きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
台北三日目 その1 淡水へ
2014年 09月 23日 *
f0149057_1350843.jpg
昨日、巴克斯で購入したものを、キッチンで温め直し
フライパンが使えると、レンジよりも美味しく仕上がるので、なかなかいいです


f0149057_1350866.jpg
左が起士蛋餅、台湾風クレープらしい
ハムとチーズが巻いてあって、サクサクとして、洋風

右が烤韭菜盒子(にらまんじゅう)
ピタパンみたいなものに、ニラや春雨が入っていて、とてもあっさり
夫は左、私は右が好み
前回、朝ご飯食べに外に出たりしたけれど、昼も夜もがっちり食べるから、
ホテルでゆったりするのがいいよねって話がまとまってました(笑)
だいたいが、食べる時間が違うってことも大きいな
夫は、朝ランに行くし、私はその間につまみたいんです
待ってることはストレスになるしね、ほほほっ

あと、やっぱり豆乳がそんなに好きじゃないってことも、ホテルご飯に決めた理由
本当は、朝食食べに出かけるのが台湾ご飯の楽しみだってわかってるんだけどね

f0149057_1350925.jpg
さて、今日は、淡水という海に近い街へお出かけしてみます
中山駅からMRT淡水線の終点まで、だいたい40分
途中から外に出るので、景色みながら、なんとものんびり

台湾はオランダの植民時時代があったので、この海の街には、西洋の建物があるんですね



f0149057_1350968.jpg
老街を抜けて歩き進めると、この坂道が見えてきて、
あがると、17世紀にスペイン人が作った赤毛城が見えてきます(台湾の旗がみえるのわかる?)


f0149057_13501012.jpg
これはそのその横にある住宅
オランダ統治後、英国が租借したので、その領事館
中は英国チック満載のインテリアです


f0149057_13501075.jpg
そんな中にあった小鳥モチーフ(笑)


f0149057_13501150.jpg
壁紙も素敵

特にこれがってものはないけど、ここまで来たらせっかくだから見学することおすすめします

淡水の楽しみは、渡し船に乗って、対岸の街、八里へムール貝を食べに^^

ちなみに、チケットは地下鉄のICカードも使えます
でも、チケット買うと往復割引あるからそっちがいいのかも


f0149057_13501162.jpg
一時間に何本か出てるので、安心して乗れますよ


f0149057_13501276.jpg
波止場の目の前にある「余家孔雀蛤大王」へ
ここくらいしか大きなお店はないので、すぐわかります
淡水の街とは違って、かなりレトロです



f0149057_13501263.jpg
汁そばみたいな焼きそば 意外と美味しい


f0149057_135013100.jpg
ムール貝”蒸し”
これがガーリック効いてて、とっても美味
あんまり期待してなかったので、ある意味びっくりした


f0149057_13501414.jpg
これはムール貝”炒め”
中華風のスープ効いたもの
さっきの方が好みです


f0149057_13501464.jpg
蛤なかったのでアサリの”炒め”
ムールと同じ味
ボリュームいっぱいにみえるけど・・・・


f0149057_13501566.jpg
殻を外すとこんなもん(笑)
ムール貝蒸し、もう一皿頼もうかなって思っていたけれど
適度に、おなかいっぱいになったので、おいとま
安いもんね、満足です
この時は、珍しくビールが進んで、二人ともご機嫌


f0149057_13501578.jpg
わかりづらいけど、ムツゴロウみたいなものがいっぱいいます
有明海みたいな感じなのかな

その2へつづく


[PR]
<< 台北三日目 淡水〜新北投温泉へ... ページトップ 台北二日目 >>
The Original by Sun&Moon