「ほっ」と。キャンペーン
きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
カテゴリ:2013.5-6博多~熊本~天草( 8 )
*
*
2013年 06月 01日 *
f0149057_9542624.jpg

今回の旅の最後は水炊きの「とり田」さんへ。
ここは、前から行きたいと思いながら行けていない「手島邸」さんが出しているお店です。
素敵なお店です。

まずは、煮卵(笑) これ、美味しいです ^^


f0149057_9543159.jpg

おからを鶏出汁でじっくり炊いて、ポテサラ風にしたもの。
これは、家に戻ったら真似してみようと思いましたね、目先が変わって面白いです。
この他にごま鯖やお造りも。 でも、画像ないので、撮る前に無意識に食べちゃったんですね(笑)


f0149057_9543941.jpg

まずは、水炊きのスープだけをいただきます。
夫は博多で何度か水炊きを食べているようですが、ここが一番美味しいとのこと。


f0149057_9544495.jpg

そして、手島邸オリジナルの白ポン酢をかけて、お肉とネギだけを最初に味わいます。
その後、スープと一緒に具材をいただきました。


f0149057_9544762.jpg

合間に、とり天。


f0149057_9545024.jpg

〆はおじやか麺か選べます。


f0149057_9545329.jpg

デザートの抹茶のパンナコッタ。

ついてくれた板さんが、明日、マイケル観るとのことで、色々とお話。
奥の個室でお子様さんのバースデーパーティーをしていたのですが、
そのバースデーケーキを切る姿がまた面白くて、カウンターで盛り上がりました(笑)

しかし、ショックだったのは、「手島邸」が今月末で営業お終いとのこと。
くぅぅ、行かないで終わってしまうなんて、、、悲しい。

手島邸オリジナルのゆず胡椒を買い求め、これで我慢しよう、、、、。

この後は天神をぶらぶらし、ホテルへ戻りました。


[PR]
2013年 06月 01日 *
f0149057_92147.jpg

今回の旅は、東京へ行った時のJALの機内誌でたまたま知った、
「The IMMORTAL」
この演目を見たいなって思ったところから始まりました。

行くなら、鮨おさむさん、chiropiさんのところ、、、と計画し(笑) なんとなく天草も ^^

前に観た演目がイマイチ面白くなかったので、もっと楽しい演目をみたいと思っていたんです。

後半はみんなが立って手拍子。
まるでコンサートを観ているような感じ。
これはこれであり。
意外と家族連れが多くてビックリしました。

生のマイケルのコンサート、観たかったなぁ、、と。


[PR]
2013年 06月 01日 *
f0149057_2372518.jpg

天草の朝は、まずは朝風呂から。
湯船に温泉がたまるのに40分かかるというので、5時半に起きて開栓。
6時過ぎには窓をあけて半露天風呂を楽しみました。


f0149057_2373163.jpg

荷物をパッキングしていたら、chiropiさんのお店のハンコがかわいくてぱちり。
昨日は、chiropiさん、ごまママさんから雪丸ちゃんの分とあわせてお土産いただきました ^^
ありがとうございます。


f0149057_2373680.jpg

竜宮の朝のバイキングはなかなか豪華でしたよ。
私は、この左下にあるジェリービーンズみたいな、「海藻ビーズ」が気に入って、おかわり。
ホテルの人に聞いたら、一般には売ってないモノと教えてもらいました。
でもね、ホテルの方が分けてくれるというので、購入して帰りました(笑) 
きいてみるものですねぇ。
プチプチして美味しいんですよ、これ ^^


f0149057_2374172.jpg

天草出る頃には本降りの雨。
せっかくの熊本城も、雨で残念。
雨が降ってるから、苔が綺麗なんですけれど、、、、やっぱり青空でみたかった。
そして、武者返しといわれる石垣、本当に綺麗でした。
これをみれただけでも、よしとしようかな。


f0149057_2374567.jpg

宇土櫓からのながめ。
熊本城、とっても壮大で素敵なお城でした。
やっぱりお城のある街はいいなぁ、、と思う、道産子です。
こういう街並みへのあこがればかりがつのります ^^

その後、元祖熊本ラーメン「こむらさき」さんでスタンダードなラーメンを急いで食べ、県民百貨店にて醤油など購入。
あこがれの鶴屋さんには行けなかったのが、心残り。
また絶対に熊本に来ようと決めたのでした。


