きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
カテゴリ:イタリア、イタリアン( 106 )
*
*
2007年 11月 10日 *
今日は、まりちゃんがMagariに移ってからの初めてのワイン会。
しかも、トリュフ:tartufoづくしのメニューとのことで、そういう高級食材に目がない夫が張り切って予約(笑)。

Magariは初めてなので、とっても楽しみだったのですが、本当に、綺麗なお庭にいい感じの空間の広さ。 厨房からお客様の反応が読み取れる造りです。

f0149057_15292516.jpgf0149057_15293850.jpg
左: formaggio di scamorzza e tartufo bianco
  白糠産酪恵舎スカモルツァチーズと白トリュフ
  vino:franciacorta Brut N.V. / Ca'dal Bosco
右:Carpaccio di olmo a Vapole
  蝦夷アワビのヴァポーレ 黒トリュフの香り
vino:Sassaia 2005 / La biancara



f0149057_15313283.jpgf0149057_15314763.jpg
左: Risotto al tartufo bianco e uova in camicia
  白トリュフのリゾット 温玉添え
vino:Barolo 1998 / Aldo Conterno
右: Arrosto di agnello con salsa di tartufo nero  
  道産仔羊のアロースト 黒トリュフのソース
vino:Levia Gravia 2001 / Caccia al Piano



f0149057_15335145.jpg
Torta al cioccolato caldo
黒トリュフのフォンダンショコラ
vino: Recioto della Valpolicella 2002

どれもこれも、トリュフがいっぱいでしょ?
あっ!!! 削り節かと思われる画像のへたさですが、上にかかっているのは、トリュフですので、ご注意してください(笑)

最後のdolceはもう鼻の辺りにトリュフが残るくらいで、はぁぁぁ~って美味しいため息もトリュフ臭です。 贅沢ですね。

ワインも本当に美味しくて、スレンダーなまりちゃんが重い「マグナム」の瓶を持ってサービスしてくれる姿も美しかった。
Biancaraの750mlのものはよく購入するのですが、まりちゃんが「マグナムは全然違うから、飲んでみて!!」と教えてくれたけれど、本当に!!! 全然違うね~。 感激しました。

バローロもとっても美味しかった。

あまりワイン会にでかける訳ではないのですが、知っている顔もあり、みなさんの熱心さに感服。 我が家は、そんなこだわりがある訳じゃないから・・・お恥ずかしい。

でも、今回だけひとこと。
食通・ワイン通の方とご一緒させていただきましたが、そのほんの一部の方が、「リゾットの温玉いらない」とか「あわびが余計」とか「フォアグラはいらない」とか「デザートワインなんて・・・」とか、、、、批判されてらっしゃったけれど、この会は、私は、シェフが考えたお料理、ソムリエが考えてくれたワインのマリアージュを楽しむ時間じゃないかと思うのだ。 
嗜好はいろいろだろうけれど、好きなシェフ、好きなソムリエールがいるから、この会に来たのでは、なかろうか、、、、。
店から出て何を喋ってもいいけれどね・・・・・。
確かに、ひどい内容だったら仕方ないけれど、今日のは違うよね~、よく構成されていたもの。

私たち夫婦は、純粋にお料理とワインを堪能して満足だったのになぁ。。。。
あわびだってすごく柔らかくて美味しかったし、卵と白トリュフは相性ばっちりで、イタリア人のオススメの食べ方だし、フォアグラだって、羊につけて食べるとさらに倍増でおいしかったし、赤のデザートワインだって、黒トリュフと合っていたもの!
帰りのタクシーで、「お店は頑張って用意してくれているのにね」って残念だった。

以上、ぴゆどんの主観でした。

さて、これにて、飽食な食生活の一週間がおわりました。
私の胃よ、ご苦労様(笑)


f0149057_20502061.jpg

距離は縮まりつつあります・・・・。
principeがまだびびっているけれどね ^-^;


[PR]
2007年 11月 08日 *
さて、膨満感のまま朝になりました(笑)
いつもよりも早起きして、principeを遊ばせて、まっちゃん達を待ちます。
夫は、「いいなー、朝から寿司って」とかって、まえまえから話してあるのに、うらやましがって、ちょっと悪態(笑)

時間通りに、まっちゃん、かよちゃん、dicotomiaさんが来て、いざ、市場へ。
「ここのマグロおいしいよ」と教えてると、すかさず食べたのは、やっぱり、まっちゃん。
かよちゃんもdicotomiaさんも、「これからお寿司だし」ということで、試食には手をだしませんでした(笑) いいよ、まっちゃん、さすがだ。

