きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
小樽へ
2007年 10月 31日 *
今日は、急遽、小樽へ。
というのも、お世話になった伊奈穂鮨が今日で店じまいなのだ。
運河沿いなどは、お店も人が入り、あの辺だけみると、小樽はにぎわっているなぁって思うけれど、駅前は丸井今井が閉店してから、さらに人通りがないのだ。
伊奈穂さんも随分と迷ったらしいが、ふっきれたらしく、お店を閉めることになった。
先代の頃には、かなりにぎわっていたのに、残念。
ぴゆどんは、随分とお世話になったので、やっぱり最後に食べたい、そして、きちんとご挨拶もしたいなって思って、昨日も伊奈穂さんでお寿司を食べたという小樽のシニョーラを無理矢理さそって、お昼に行きました。

f0149057_2214016.jpgf0149057_22141660.jpg













f0149057_22144040.jpgf0149057_22145482.jpg













今日は、画像を撮ることを許してもらって、撮影。
最後だからと、伊奈穂さんの酢飯の作り方を教えてもらい、一般には流通しないという鮨屋の酢を3リットルもいただき、そして、しめ鯖の作り方なども伝授してくださった。
大将も、女将さんも、明るくて今後の話などをされている。
小樽は、喫茶店があるように、鮨屋がある。
もちろん、回転鮨もね。
腕があっても、商売がうまくいくということはないのだ、、、という事、厳しいなぁ、、、って思う。

普段無口な大将が、いろいろといっぱいしゃべってくれて、なんだかほっこりとした気持になった。

「店は閉めるけれど、どこかで鮨は握ります」っていう大将と、笑顔でお別れ。

いつもの魚屋によって、おじさんおばさんとお魚談義をし、もちろん、今日のオススメ(小樽であがったマグロ!!!「滅多にないんだから、絶対に買っていけ」というおじさん ^-^)を買って、札幌へ戻った。

今日は濃い一日だった。 
ちょっとお疲れ気味だったけれど、なんだかエネルギーをもらったな。



f0149057_22245863.jpg
ゆかさんとkannaさんから、ブランコの全体を知りたいとリクエストがあったので、お見せします。

「ぴゆパーク」と呼んでいる(笑)ところに、さげている物なの。
ゆかさんは見たことあるけれど、kannaさんには想像できないかな。
ま、おやつ場所を兼ねた止まり木があるんです。

今はこのブランコのシリーズがないのが残念。
これって、布だし、あんよがちょっと不自由になっても、とまりやすいんですよ。
principeは、両方とも、後ろの内側の指がきちんと握れなくなっているので、小さいときから使っている物が、布のもので今はよかったなって思っています。


f0149057_2229139.jpg
「僕のブランコになにか?」


5日間の投薬も今日でおしまい。
お薬を嫌がることはないけれど、台所にきて、「水ちょうだいな♪」って飲みたがるので、やっぱり、薬だって分かっているんだな、、、、って思う。

今週は雪が降りそうだという札幌ですが、まだいらない(笑)
[PR]
by p1yukun | 2007-10-31 23:07 | 日常 *
<< 暖かい日 ページトップ ArtePiazzaBIBAIにて >>
The Original by Sun&Moon