きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
蕁麻疹
2008年 03月 07日 *
蕁麻疹、、、、自分がなるとは思ってもいなかったですね~。

水曜日、夕方からちょっと変だなと思っていて、20時には、全身がかゆくて、22時には、もう、ひどい状態。 
全身が真っ赤なできもので覆われていて、このままでは、ちょっとということで、救急病院へ。

点滴している間、処置室にはひっきりなしに電話がなり、看護師さんたちは急患の世話に、電話の対応、、、大変だなぁ、、、、。
中には、「一人でいられない」という理由で、何度も何度も電話をしてくる若い女性、そのたびに、看護師さんは、「具合が悪いなら、こっちへきてくださいね。 相談相手することはできないんですよ」(実際はもっと長い電話内容です)って丁寧に対応。 忍耐強いなぁ。 30分の点滴の間に、その人から5回は電話が来ていた。 どうやら昨日もかけてきていたそう。
自分は痒いだけで具合は悪くないので、そんなことが気になっていた。

木曜日、嘘のようにきれいになったので、そのまま大学で仕事していたら、14時くらいからぶつぶつできはじめ、16時には、全身に。
同じく痒いだけで気分は悪くないので、最後まで仕事。

N-BEが救急に連れて行ってくれて、点滴もつきあってくれ、その後送ってもらいました。
N-BE、どうもすみません、でも、大変助かりました。

この日も、子供が熱を出したという母親から、「吐くから、おなかに何もないと思って無理矢理食べさせているのに、また吐く」「座薬をいれたのに、熱が下がらない」などなど、電話で食い下がるのを、冷静に看護師さんが何度も対応。 
この母親も、点滴している間に同じ内容で3回は電話してきていた。 

電話で相談するだけでも心が落ち着くかもしれないけれど、本当に大変な時は、救急にかかった方がいいと思う、、、のであった。

現場の看護師さんたちは、本当に大変だった。

今日はちゃんと内科にかかり、先生にみてもらいました。
原因の特定はなかなか難しいけれど、「蕁麻疹は一度きちんとおさめておかないと、変にくせになるんだよ」とのことで、しばらく投薬。 
夜になるとやっぱりポツポツできるけれど、今夜は大丈夫そうで安心。

f0149057_22155710.jpg

背中に抜けた羽根をしょっていたの


f0149057_22323558.jpg

いつでもどこでも、羽根繕いに没頭する姿をみると、幸せ
昨日は蕁麻疹だらけの足にとまって「ぴ~ゆっ♪」と上機嫌でした


[PR]
by p1yukun | 2008-03-07 22:18 | 日常 *
<< 博士の思い出になるだろう一日 ページトップ ブロッコリー  >>
The Original by Sun&Moon