さて、お寿司屋の前には、Mどん夫妻・ソニアが待っていました。
お店に入って、女将さんと大将に「今日はイタリア人を連れてきました」というと、「あらあら~」ってびっくり。
外国人はいっぱい来るそうですが(遠くはノルウェーとかも)、みなさん、お魚関係の方だそうで、多分、純粋な観光でくる外人は、そんなにいないことでしょう。

f0149057_1101530.jpgf0149057_1102921.jpg













食べたほんの一部。
昨日に続いて、Mどんのスムーズな音頭で、みんな朝から「日本酒お燗」をいただいています(笑) 
でも、これからお仕事のdicotomiaさんだけは「くぅぅぅぅ~」と、我慢されていました。

f0149057_1246093.jpgうーん、どうして、こんなにお寿司って食べれるんでしょうかね・・・・。
みんな、大将がお任せで握ってくれるままにどんどんいただいています。

今日もまっちゃんがいろいろと丁寧に通訳してくれるので、ソニアもお寿司についていろいろと知って興味深かった事だと思います。
その模様は、まっちゃんのブログにてご覧下さい。

ずっと笑って食べての数日間。
あっという間だったね、ソニア。
今日の午後に札幌を発って、東京、京都と旅を続けます。
みんなで「BuonViaggio!!」とお別れです。

その後は、市場をひやかして、我が家で小休止。
お友達の輪が広がって、楽しかった3日間でした。

Mどん、どうもありがとう。
そして、本当にごちそうさまです!!!!

dicotomiaさん、今回はあまりお話出来ませんでしたね。
今度、みんなで改めて集まりましょうね、お願いします♪

Mどんとソニアさんのノバッラでのエピソードは 2004年語学留学記「そして一人旅へ」
 ソニアの愛猫も「番外編」にでています
Mどんの最近のイタリアエピソードは、 2006年語学留学記 へ 


さてさて、今晩から、この2羽がいらっしゃいました。

f0149057_1244412.jpg

はこべをついばむ2羽です 仲良しです


f0149057_1252569.jpg

「鳥が来たよ、、、」という顔


[PR]
2007年 11月 07日 *
今日は、朝からいそいそ。
函館からしぇふさんが来るので、ランチdeデートです♪
しぇふさん行きつけのお寿司屋さんが丸井今井に出店していることもあり、「のぞきにいくか!」ってことで、きたキッチンにて待ち合わせです。

ぷっちゃんがお星様になってから、早2ヶ月が過ぎた。
「元気になってね」なんて、言葉をかけていても、自分だって、なかなか無理だと思うので、しぇふさんが「札幌に行くよ」って連絡が来たときは、本当に嬉しかったな。
お友達が作ってくれたという、毛糸でできたぷっちゃんを連れて、明るいしぇふさんが手をふって「ぴゆどんが、札幌寒いってブログに書いてあるから着込んできたら、あついよぉぉ」って元気よく一発(笑)

二人で、リニューアルした丸井のデパ地下を探索し、ちょっとお買い物に付き合ってもらって、ランチへ出かけた先は、もちろん、sagraです。 いいでしょぉぉぉぉ~。
Sagraのマダムが、しぇふさんが函館から来たとしると、「私たちも先日函館のお友達のレストランにでかけていたの」って話をされて、「あっ!そこは!」ってことで、お店が一致したりして、こんなところでも、つながるね!!って話をしたり、ぷっちゃんの話、しぇふさんが出かける前の日に、冷蔵庫が壊れた話(笑)、そして、それを抱きしめて、「もうちょっと頑張って!」って励ました話、とか、もう二人してとまらないのだ。

Sagraでのとっても美味しいランチは、私がデジカメ忘れてしまって(携帯で撮るのは嫌なのよね、、、、音がするから)、なしです。
いつもおいしいけれど、デザートが盛り合わせで、しぇふさんも「せっかくこんなにてんこ盛りなのにぃぃぃぃ」って笑っていた。

その後は、徒歩で、イルポスに向かう。
しぇふさんからの「お洒落なCafe」にというリクエストもあったので、カオリンがいるところへご案内なのだ。
しぇふさんもカオリンの魅力に、「うーん、いい~!!!」ってご満悦。
いろいろとしぇふさんの相談にもカオリンが乗ってくれて、感謝です。
ここでも、あっという間に時間が経ち、気付くと、16時!!!

