きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
倉敷→尾道→しまなみ海道→今治→松山
2008年 07月 16日 *
今日はこの旅の中で一番移動をする日です。
早めに起き、ぱぱっと朝食を済ませて、タクシーに乗り、倉敷を後にしました。
おかげで10時前には尾道へ到着。
でも、すでに暑いっ!

f0149057_23382138.jpgf0149057_23384747.jpg私の世代だと、大林監督の「転校生」をみて「尾道ってなんだかいいなぁ」って思った人は多いはず。 
特に、北海道しか知らない自分にとって瀬戸内が広がる坂道の尾道ってどんなところなんだろう、、、なんてずっと思っていたのです。

ロープウエーに乗って、千光寺のある高台へ。
瀬戸内が見渡せて、気持ちがいいです。

文学の小道に沿って歩くと、いろんな顔の木が見られます。

f0149057_2344395.jpg
f0149057_23443953.jpg
千光寺には、チベットを支持するポスターが貼ってありました。
朱塗りの本堂「赤堂」は綺麗な建物で、管理人なのかなぁ、、おばちゃんが良い味だしていた。
そして、お守り売っているおばちゃんも、良い感じ。
おしゃべり上手で、つい聞き入ってしまいました。

尾道にはお寺も神社もいっぱいありますが、どれも風情があって、細かく回っていたら、一日じゃ回れないんだろうなぁ、、、、でも、半日しか時間がないので、どんどんと歩くのだ。
暑いしね・・・・・。

天寧寺の近くにあった神社には、大木があり、夫と木に見入ってしまいます。


f0149057_23515828.jpgf0149057_2352143.jpg
さすがに坂の街、尾道。
細い坂道が続きます。
年を取ると大変だろうなぁ、だって車だって入ってこれないし・・・。
宅配のスクーターがびゅんびゅんと行き交う。
古い民家がいっぱいだけれど、空き家もとても多い。
「尾道再生プロジェクト」というものがあるらしいが、実際は他人に貸さない家主が多いという。

古い壊れそうなお家があったかと思えば、綺麗に新築されているお家もあったり。

そうそう、尾道には、招き猫がこっそりいっぱいあったりして、猫好きな人には違う楽しみがありそうです。
暑くてあまり発見出来なかったけれど、屋根にいっぱい招き猫を並べているお家もありました。


軽めに昼食をとり(入ったお店はハズレでした・・・・ちなみに夫の選択。 暑さで、おいしいものを探る勘が狂ったみたいです)、四国へ向かうべく、今治行きの「しまなみ海道」を渡るバス”しまなみライナー”に乗り込みます。

その前に! 駅前のデパ地下にて、「いちじく」を購入。
尾道はいちじくが有名とのことで、おいしいいちじくを食べてみたくて、めざとく見つけましたよ。
北海道のスーパーなどで売っているものは、イマイチ味がはっきりしないんですよね~。

当初、夫は、「しまなみ海道」を自転車で渡ると張り切っていたのですが、暑さの為に、断念。
今日中に松山に入りたいし、今治ではお城もみたいしね(笑)

そういえば、尾道の駅から「尾道城」が見えました。
が、これは、歴史的な価値のあるものではなく、現在は廃墟になっているものらしい。

さて、初の四国上陸です。
時間もないので、タクシーにて、今治城へ。

f0149057_021279.jpgf0149057_014293.jpg今治城は、日本三大水城のひとつで、今は城の前に建物があるけれど、昔は海に面してそびえていたんだろうなって、そんな風情。
そして、刀や鎧の展示物が多く、それを見るだけでも来て良かったなぁって思いました。
刀ってこんなに綺麗なんだな~と。
で、なぜだか、天守閣を出たところから鳥の鳴き声がするとおもったら、セキセイの檻が・・・。
暑いのに、みんな元気で遊んでいました。

f0149057_0203642.jpg今治城を出ても流しのタクシーがないので、とぼとぼと歩いていたら、街路樹にたわわに何かなっているのを発見。
なんだろう、、、、って思っていたら、、、、なんと、イチジクですよ。
街路樹ってことは、、、、、気にしないなら、食べ放題?! すごい!!
北海道では考えられないこの光景に、興奮しました。
まだ未成熟な実ばかりだけれど、まぁ、良い匂い~。

今治の商店街はほとんど閉まっていて、なんでかなって思っていたら、水曜日は定休日。
今治駅で、体を冷やす為に、ざるうどんを食べました。
おぉっ、おいしい!!!