[PR]
2013年 05月 31日 *
f0149057_952512.jpg

今晩の献立。
給仕についてくれた女子は生粋の天草っ子。
「札幌からいらっしゃったって聞きました!」って興奮しながら入ってきました(笑)
北海道は外国のようです ^^;;


f0149057_9522118.jpg


f0149057_9522420.jpg


f0149057_9522626.jpg

楽しみにしていたタコの柔らか煮。
確かに柔らかい ^^ で、温かかったらまた美味しいんだろうなと。


f0149057_9522966.jpg


f0149057_952326.jpg

追加でつけてもらった、この辺りの岩牡蠣。
今の時期だけしか食べられないそう。 


f0149057_9523587.jpg


f0149057_9523896.jpg


f0149057_9524135.jpg


f0149057_9524487.jpg

車エビは躍り食いはやめて、塩焼きに。


f0149057_9524870.jpg

この他に、アワビと鯛飯。

量が多い多いと聞いてたけれど、そこまではなかったかな。



f0149057_9525465.jpg

離れの「足湯bar」の雰囲気がよかったです ^^
バーテンダーの方が、とても気配りがあり、みんなが楽しい時間を共有できてました。

そうそう、見れるかも!って期待していたものの一つに「海ほたる=夜光虫」。
でも、7月にならないと、そして、本渡(下島:天草市内)の方にいかないとだめですって。
そっか、見たかったな。
今度天草へ入る時には、福岡からか、大阪から飛行機で来ようと決心したのでした。


[PR]
2013年 05月 31日 *
chiropiさんのところから車を走らせること2時間半、ようやく天草へ到着です。
もう、天草の大きさにびっくり。
なんとなくわかっていたけれど、やっぱり大きい ^^;;
下島にあるホテル「五足のくつ」と、上島にある今日のお宿「ホテル竜宮」と迷ったけど、結果的に、上島にしておいてよかった。 
部屋の準備がまだ出来てないとのことで、近場でオススメされた食堂「潮まねき」さんへ。

f0149057_9175255.jpg

私が頼んだ鯛セット。
あら炊きのボリュームがすごくて、まずは笑った ^^ 
そして、とっても美味しいです。
8割方、夫のお腹へ収まりました。


f0149057_9175647.jpg

漬け丼のボリュームもありますよ(笑)

夫は車エビの天丼食べて、美味しいを連発してました。


f0149057_9175815.jpg

「天草ありあけタコ街道」まで行くと、こんなリアルなタコのオブジェが。
いろんな方が乗って写真写しているのか、大体狙ったポイントは色が禿げてます(笑)
たこつぼのフジツボもリアルで、ちょっと怖いですよ。


f0149057_918172.jpg

さて、ホテル竜宮の「さらさ館」の和洋室です。


f0149057_91846.jpg

窓からの風景、天気がよければさらに雰囲気よかったのにね。


f0149057_918777.jpg

半露天風呂が予想以上に広くて、なかなか贅沢です ^^


f0149057_9181016.jpg

こんな灯りの雰囲気も素敵です。

ここに宿を決めた理由は、離れにある、色々なタイプの貸し切り露天風呂が素敵だから。
私は虫とかいるのが嫌なのではいらないけど、夫がね。
お風呂が充実していれば、ご機嫌なんで(笑)

夫に聞いたところ、かなり充実した設備だったそう。
内湯のスペースもあるんだって。


[PR]
2013年 05月 31日 *
f0149057_1563086.jpg

二日目の朝は、お持ち帰りした「鮨おさむ」さんのおいなりさんから ^^
これも楽しみの一つです。
山葵をつけてくるりと巻いたいなり。 

昨夜、おさむさんが、
「このいなりを出した時は、いろいろなところから「こんなのはいなりではない!」とおしかりを受け、やめてしまおうかと思ったりもしました。 
でも、支えてくれた方々がいらっしゃったので、続けてまいりました。」
とおっしゃってたのが印象的でした。
何でも最初にやるということは、ご苦労があるんだなと。 

おさむさんと言えば、この生姜も名物です。
美味しいですよ ^^


f0149057_15634100.jpg

初めての九州新幹線。
聞いてはいたけれど、すごく素敵な車輌です。
木がふんだんに使われていて、とても綺麗です。
トイレがまた素敵。


f0149057_1563839.jpg

今回の旅の目的の一つ、「喫茶チロリ」に行くっ!です。
新玉名駅、ここも木がいっぱい使われていて、綺麗な駅でした。
スズメがいっぱいいて、なんだか嬉しくなりました。

