きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
倉敷・岡山
2008年 07月 15日 *
枕が変わると眠れないとよく聞きますが、私もそうです。
今回は、ベットがいつもより堅くてよく眠れません。
よい睡眠を得ることはなかなか難しいですね~。

ちょっと弱っているので、朝食はおかゆをいただきました。
変わったメニューは、「うどん」かな。
冷やしうどんがあって、「おぉ、香川が近いからなのかしらね~」なんて言いながら、ゆっくりと朝食を食べました。
実際、テレビの天気予報をみていても、四国部分は香川しか表示されなく、岡山と香川は同じ扱いなんだなって、地域性を発見しました。
二人とも道産子なので、なんでも新鮮に感じるんです(笑)

f0149057_0242978.jpgさてさて、美観地区にある大原美術館が今日の最初の目的地です。
個人の所有物でこれだけの西洋の作品を展示する美術館なんて、すごいじゃないですか。
よく欧米では聞くけれど、この日本ではやっぱり珍しいですよね。
エントランスではロダンの彫刻が出迎えてくれます。

エル・グレコの「受胎告知」は、古さを感じさせない構図と色使いで、夫と感激。
他にも有名どころの絵がいっぱい。
画像の蓮は、モネの蓮を模して作った蓮の庭園の一部。
外人さんもいっぱいいて、多分、ポルトガルの方だと思われました。
熱心に蓮の花をみてカメラを向けていました。

大原美術館を後にして、美観地区をプラプラとそぞろ歩き。
なぜか川には白鳥がいました。

国内旅行の良い点は、おみやげやら名物を購入しても「宅配で自宅に届けられる」という気安さがいいですね~。
おみやげとか、森田酒造のお酒とか、2カ所で自宅発送。
あとは、松山にいる先生のところにも、森田酒造のお酒を送り、手みやげに。
あぁ、楽ちんでいいなぁ。



f0149057_0352025.jpgf0149057_0441632.jpgビクターの犬がいっぱい屋根にいてびっくりしました ^-^

美観地区にある「なまこ壁」の建物が並ぶ小道。
瓦を貼り付けてあるので、こんな風になるのね~。

ほとんどが店舗なんだけれど、その中にお家もあったりして、「すごいね~」って夫と見る。
「こういうところに住むと、いろいろと大変なんだろうね~」、なんて言いながら。


f0149057_048732.jpgf0149057_0474380.jpg
こんな屋根部分にも、興味津々です。


f0149057_0505135.jpgf0149057_051712.jpg

f0149057_0511995.jpg
美観地区内にある「ままかり亭」に入って、お刺身定食と焼き魚定食を頼みました。
昨日行ったお店もそうだったけれど、鰆に真魚鰹が有名なようで、どちらにも入っていました。
真魚鰹って北海道ではあまりお目にかかったことがありません。

←は、たこの卵です。
食べたことがなかったので、メニュー見て、夫とすぐにオーダー。
いつも食いしん坊な夫婦です。

北海道は、お刺身はいつもお醤油なのですが、こっちは、ポン酢と醤油を使い分けたりすることも、なかなか興味深いことです。
長い日本列島、異文化がいっぱいです。

さて、私が今回の旅に掲げたテーマは「土地土地の城を見る」。
札幌にいるとお城がないので(笑)
昨日は、姫路城、、今日は岡山に岡山城です。

f0149057_11041.jpgf0149057_15156.jpg
岡山駅から路面電車に乗って、後楽園に向かうと岡山城がそびえ立つのが見えます。
漆黒の壁から「烏城」とも「金烏城」とも言われるそうです。

天守閣からみえるこの瓦が素敵です。





f0149057_1155563.jpgf0149057_1161939.jpg次はお隣の後楽園へ。
芝生の綺麗な公園で、驚いたのは、蓮がいっぱいに咲いていたこと。
大きいし、広いし、蓮の匂いがむんとするくらい。
初めてみた光景に、私は、驚きましたね。
夫は竹林に釘付けです。
とにかく竹が大好きで、竹林を見れば騒ぎ出します。
そして、こちらに来てお番茶のおいしさにも開眼です。
どうしてこんなに美味しいのでしょうか~。
後楽園内にも、抹茶+吉備団子のお茶屋さんがあり、サービスで出してくれる番茶が美味しくて。
お店のおかみさんが「吉備団子のおかわりどうかね?」ってお団子をお皿にもってくれるのもなんだか良くって、ほんわかです。

城も目的の一つですが、倉敷で桃太郎ジーンズを買うのもその一つに入っています。
しかし、桃太郎直営店の一つの岡山のお店、、、本日休業日・・・・・。
夫が落胆していたのですが、倉敷の天満屋にありました(笑)
これで、難なく目的を達成です。

f0149057_1171296.jpgf0149057_1172848.jpg
今晩は「桃太郎地鶏」です。
美観地区の有名な焼鳥屋にするか迷って、あまりお目にかからない桃太郎地鶏を扱っているお店にしました。
昨日も飲んだ森田酒造の萬年雪の「激辛」
このお酒、激辛って訳じゃなくて、きりりとした辛口なんです。
入ったお店でみなさん言うけれど、「料理の邪魔にならない」味なんですって。
今日も、夫はご機嫌で日本酒を飲んでた。
普段飲まないのに、旅行にでるとお酒が強くてびっくりする。
いっぱい食べるから、酔わないのか? 

地の物と地酒。
イタリアに旅行していても、同じだもんね。
ワインが日本酒になっただけ。
これが一番合うのは間違いないのだ。
[PR]
<< 倉敷→尾道→しまなみ海道→今治→松山 ページトップ 姫路~倉敷 >>
The Original by Sun&Moon