いやー、今日は、本当に歩きました。 しかも、こんなに暑いのに。
夫は「ハンカチがべちゃべちゃだよ」って、ちょっとげんなり。
ぴゆどんも、日傘さしても、腕がまっ黒に日焼けしてきているし・・・・・。
顔も日焼けで痛いよぉ。

二人とも、水分不足を補いながら、特急電車に揺られて、最大の目的地、松山に到着です。

JR松山駅には、あの有名なじゃこ天おばちゃん(ワッキーのしりとり旅見てました?)がいるはず・・・・・。
が、今回の旅では、おばちゃんに限らず、女性の方がいらっしゃらなかったですね。
時間帯が関係あるのでしょうか。
いいな~、駅構内に、こんなにおいしそうなお食事処があるなんて。

夫が疲れてるはずなのに、「ホテルまで歩く」というので、今日のお宿、JALシティ松山まで約10分くらいテクテク歩きます。
途中に伊予鉄の駅があったりして、お城に近づくにつれて、街がにぎわってきます。
やっぱり城下町なんだね。
お城中心に街が作られていったって感じがします。
しかも松山城、すごく高台にあるんです。
部屋からお城が見えて、なんだか良い感じ~♪

さて、ランチが美味しくなかったので、夜は挽回しないとね!!ってことで、あらかじめ、こっちの大学で先生になっているお友達の獅子さんにオススメのお店を聞いておきました。
2番町にある「吉」という料理屋さんです。
そこまでまた歩いて行くというので、伊予鉄の松山市駅(JRは松山駅)の前を通って、どんどん散策します。
松山、とっても都会で、びっくり。
路面電車も風情があっていい感じ。

f0149057_0353964.jpgf0149057_0355541.jpg大将にわがままお願いした「瀬戸内のおいしいところいっぱいのお造り」。多分、10種類くらいあるよ。
穴子のお刺身とか、あこう・おこぜ、はも、、、北海道では見ないものがいっぱいです。
全部、地のもので、今治で上がったお魚が多かったかな。
大将が、「今治であがる魚が繊細で、僕は本当に好きなんです」と、色々と熱心に説明してくれました。

うなぎは、「蒲焼きも白焼きも食べてね~」ってことで、こんな風に。

f0149057_040037.jpgf0149057_0401265.jpg
小樽のシニョーラから聞いていた、「伊予牛」。
出会ったら食べようと思っていたので、夫は、迷わず注文。

キスの塩焼き。
こんなに大きなキスは見たことなかったし、味もほんのり甘くて本当に美味しかった。

このほかに、宇和島風の鯛飯をいただきましたが、気づいたら夫が完食していて画像なし。

お料理の合間合間に、大将が小さな容器にいろいろと珍味をだしてくれて、全く飽きの来ない接客ぶりに、夫と感心&感激。

二人で超ご機嫌で、またテクテクと歩きながらホテルへ戻りました。
今日は何歩歩いたんだろう、、、、、。

f0149057_0452657.jpg
今日の〆は、尾道で買ったイチジクです。
ぷちぷちとした食感、甘さといい、
「これが本当のイチジクのおいしさなんだなぁ」
って、一気に3つ食べちゃいました。
今日も色々といただいたけれど、イチジク、これが一番感激したかも・・・・。
[PR]
<< 内子~大洲~松山道後温泉 ページトップ 倉敷・岡山 >>
The Original by Sun&Moon