セキセイインコ飼いとして知り合ったchiropiさんが自宅に併設したカフェをひらいているんです。
レッドリバーユーカリというセキセイインコが食べるユーカリを入手した時に、北海道の私の元へいくつか分けてくださったの。
ぴゆは、天国へ旅立つ前の日にもユーカリをぽりぽりと食べたんです。
ユーカリ囓ると、なんとなくしゃっきりしたお顔になっていたな。
最後の1年は体調崩したり、食欲なくしたり、病院行ったり、、、、だったけれど、ユーカリだけは、食べてくれたんですよね。
chiropiさんにはそのお礼も兼ねて、どうしてもセキセイインコと暮らすお家に伺いたかったの。

そしてね、博多からごまママさんも来てくださるんです。
これは、プチオフ会ですね!(笑)

chiropiさんが「何もない山の中ですよ、びっくりしないでくださいね!」って何度かメールで教えてくれました。
でもナビがあるから大丈夫っ!

・・・・・と、言いながら、近くの近くまできて、目的地がわからない(笑)
なので、chiropiさんに電話(笑)
ちょっと引き返すと、橋の向こうでchiropiさんが手を振ってくれてました!

丁度、お姑さんが庭いじりをしにいらしていて、ご挨拶。
札幌から来たというと驚かれてました(笑)


f0149057_1564335.jpg

挨拶も早々に、チロリへ入店し、みなさんにご挨拶。
手前の子が「ピース君」一歳になったばかりの男の子。
奥が、ルルさん、5才の女の子。 どうやらお腹に卵さんがあるようです。
一番奥が、まだまだ1才にならないマロンちゃん、女の子。
どの子も、人見知りがあるようで、怖がってます ^^;;


f0149057_1510511.jpg

父しゃんのこだわりのストーブ。
ストーブにしたくて、この辺りに家を建てることにしたんですって。

こだわりといえばっ! やっぱりセキセイインコ部屋でしょうっ!
chiropiさんが早速案内してくれました。
土壁にしたり、せせらぎがあったり、インコのために作ったお部屋。 もちろん、ユーカリもたっぷり。
素敵なインコ部屋でしたよ。
写真撮ったのですが、ぶれてました(-_-)。
見たい方は、こちらを→  小鳥と暮らす家

ここで、お宝息子のチャッピーくんや、chiropi家のボスだったチロリちゃん、そして、菜の花みたいなきなこちゃんもくつろいでいたんだなって ^^
三羽とも、今は、お庭からこのお家を見守っているね。


f0149057_15105420.jpg

店内は小鳥の小物がいっぱいです ^^


f0149057_1511552.jpg

見たことある小鳥グッズもいっぱい。


f0149057_1511921.jpg

マロンちゃん。
三角さんの本「熊本の海カフェ山カフェ」に、喫茶チロリが紹介されていますが、その中に、ヒナヒナのマロンちゃんが出ています ^^


f0149057_15111234.jpg

和みの空間です


f0149057_15112450.jpg

迷っていたごまママさんがそろそろ着く頃(笑)
chiropiさんがこだわりの珈琲を入れてくれて、良い珈琲の匂いが漂ってきます。


f0149057_15112959.jpg

ごまママさんがまめちゃん連れてきてくれました。
うめちゃん(オカメインコ)と仲よくなりたいのに、なれないまめちゃん。
2才の女の子です。
最初、人見知りしていたけれど、どんどん慣れて、とってもアクティブっ!
元気にchiropiファミリーの籠を渡っていました ^^


f0149057_1511332.jpg

chiropiさん手作りのスィーツをいただきながら、インコ談義(笑)
楽しかったなぁ。
ごまママさんが「今日はごまも一緒です」って、ネックレスを見せてくれました。 
ごまちゃんの小さな骨が入っているネックレス。
知り合って随分経つので、みんなそれぞれ大事にしていた子を天国へ見送ってるものね。
もういない子のことも知っている間柄なので、思い出話も尽きないね。


f0149057_15113696.jpg

この後、天草へ移動するので、お昼過ぎに私達だけ、先においとま。
その前に集合写真です ^^ (夫はカメラマン(笑))


f0149057_15114275.jpg

短い滞在時間だったので、素敵なお家の全景が取れなかったことが残念。
お家を建てた時に植えたレッドリバーカムユーカリは、もうりっぱな木になっていました。
すごい、我が家のももっと大きな鉢に移すことに決めました。

矢谷渓谷手前のこのカフェに、また戻ってこれますように。

楽しい時間でした。 お二人と、4羽さん、どうもありがとう。


おまけ

f0149057_16363319.jpg

飛ばないセキセイインコ、ピース君(ぴーしゅ)。
手に乗ってほしくて、ちょっと慣れてきた頃に腕出して、びっくりさせてしまってごめんね。
ぴーしゅ、美男インコですよ。

