶり。
しかし、店員の商品説明が下手でここでは買いたくないなと思っていた私に説得されて、とりあえず、もう一件大型店へ行ってみた。
すると、翌日に配送設置、アンテナチェックもしてくれると言うので、即決。
あと、商品説明が上手で、こちらのニーズ(リモコンの文字が大きくて、簡単なもの)をしっかり理解して商品を勧める店員がいたのものね、よかった ^^

築40年以上の我が家のアンテナで大丈夫かと思ったけれど、意外といけるんですね。
古いアンテナは全部交換しないとだめだと思っていました。

ということで、母の予定していた金額よりも安く、そして大きなプラズマを買い、満足気 ^^
私も、わざわざテレビのために帰省した甲斐もありました。

チャンネルが倍に増えたことと、データ放送なるものがあることを知った母。
HD内臓型の物を買ったので、録画も楽々できるのですが、これはまた次回に(笑)

f0149057_11515372.jpgf0149057_11515391.jpg
テレビが配送・設置されている時の二羽。
ぴっぴは、知らない人が来てなにやらモノを運んだりしているのを、ずっとカゴの上で見ていました。
全然気にならないようで、興味深げに配送のお兄さん達を観察していました。
ぴゆは、すぐにパニックになるので、こういう時は、カゴの中へ入れられます。
この時も、出たくて出たくて、もうカゴの中で大暴れ。

母が体調を気にしているので、今回は、外食しないで、おうちご飯に徹しました。
それでも、普段、母が食べないようなものを色々と作りました ^^
ケジャンを使ってキムチ鍋したり、カルボナーラ作ったり。
手みやげに持っていったル・シュクレのデリはどれも美味しくてすごく喜んでいたし、よかったよかった。
母が作ったぶり大根も美味しくて、私も満足。
ストーブの上において、ことこと煮込んで、じっくり味がしみていいですよね。
鍋がストーブにかかっていると、冬になったなって思う。
子供の頃は、ロールキャベツがいっぱい入った鍋がストーブにかかっているのが、嬉しかったな。

f0149057_11515151.jpgf0149057_11515467.jpg
実家のぴっぴは、ぴゆよりも1ヶ月早くお迎えしているので、もう11歳になっています。
ぴゆと同じく、たまにぶるぶると震えて動けなくなったりするけれど、新しい遊びを発見して楽しそうです。
器用に電気コードをつたって、天井の木材をがりがりと噛んでます(笑)
母が「ぴっぴが楽しいなら、こんな古い家、別にいいのよ。 生活にハリがあったほうがいいものね」と言う通り、本当に楽しそう。
息が苦しそうなのと、元々無口だったのに、さらに鳴かなくなったけれど、遊んでいる姿をみるとちょっと安心。

ぴゆは、なかなかよい子で、夏のように私の顔が見えないと眠れないって暴れることもなかったので、とっても楽ちん。

今回も二羽で仲良くはできなかったけれど、また一年、二羽とも健康にすごして欲しいな。

f0149057_11515120.jpgf0149057_11515246.jpg
上川より手前なので、大雪山の山の中のどこかの無人駅とその風景。
すっかり冬景色です。
今回は道東の方が暖かかった。

f0149057_11515271.jpg

帰りの電車の中、ぴゆはとってもよい子。
「出たい」とも言わないし、黙ってお昼寝したり羽繕いしたり。
今回は手がかからなかった。

・・・・とか思っていたら、23時過ぎまでこうやって出ています ^^;;
何度寝かせてもカゴの中で暴れまくり、また出るを繰り返していました。
夫がいないからかと思ったけれど、試しに、カゴをソファーに置き、私の顔が見えるように一緒に寝てみたら、
本当は眠かったとみえて、ブランコに乗ったまますぐに熟睡し始めた。
どうやら、寝なさいと言われたのを、なぜか、一人で置いて行かれるのと勘違いしたようです。
(置いていったことなど一度もないのにね~)
実家で大丈夫だったのに、家に戻って来てから
「一人にしないで」
が出るとは思っていなかったよ。

*実家では、大体、枕元にカゴを置き、顔をつきあわせて寝るんです ^^;;


[PR]
<< お出かけしてみたけれど ページトップ 札幌は初雪観測 >>
The Original by Sun&Moon