きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
ラヴェンナでモザイク三昧 その1(旅8日目)
2013年 09月 16日 *
今日は私にとっては「やっと」という言葉がぴったりな日です ^^ そう、モザイク見にラヴェンナに行くんですっ。
ラヴェンナへ行くにはやっぱりボローニャが一番便利。

在来線に乗って約1時間ちょっと、やっとラヴェンナに到着。
駅前は、貸し自転車屋さんや、観光バスの停留所ってところ。
そのまま真っ直ぐ進んでいくとポポロ広場に出て、サン・ヴィターレ教会を目指すとインフォメーションセンターもその近くにあります。
インフォメーションセンターにある地図がとても分かり易いので、入手することをオススメします。
レンタル自転車もここで借りられるますよ。

f0149057_1039890.jpg

インフォメーションセンターの右手にモザイクの工房があるので、ちょっと覗いてみると、
玄関口に広がる骸骨のカラフルモザイク(笑)


f0149057_1039585.jpg

そして、玄関マットのようなかわいいモザイク
ここにはモザイクキットやモザイクガラス、そして作品も販売されてて、見てると楽しいんですよね。
前に、マダムからお土産でいただいたな ^^

気分が上がったところで、まずはサン・ヴィターレ教会へっ。


f0149057_1039298.jpg

見えてきました、八角形の特徴的な建物。
ビザンチン様式の初期キリスト教建築として有名なこの教会。

東ローマ帝国の総督府の拠点であったラヴェンナは、その後東ローマ帝国から分離したため、
聖像破壊運動の影響を受けず、この美しさを残すことができたとか。


f0149057_10385897.jpg


アプスにあるモザイク、ああ、夢にまでみたモザイクと対面です ^^
正面のキリストのモザイクの足下にある草木を描いた緑色のモザイクの柄が特に好きなんですよね。
図柄を真似てなんちゃってモザイク作ったことを思い出す。


f0149057_10385542.jpg

真上のモザイクの色も模様も美しい。
右上に見えるのはキリストを中心に12使徒が描かれているアーチ部分。


f0149057_10385320.jpg

GRⅣで撮ったけど、ちょっと暗いね。 本物はもうとっても美しくて、ここで寝転がってオペラグラスでじっくり見たかったな。
創建当時は前面がモザイクで覆われていたそうだけれど、
今は、下にちょっと写っている美しいフレスコ画で飾られてます。


f0149057_10385096.jpg

光り輝く金色よりも、緑色のテッセラの輝きが綺麗で、本当に心洗われるよう。


f0149057_10384459.jpg

光の入り具合で、また美しさが変わる。
何度見返しても、美しさでため息がでます。


f0149057_10381118.jpg

床にも幾何学模様のモザイクが。
しかも小鳥モチーフが多いので、ついつい見入ってしまいます。
鳥の柄の意味はなんだっけ、、、昔随分調べたのにな、、。


f0149057_1038533.jpg

孔雀はたしか復活の象徴でしたよね。


f0149057_10375610.jpg

修復途中なのかな?


f0149057_10374713.jpg

こういうモザイクのベランダにしたいな、、、もちろん、自分で作るの ^^


[PR]
<< ラヴェンナでモザイク三昧 その... ページトップ ボローニャ(旅7日目) >>
The Original by Sun&Moon