きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
12月の小鳥のクリニック
2010年 12月 04日 *
朝、ちょっと膨らんではいたけれど、いつもの様に元気に遊んでいたのに。
ちょっと変な音がすると思ってぴゆをみたら、苦しそうにゲホゲホと吐いていました (-_-)
ビックリして、ぴゆを抱っこしてみるも、まだ苦しそうにオエオエしている。
私もちょっと膝ががくがくして来たけれど、クリニックへ電話。
工藤先生の診察は16時しか空いてないけれど、診察の合間と合間に見れるかもしれないので来てもいいとのこと。
すぐに行くと伝えて、電話を切ると、ぴゆも段々落ち着いてきた様子になっていた。
保温を強化してカゴに戻ってもらったら、吐く様子もみられず、寝だした。
とりあえず、クリニックに再度電話をして、空いている16時に診察の予約を入れ直し。

自分も落ち着いて、ぴゆが吐いていた場所を見てみると、結構な量と広範囲に吐いたシードがばらまかれていた。
多分、遊び場に置いてあるご飯を食べた後に、吐き出したんだろうな、、、と記憶をたぐってみる。
なんですぐに気付かなかったのかな。

工藤先生に、思い出せる範囲で説明して、最近のことなどを報告(地震パニックなど)。
そのう液は、ちょっと粘ってるけれど透明である。
「食滞かそのう炎」と思っていた先生が、「グラム染色してもっとはっきり見たいので待ってて欲しい」とおっしゃるので、お願いしました。
結果は、「細かいモヤモヤしたものが結構な量でていました。 これは、細胞でもないし、繊維でもないので、何か心当たりはありせんか? シードの殻だけをしょりしょり噛んでいたとか・・・」と聞かれました。
ぴ「オーツの殻はどうですか?」
工「うーん、オーツを食べていたら、デンプン質が見えるはずなんですよ」
ぴ「・・・・・・、じゃぁ、蕎麦はどうですか? 吐く前に蕎麦をいっぱいたべていたんです そばの殻とかどうですか?」
工「あ、、、、、もしかしたら、そんな感じですね。 蕎麦の殻かもしれない」
ということで、今回は、食滞でもそのう炎でもないものでした。
蕎麦が悪いというわけではなくて、ぴゆは、消化器系が加齢による影響で弱っているので、たまたまそうなった、、、という感じ。
これからは、こういうこともあると想定していないとならいね。

お薬は、消化器系の運動促進剤を7日間。
とりあえず、良かったです。

夫の車でクリニックへ往復する時、ぴゆは、とてもご機嫌です。
帰り道は特に安心するのか、もうぐっすり熟睡するんですよ ^^ 

f0149057_23521025.jpg
f0149057_23521088.jpg
f0149057_2352111.jpg

バナナ食べて具合悪くならないでね~ ^^;;
最後のお顔が▼な目で悪っぽくてかわいいのだ。


[PR]
by p1yukun | 2010-12-04 23:51 | 小鳥 *
<< 寒くなってきた札幌 ページトップ 由稀ちゃんの講義 >>
The Original by Sun&Moon