「きゃ!!!principeに会えないから、もう行かなきゃ」

ってことで、駆け足で、いやタクシーで我が家へ。

しぇふさん、もう、「きゃー!!!かわいいぃぃぃぃ」とかみしめて、principeと遊んでくれています。 
その様子は、「どうどう」と言いたくなるほど、真剣。
そうだよね、、、と、ぷっちゃん思い出して、じーんとする。

f0149057_0261357.jpg

あれ?ぷっちゃんでしゅか?

f0149057_0264817.jpg

 ちょっと小さくなったけれど、ぷっちゃんでしゅよね?

f0149057_0283789.jpg

そうでしゅよね???



しぇふさんとは、駆け足だったけれど、濃い時間を過ごして、お別れ。
また今度、コップとか雑貨を買いに来てねん!!!絶対よぉ~!!!
ここまでが小鳥の時間

その後、私は、西18丁目にて、かよちゃん、まっつあんと待ち合わせ。
そう、これからは、昨日に引き続きイタリアの時間です(笑)

3人が集まったのは早かったのですが、タクシーにのっておりてからが、Mどんのお家が見つからず、わいわいがやがや状態。
Mどんに電話してみて、「○○の前です」「それが我が家のマンションだよ」と教えてもらって、3人でびっくり。 そう、書いてもらった地図の最大の目印だったものが、お休みで、目印になっていなかったのだ(笑)

f0149057_040268.jpg着くと、いやーん!!! 素敵な松花堂弁当が!!!用意されているではないですか!!!
しかも、炊き込みご飯の野菜は、ソニアが切ったというのだ。 すごいすごい。
今日は、まっつあんがいるから、電子辞書さえも持ってこなかった私です(笑)
まっつあんの流れる様なイタリア語を聞いて、幸せな私、そして、もちろん、ソニアも、「おぉ、嬉しい」って顔しているしね。

今日の初対面は、Mどんの奥様と、dicotomiaさん
奥様は、噂通り、上品で素敵なお方です♪ いいなぁ~、やっぱり、Mどんご夫婦ってステキだな。 そして、dicotomiaさんは、、、、スレンダー(最近ダイエットに成功されたと言っても、もともとスレンダーだわよ)な美人さんです。
かよちゃんもまっつあんも、「dicotomiaさんのブログは、勉強になるよね!」とこっそり見ていたことを知って、dicotomiaさんは「いえいえいえいえいえ~!!!」って笑っていました。
でも、本当にdicotomiaさんのブログはすごいですよね。


f0149057_055322.jpg
ソニアと、かよちゃん(モザイク)。

Mどんを介して、いろいろと広がる人の輪、、、、これっていいですよね~。

まっつあんがすぐに通訳してくれるので、会話がスムーズで、和気藹々だ(笑)
しかも昨日よりもお酒も入っているし、Mどんのお酌もスムーズで、みんな飲んだよ、食べたよ。

みんなでぺろりと松花堂弁当をいただき(天ぷらも、リンゴ金時も絶品でした!!!)、その後、やっぱり、まっつあんがいるんだから、イタリアン作りましょう!!!ということで、お腹いっぱいなのに、調理開始。

まっつあん:サルシッチャと水菜とルッコラのサラダ
かよちゃん:ブロッコリーとアンチョビのペンネ
ぴゆどん:前の日に仕込んだカチャトラ(トマトソースとブラックオリーブのチキン煮込み)

さて、ここで、かよちゃんには、ソニアが「パスタ・マエストロ」として監督となり、調理を見守られることになりました(笑) ソニア、、今まで頼りなくお箸を持っていたソニアとは違って、いきなり、腕組みして、「違う」「そうじゃない」「これには13分と書いているけれど、11分だわよ」と、かよちゃんに細かく指示(笑)

なかなか面白い光景でした。
まっつあんは、手際良く行程を進めています。

さてさて、できばえは。。。。。
多分、みんな○でしょう(笑)
お腹いっぱいなのに、みんなそれぞれ食べていましたね。
イタリアンって不思議(笑) 別腹をみんな持っているのですね。

ぴゆどんとまっつあんは、かよちゃんとdicotomiaさんに任せて、お先に失礼しました。
まっつあんは、朝からお教室があったし、我が家は夫が東京から戻ってくるので、ご飯支度があるのよね。
そして、明朝は、市場見学と、朝から寿司です。(まだ食べるか!!!)
[PR]
2007年 10月 17日 *
先週のイタリア語で使ったテキスト、「詩」だったので、面倒だなっておもいながら、前日まで放っておいた(いや、いつものことですが・・・・)。
一通り見てから、はっと出典部分をみたら、Umberto Saba とあるではないですか!!!
そのとき、23時30分(!) もっと早くに勉強しろってことです。
今ままで単なる「詩」であったものが、うぎょーって思うくらい、ヒートアップ。
だって、Sabaですよっ!!!須賀敦子さんがが大好きだったSabaです。