夫が「久しぶりに可愛いインコみた。 すごいかわいいよね、ぴーしゅ。
ぴーしゅに熱烈歓迎してもらえる旦那さんがうらやましい。
ぴゆくんも「ぴー!ぴー!」って鳴いて迎えてくれたけれど、
あれって、「早く籠からだせや」ってことだったよね? 
歓迎じゃないよね。
ぴゆくんはバウンディングできなかったよね?」
となにやら、ぶつぶつと(笑)

ぴーしゅのお喋りも聞けて嬉しかったよ。


[PR]
2013年 05月 30日 *
f0149057_12104210.jpg

モヤモヤした気持ちでいたけれど、
「鮨おさむ」さんへ向かうタクシーに乗り込んだら、段々と気分が良くなってきました(笑)
そして、のれんをくぐると、笑顔のおさむさんとお店の方がお迎えくださり、
もうさっきまでのことはなかったことに ^^

(※ 以下、画像は抜粋です。 他にも色々と出してくださいましたが、画像の出来が悪くて(-_-))


f0149057_12104853.jpg

まずは鯛の白子から。
初めていただきました。 ぷりぷりっとしていて、美味しいです。
夫と「misspepperさんがお好きなふぐの白子の時期に今度は来たいね」なんて話しながら ^^


f0149057_12105132.jpg

この西京漬けの焼き物がまたとっても美味しかったっ ^^
夫は大好きなので、テンションあがりまくり(笑)

おさむさんに、「最近は、博多でも北海道のお魚のいいものが入るようになり結構使うのですが、
北海道では、九州のもの使われてますか?」
とおっしゃるので、
「もちろん! 九州のお魚は美味しいので、よくお鮨屋さんでも使いますよ」と話すと嬉しそうにされてました。
実際、鰺だって、鯛だって、鯖だって、こっちのものをお取り寄せしたりしますから^^


f0149057_12105481.jpg

滋味深いお椀


f0149057_1210594.jpg

f0149057_1211373.jpg

f0149057_1211616.jpg

白身が本当に美味しいですねぇ。
特に肝の乗ったカワハギ、、、絶品です。


f0149057_1211941.jpg

f0149057_12111120.jpg

鮪も、、、 ^^


f0149057_12111419.jpg

大好きなコハダ。 
おさむさんのシンコも食べてみたいな。


f0149057_12111737.jpg

鰺には、粉末のお醤油使っていたり、ひとつひとつ作られる姿をみているのも楽しみ。


f0149057_1211303.jpg

車エビっ。 これも、美味しかったな。


f0149057_12113390.jpg

アワビ、赤貝、豪華な鉄火巻きと続きます。
でも、私は、もうお腹いっぱいで、〆の貝割れのために、泣く泣く夫に食べてもらいました。
あの、豪華な鉄火巻き、食べたかった(T_T)


f0149057_12112716.jpg

そして、〆の貝割れ。
5日間昆布に漬けるんだそうです。


今回も、とっても美味しく楽しい時間でした ^^
これだけのお料理に、さりげない気配り目配り、気持ち良く食事させてくださりありがとうございます。

こちらは、misspepperさんのブログで知り、去年伺ってからすっかりおさむさんのファンに ^^
misspepperさん、ありがとうございますっ♪ 


[PR]
2013年 05月 30日 *
今年初めての福岡、梅雨入りして、札幌と同じくらいの気温(笑)
暑さに弱い私には丁度いいです ^^

f0149057_11455535.jpg

さて、遅いランチをどこにするか迷い、じゃ、秋の旅行の下見だね、というノリで
ブラッスリー・ポール・ボキューズへ。


f0149057_1146867.jpg

真ん中のコースの前菜。
滑舌の悪い早口の人の説明は全く聞こえず、正式にはわからないけれど、下のキッシュみたいなものが美味しかったかな。


f0149057_11461153.jpg

桜姫鶏を使ったソテー。
これも、説明が全然わからず(笑) 

デセールは、15分以上経っても出てこず、「すぐにお持ちします」を繰り返し、
でも、その後も出てこないので、キャンセルと会計お願いしたら、すぐ出てきました。
よくわからない。
もう食べる気分じゃなくなったので、一口食べておしまい (-_-)

私、余りこういう場で怒ることはないのですがね・・・・。

この後も、JRの窓口でトラブルあったりで、今回は早くもお疲れモード。


[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon