きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
内子~大洲~松山道後温泉
2008年 07月 17日 *
天気予報で雨が降るとのことだったので、早めに行動開始とすることに。
JALシティ松山の朝食バイキングは、和食メニューが多く、今日はお味噌汁に納豆いれて、「納豆汁」とかって言って食べたら、夫にびっくりされた。

電車で行くか迷って、結局、駅前でレンタカーを借りることにしました。
でも、急だったので、空いている車もあまりなく、スズキの小さな車にのって、松山から高知に向かって走ることに。
今日は、内子・大洲方面にドライブです。

f0149057_052073.jpg内子は、和蝋燭を海外に輸出することで栄えていた町で、小樽のシニョーラから話を聞いた時に「絶対に行ってみたい」って思っていたところなんです。
本当に小さな田舎町で、風情豊かです。

1916年に作られた「内子座」は、今も現役で使われている木造の劇場です。
すごいなぁ~、とっても綺麗に整備されていて、すごいなぁ~って見入ってしまいます。
舞台も回るようになっていたり、舞台下の奈落もあったりして、歌舞伎もここで出来るんですよ。

f0149057_057264.jpgf0149057_0572024.jpgf0149057_0584368.jpg


和蝋燭を今も作っている 「大森和蝋燭屋」さんで実演をみたり、そのゆかりの豪商のお屋敷をみたりして、プチタイムトリップ。

甘味処もお食事どころもいろいろとあったけれど、一番気になったのは、
「酢卵」
です・・・。
「僕がね~作ったの~」とおじちゃんが、見た目オレンジ色の酢卵を飲ませてくれます(笑)
なんだか健康に良さそうだけれど、夫が「だめだめ」と反対するので、買わずに退散。
とにかく、変わったお店だった。

内子、、、小さな町だけれど、りっぱな観光地だなぁ、、、、、公衆トイレも綺麗だし!と感心しつつ、次は大洲へ。
数分、車を走らせたところに大洲はあり、大洲城もあるのです。

夫が目をつけていた小ぎれいなレストランは、イマイチのお味で、またがっかり(笑)
やっぱり、こういうところじゃないのさ~、おいしいところは~って思いながら、さて観光と思ったら、とうとう雨です。
しかも豪雨。
ここまで降られると観光気分も失せてきて、二人とも「松山に戻るか・・・・」って意見が一致。
もともと、自分は内子だけで十分だったし。
しかし、夫は、本当は「佐田岬」まで行きたいらしく、ナビで目的地設定すると片道だけで2時間近く。 
「そんなの無理無理」って、ぴゆどんが却下。(笑)
夫はどうしても行きたいようだったけれど、あきらめさせて、松山に戻って温泉入ろうよって納得させました。

f0149057_201723.jpgf0149057_2014790.jpg高速はトンネルばかりで味気なかったので、一般道にて松山に戻りました。

さて、ここが有名な道後温泉本館です。
その歴史は聖徳太子が入ったなどなど、いろいろと言われていますが、とりあえずこの建物は1894年に作られたもの。
昭和天皇も入ったという温泉です。
日よけのすだれが良い感じですね~。

このすぐ近くに道後地ビールを飲ませてくれるお店で、一休み。
道後温泉本館に来て、夫は興奮気味です。

f0149057_2025592.jpg←のにゃんこは、商店街入り口にあるお店の子。
気持ちよさそうに寝ているので、撮ってしましました。
何度このお店の前を通っても、場所を変えては、無防備に寝ていましたよ。

「じゃ、出かける前に、旅館でひとっ風呂あびるか」ってテクテク道後商店街を歩いていたら、小樽のシニョーラにばったり!!!
すでにひとっ風呂浴びているシニョーラ、、、地元の人みたいです(笑)

今晩から、ぴゆどんボスこと小樽の先生と、小樽のシニョーラのこのご夫妻と合流して、数年松山に赴任している小樽の先生にいろいろと案内をしてもらうのだ。
随分前から、「一度遊びにおいで」と言われていながらも、なかなかお互いの都合がつかなかったりして流れていて、やっと実現したのです。
ぴゆどん達よりも、小樽の先生の方が喜んでいるみたいで、観光雑誌も何冊も送ってきてくれたりして。 うーん、よくしてもらって感謝です。

シニョーラもびっくりして、約束した時間よりも早く出会ったことに3人で爆笑。
先生のマンションがこの近くなので、せっかくなので、ちょっと中年の一人暮らしの部屋を覗きにいきました。
几帳面な先生は、やっぱり、お部屋も綺麗にされていて、シニョーラが「ちょっとお金持ちの学生の部屋って感じでしょ?」って笑っていた。

夕食での再会を約束して、今日のお宿は「道後館」です。
道後では、老舗旅館に宿泊しようかってことになり、とりあえず黒川紀章氏の設計物を見たいってことで今日はここにしました~。

大きなお風呂があるのはいいですよね。
「ひとっ風呂」ってことばがぴったりで、お風呂に入るのが面倒じゃない感じがします。

さてさて、無事、小樽の先生とも再会し、先生のお友達の酒造屋さんがやっているという「あかり」という居酒屋です。
店内には、北海道にまつわる文章が多くて、なんでだと思ったら、、、店主が、北海道旅行した際に入った帯広の炉端焼きのお店「あかり」がたいそう気に入って、のれん分けしてもらったそう(笑)
先生は何度も来ているはずなのに、知らなかったそうで笑っていた。
ここでは、そのお友達の栄光酒造のお酒が飲めますよ。
お料理も美味しいけれど、特に、竹筒に日本酒をいれて、竹の杯で飲むというスタイルを味わってほしかったそう。
竹好きな夫は、それは喜んでいましたね~。 男同士盛り上がってよかったです(笑)

いろいろといただきましたが、この2品の画像を。
f0149057_19162171.jpgf0149057_19164560.jpg
「あこう」と「おこぜ」のお造り。
あこうは、あら汁に、おこぜは、唐揚げにして、全部おいしくいただきました。
「なんだか小樽にいるみたいだね~」なんて言いながら、先生曰く「松山のおいしいものをいっぱい食べて!」って、色々と頼んでくれて、4人で食べて飲んで、すごく楽しい時間を過ごしました~。

あんなに日本酒飲んだのに、すっきりしているのは、やっぱり良いお酒はすごいねって言いながら、お風呂に入って、マッサージ頼んで、良い気持ち~。

そのマッサージ中に、
「野茂引退」
とニュースで聞いて、びっくり。
でも野茂は本当に頑張ったよ、最後までかっこよかった。
ぴゆどんは後にも先にも野茂以外、野球を観に行ったことは無いんですよ。
テレビも野茂の試合しか見たことないのです。
インターネットがまだ今みたいに普及していない時に、ロスにファックスしたり国際電話したりして、チケット取ったっけなぁ・・・・・なんて思い出すこといっぱい。
野茂がいて、イチローも松坂もあるんだものね。
みんな野茂を尊敬しているって分かります。

明日は、シニョーラが松山を案内してくれるの。
[PR]
<< 松山観光 ページトップ 倉敷→尾道→しまなみ海道→今治→松山 >>
The Original by Sun&Moon