きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
蕎麦懐石
2008年 03月 29日 *
バードカービングで雪丸ちゃんと、短い鳥談義をした後は、今日は夫婦揃って小樽へ行きました。
ぴゆどんボスと奥様の小樽のシニョーラが、「藪半の蕎麦懐石をごちそうするから、小樽までおいで」とお誘いがあったの。
ぴゆどんは、長年、某大学(笑)にて、アルバイト秘書をしていたのですが、今年度をもって辞めることになったので、「やっと辞めれておめでとう会」をしてくれるというのだ(笑)

実際、随分前から辞めたくていたわけなので、めでたいのか、、、 ^-^;


f0149057_1101891.jpgf0149057_1104680.jpg左:「うどんすき」これが、もう絶品なんですよ。
海鮮いっぱいに手打ちのうどん(蕎麦屋ですが) 塩味サイコーです

右:お造り 生のアワビって好きじゃないけれど、ねっとりしていてかなりうまかったです
エビももう、とろとろ ^o^





f0149057_1133340.jpg これは鴨のお造り。  もうお肉が甘くて、、、幸せです。

お料理はこの他にもまだまだいっぱい出ましたが、おしゃべりに夢中で割愛。

最後は、冷たいおそばで〆ます。


去年の3月にも「もう本当に辞めたい」って言った時に、お茶の水博士に「わしと一緒に退職しようよ、わしだけ残していかないでよー」(いわゆる泣き落とし(笑))ってうるるる攻撃され、根負けした訳ですが。 まぁ、色々と思うと、引き留めてくれる場所があるのは、幸せなことなのです。
が、博士もいなくなると、その後、残る理由(おもろい大学勤務生活を送れない)もなくなり、魅力半減なんです(笑)

ぴゆどんボスにはかなりな知的な刺激を受け、同じく豪快先生にも研究者としてのポジティブな姿勢と人生における攻めの体勢を学び、博士には人生の楽しみを学び(笑)ました。

OL時代をシステム関係、いまでいうIT作業していた私は、大学という特別な場所で、経験したことのない忍耐、そして、寛容ということを覚えました。
(文系の)研究者を支えることって、こういうことろからかも、、って今も思っています。

大学で働けて良かったと思うけれど、いろんなことを知ってしまった今、自分が、この大学に入りたいかというと、いまのところ魅力は感じません。(学部を限っていうと・・・ですが)
勤め始めた頃って、もっと、この大学は「大学」って感じで、よかったんだけれどね。
以上、主観的なことを書いてみました。

でも、4月以降は、全然関係のない理系の先生のところで、短期のアルバイトをさせていただく予定。
辞めることを知って、いろんな先生から、「僕のところで」と、お誘いいただいたけれど、今は短期での仕事で十分なのです。

OL時代は、超多忙で、普通のOLさんの2倍は働いていたかな。
私がフルで働いていた頃、システム関係の人って、非常に忙しかったって思う。

まぁ、そんなこんなで、小樽で「お祝いの会」を催していただけ、幸せ。
そうそう、ぴゆどんボスが退職してからも、知らない先生に「○○先生お元気ですか?」って訪ねられたなぁ。 
よく一緒に行動を共にしていたからなだって、懐かしく思い出します。

やっぱり男性同士の会話はおもしろくて、夫が質問することに関して、先生が色々と答えてくれて、ほとんど、講義を聴いている感じな食事会。
シニョーラは研究の話がヒートアップすると、ちょっと心配するけれど、ぴゆどんはこういう先生のつぶやきとかを聴くのが好きだったんだなって思いながら。

帰りのバスの中で、夫が、「先生ってもう少し若かったら、もっともっと有名な研究者になっていたと思ったんだよね。 だって、今は、ツールがいっぱいあるじゃん。今はネットで知りたいことも学術文献も海外のものもなんでも入手できるもんね。」ってつぶやいていた。(注:今でも、十分に、その世界では有名な人です ^-^;)
確かにね、、、ってぴゆどんも遠い目。
でも、先生は、不便な時に、一生懸命に調査をこなしていたからこそ、「現地の人の輪」に入り込めただと思うんだよね。 イタリア語だって、40代の時に習得して渡伊、イタリアの学会誌にだって投稿し、イタリアでもいろんな人と交流を持っていたんだもの。 すごいよね~。

さて、予想よりも帰宅が遅かったので、我が家の王子はもちろんご立腹でした
f0149057_1243848.jpg

お昼にずっとカナリーシードをつけたままいたので、ぱちり
「この一週間サービス悪いよ」
そうだね、、、、でも、もうちょっとしたら、ゆっくりつきあえるので、我慢してね。


[PR]
by p1yukun | 2008-03-29 23:50 | 日常 *
<< お茶の水博士の部屋の片付け ページトップ へんな顔 >>
The Original by Sun&Moon