私が須賀さんを知ったのは、多分、彼女が亡くなる一年前くらい。
それくらい遅い知識でした。 私がイタリア語を始めたのは、1996年。 その約一年後には亡くなってしまわれた。 
私のイタリアの知識は、ぴゆどんボス、小樽のシニョーラのこの夫妻によるものが多く、夫妻が大好きな須賀さんは、自分にとっても、やはり影響を受けた女性でした。
なので、70才前に亡くなられた時は、非常に寂しい気持で一杯でした。
小樽のシニョーラは、須賀さんが小樽にご旅行にいらしたときに、ホテルのロビーで偶然会ったことがあるそうで、「とても、気品に満ちた素敵な女性だった」とのこと。
一度お目にかかりたかったと、今も思います。

そんな彼女の作品は、綺麗な日本語で語られている。
彼女の裕福だった少女時代、戦中の日本のこと、父母のこと、そして、ヨーロッパに渡ってからのこと、フランス、そして、運命の出会いが待っていたイタリアでのこと。
しっとりとした彼女の文体に魅せられて、夢中になって読み込んだことを思い出す。

そんな同じように彼女に魅せられた人は、周りにも多くて、まっちゃんもそうだし、マダムMどんもそう、、、彼女のファンです、、、で、やっぱりイタリア好き(笑)。

私は、イタリアに向かう飛行機の中で、夕食を食べた後に、まったりと彼女の本を読むのが大好きで、いまだに、何度も読んだ本を持ち込み、しっとりとした気持でイタリア到着に備えます。 
とりわけ、彼女の夫のペッピーノへの思いの話になると、しんみりする。
人への思いやりの気持を、改めて身を引き締めて、反省し、豊かな気持にもなります。

到着すると、、、、ミラノなら、中央駅に行くバスに乗る前に、暴れるイタリア人の(切符も買ってないのに乗せろと交渉したり・・・)カオス状態、ローマなら、頼んだ車に乗って、いきなりの高速200km近くの運転を味わいながら、「あぁ、イタリアァァァ~」って実感するの。(笑)

そんな須賀さんの本にはずせないのが、トリエステ出身の詩人サバだ。
数年前にマダムが、須賀さんの本のトリエステの坂道を辿って旅をされたときに、お話を伺って、とっても、しんみりとしたことを思い出します。

ただでさえ、「詩」は難しいけれど、サバなら、もっときちんと勉強すればよかった・・・と後悔。(笑) 


テキストにサバの詩が出てくるなんて、さすがイタリアで使っている教科書だなと思った。

レッスンの後、小樽のシニョーラとゆっくり話す時間があって、「今、もし生きていたら、須賀さんはどんな文章を書いていたのかなぁ」って。 「本当に、今の彼女の文章も読んでみたいね」って話した。


さて、冬になって陽が低くなってきたので、午後からは、リビングには、日光がかなり注ぐようになりました。 天気がよければ、暑いくらいです。
日光が大嫌いなprincipeは、陰を求めて遊びます。

f0149057_1946129.jpg

ほら、ここにいます


f0149057_19461483.jpg

いるでしょ?


f0149057_19463881.jpg

「放っておいてください、一人で楽しいです」



そうそう、この間、デジタル日テレで「ラベッロ」の街を特集していました。
もっと大々的にやって欲しいよぉ!!! 
録画し損なったらどうするのぉぉぉ(principe風に)
[PR]
2007年 09月 19日 *
f0149057_044970.jpgf0149057_043196.jpg

うーん、なんだかお鼻の穴がはっきり写り過ぎているような、、、、気のせい?(笑)

今日もご機嫌に遊んでいるけれど、ちょっと鼻水だすので、気をつけないと。









今日は、Mどん、マダム、カヨちゃんと4人、OZONICOで夕食。
カヨちゃんは、札幌に来て1年経つけれど、濃いイタリア好きの人にまだ会ったことがないというので、今日の集まりになった。
Mどんとは、メールで連絡を取り合っていたけれど、1年振り、マダムとは、1ヶ月ぶり?。
Mどんのお料理レシピを聞きながら、プロセッコで乾杯!!!

f0149057_0151219.jpgf0149057_0153186.jpg
左:前菜盛り合わせ 
  この他に、ズッキーニの花のフライを1本ずつ
  詰め物は、モッツアレッラ

