「ほっ」と。キャンペーン
きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
山彦の滝とマウレ山荘(丸瀬布)
2013年 08月 10日 *

マウレ山荘よりさらに奥へ行くと、パワースポットとしても名高い「山彦の滝」があります。
ここは、裏見の滝なんですよ、そう、滝の裏に行けるのです ^^

f0149057_12283592.jpg

まずは、山道を歩いて行きます。
後ろから見ると、母が小さく見えるな。
すっかりおばあちゃんの後ろ姿だな、、、と改めて感じる。


f0149057_12283841.jpg

ひんやりとした中の山道。
苔が綺麗でみとれちゃいますね。


f0149057_12284171.jpg

だんだんと滝が近くなってきました。
なんて、綺麗なとこなんでしょう。


f0149057_12284387.jpg

「山彦の滝」です。
ここは、真東に滝が向いている、珍しいところなんですって。
滝の裏には、色々な神様が祀られています。
アイヌの人には大切な場所でもあるそうです。
お供えも沢山あり、とても綺麗な祠ばかりで、通われている方も多いと伺えます。

本当になんとも言えない雰囲気があって、背中もしゃっきりしますね。

そして、冬になるとこのまま凍り、それをライトアップ、見学する散策ツアーもあるんですって。
すごいっ!


f0149057_12284617.jpg

裏からの様子
なかなか見れない風景ですよね。 
ひんやりしていて、爽やか。

この山彦の滝からさらに山道を進むと「鹿鳴の滝」があります。
名前からも察せる通り、鹿が水を飲みにくるところなんですって。
でも、熊と遭遇が怖くて(この時、熊出没注意が多かったため)、やめました(笑)
去年も母を連れて知床へ行った時に、熊に会いましたからね。
二年連続は嫌だと夫がびびってました(彼だけ至近距離で遭遇している)


f0149057_12302946.jpg

さて、マウレ山荘へチェックイン。
スコットランド風の暖炉がロビーにあって、山荘という言葉がぴったりのホテルです。
ちょっと建物が古いので、難点はあるけれど、このなにもないところに、
こんな施設があったなんて知らなかった。

ガーデンもあって、敷地が広いです。
でもね、今年大発生の気持ち悪いピンクの蛾があちこちにいて、散歩もままならない(-_-)
適当に花をみて、あとは、こんなオブジェを鑑賞(笑)

さっき山道を歩いたので、汗かいたし、食事の前にお風呂へ。
ここの温泉、とってもいいです。
今まで入った温泉の中で一番! って思う。
母と「すごいね、感激するくらいツルツルだね」って ^^


f0149057_12303317.jpg

さて、お風呂入ってお腹もすいたし、ご飯。
真ん中のコースにしてもらいました。
ここはお野菜とかに拘ってるらしいですよ。
蛸のさっぱりマリネ


f0149057_12303576.jpg

やっぱり夏はシマエビだよね。
夫がうひょーって喜んでました。


f0149057_12303914.jpg

ちょこちょことお野菜の盛り合わせ


f0149057_12304340.jpg

ビシソワーズ うまいっ!


f0149057_1230461.jpg

帆立と鱒だったかな、、、失念っ。
奥のトマトのざく切りソースがすっごく美味しかった ^^


f0149057_1230509.jpg

何肉だったかも忘れてしまいました
(半年以上経ってから記事を書くのはよくないね)


f0149057_12305383.jpg

この炊き込みご飯美味しかった。
でも、お代わりはしちゃだめです


f0149057_12305658.jpg

なぜって、最後にお蕎麦がでるからっ
これ、いいなって思う。
しかも、蕎麦美味しいし ^^ 


f0149057_1231085.jpg

デザート盛り合わせ。
この丸瀬布にあって、これだけのお料理出せるのはすごいなって思う^^
お野菜はどれもこれも、本当に美味しかったです。
感心です。
あとは、部屋についてるバス&トイレが新しくなってたら、すごくいいのに。


この日は、母がすごいいびきで、私は一睡もできず。
ちょっと心配になるくらい大きないびきだった。
いつもよりすごいのは、温泉で気持ち良かったからなのか?




[PR]
<< 大平原牧場からの山乃家でランチ ページトップ 温根湯温泉にある「山の水族館」 >>
The Original by Sun&Moon