右:鶏肉の白いラグー 
  生姜を使ってあっさり目。
  カヨちゃんが「でも、イタリアン~な味~」と喜んでいた




f0149057_0173047.jpgf0149057_0174698.jpg
左:ベーコンとハーブのトマトソース
  これはね~、いただいたことのないお味。 複雑。
  トレヴィソが良い味だしていた

右:熊本の真鯛 アンチョビ・バターソース+バルサミコ
  ホクホクで美味しかった

ドルチェは、ワゴンでケーキを運んでくれたけれど、オレンジのソルベとカタラーナに(笑い)
ケーキはね~、、。


4時間近くほぼみんなでしゃべりっぱなし。
店員さんに「どういった集まりですか? ご家族ですか? 会社ですか?」と聞かれ、「単なるイタリア好きです」と話したら、爆笑していた。

たわいもない話をして、みんな幸せというのは、なんとも贅沢。
このところ、イタリア語にも行けてなかったし。
あー、イタリアに行きたいなぁ~。
夫とは旅の企画はしているけれど、来年はeuroがスイス・オーストリーであるので、北イタリアだな、、、と。 私はいつになったら、ラヴェンナに行けるのだろう・・・・くすん。


■ プランちゃんの事 ■
[PR]
2007年 08月 03日 *
イタリア語の宿題もせずにまた2週間が経ってしまった。
どうしようかと思いながら、出かける30分、本文を読んで、内容を思い出す。
今年も検定は遠い夢だ・・・・・・・ぐぅぅぅぅ。

カヨちゃんは、2週間も風邪が直らず、アレルギーも併発したようで、しゃべっているのがつらそうだ。 マユミさんは、引っ越しでお疲れの様子。 小樽のシニョーラも、写真展で疲れているみたい。 そして、ぴゆどんは先週からのRちゃんとの遊び疲れ状態。 4人ともお疲れモードだが、カヨちゃん、マユミさんはきちんとお勉強しているし、シニョーラだってそう・・・・・、反省。

先週からの本文は、南イタリアの農家のお家の様子を説明しているもの。
その昔は、家畜と一緒のおうちで、部屋は一つしかなく、、、とかいう内容でした。

レッスンの後は、ぴゆどんボスが松山から戻ってきているので、一緒に合流して、久しぶりにお喋り。 しかし、ぴゆどんボス、目を酷使しすぎて、左目の血管が切れて居るではないか! びっくり。 でも、元気そうで安心。
1時間半くらい、ずっと、最近、発見したデータ分析の結果を色々と報告してくれる。
もともとぴゆどんが、下分析したものなので、話しても理解してくれると思っているのだろう、もうとまらない、とまらない、、、、、目をキラキラ輝かして、こうでああでと機関銃のようにしゃべるのだ。 
3人で、MASIの白ワインを1本あけ、3種類のパスタをとって、ランチ。
最後に、データー分析のお仕事を命ぜられて、お別れ。
これからまだデーター分析、、、、、秋に出版される本、、、、本当に出るのかな、、、、、って心配になった(笑)


帰宅して、Acsessが今のPCに入っていないことに気付いて、困った・・・・・・。
excelでデータだけ取り出して、なんとかすることにした。
でも、件数が多いので、見づらいのだ・・・・・月曜日から実家だから、早くしなきゃぁ。


夕食は、韓国のC先生との約束で、お茶の水博士と韓国の留学生Cさんとビビンバ専門店の愛(mana:中央区北5西13)へ。
おいしいと評判は聞いていたけれど、初めてだ。
大体、我が家は、夫がキムチが苦手なので、韓国料理自体全く行かないし、冷蔵庫にキムチがあると「なんでキムチがあるのぉぉぉ」って嫌がるくらいなので、久しぶりのものばっかりで、嬉しい。 ちょっと疲れていたけれど、レバ刺しにニンニクスライス挟んで食べていたら、とっても元気が出てきました。 すごいぞ、コリアンパワー。
チヂミやらなんやら色々と食べ、最後に、ぴゆどんは、このビビン麺を頂きました。
f0149057_14131863.jpg
ほどよく辛くておいしいのだ。

色々と韓国のことやアジアのことなどを聞いて勉強になりました。
特に相撲の話は面白かったなぁ。

お料理、とってもおいしかったけれど、自分の匂いが気になっていたら、帰宅した夫に、「おいしい匂いだけれど、結構くさいよ、、、、」と言われた。
確かにね・・・・・ごめんよ。
夫がニンニクを食べて帰って来た時、臭くて眠れなかったことを思い出したのよね・・・・・。
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon