きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
カテゴリ:おでかけ(ちょこっと旅含む)( 103 )
*
*
2012年 10月 28日 *
f0149057_23143755.jpg

昨日の帰り道、恵庭渓谷へ寄り道して紅葉を見てきました。
これは、白扇の滝辺り。
水音聞きながらの紅葉見物、マイナスイオンをいっぱいあびて良い気持ち。
札幌はもう肌寒いくらいなのですが、道産子の私は、これ位の肌寒い気温が好き^^


[PR]
2012年 10月 25日 *
今日は、大御所とaacoたんと一緒に小樽へイケメン鮨。
まずはお先にaacoたんと一緒にお魚屋を巡り、その後、大御所を(心の中で赤絨毯をひき)お迎えいたしました ^^
向かいますは、イケメン鮨と言われている高大さんへ ^^
前回は金曜日だったので、こみこみだったレンガ横町、今日は木曜日だからか、まあまあ。
これは、ゆっくり食べられそう。

f0149057_2283296.jpg

今日はいろいろとアテを出していただきました。
これは、シマアジとしめ鯖を酢味噌でいただいたもの。
数品いただきましたが(5品は食べたね)、どれもこれも、美味しかったです^^


f0149057_2283628.jpg

中トロ


f0149057_2284063.jpg

ちょっと火をとおした牡蠣。
やっぱりちょっと火を通したほうが貝は美味しいですよね


f0149057_2284470.jpg

松川かな、、、
もちろん、これ以外にも色々頂きましたよっ。


f0149057_228288.jpg

高大さんに「三貫くらししか食べられないかなって思いましたが、いっぱい食べてくれましたね」と笑顔で(笑)
確かに ^^;;
これはサービスで出していただいた巻物。 しそが効いていて〆にぴったり。

その後はぺちゃくちゃお喋りしながら札幌へ。
次なる課外活動に忙しいのでした(笑)


[PR]
2012年 10月 05日 *
今日は年に一度の人間ドック。
毎年するの面倒で嫌なんだけれど、強制的に申し込んでくれるので、ああ、今日も憂鬱。
なにって、胃の検査がね、、、、。

今回の受診施設にて、エコー検査終了後、検査のお姉さんが
「あの、ぴゆどん様、お友達に大御所さんっていらっしゃいませか?」
と控えめに聞いてきた。
ぴ「ええぇぇぇ!!!そう友達デス!」
検「やっぱりーっ!!!私、☆☆です~!」
と、その後、共通の友達で盛り上がるエコー検査室(笑)
人間ドックは嫌だけど、こういう偶然は大歓迎♪

さて、軽めのランチをし、夕方、ぶらっと小樽へ。
久しぶりの小樽。
駅が新しくなって、とっても良い感じ。
前はトイレがね、だめだめだったから。

さて、いつもの魚屋屋さんで色々とお買い物してから、にゃんぱらりんと合流し、お目当ての、「高大(こうだい)」さんへ。
レンガ横町にある、8席の立ち食いのお鮨屋さんなの。
前から来たかったのだけれど、夜、小樽でご飯を食べる機会がなくてね。

6時半前、既に、賑わっているレンガ横町、もちろん高大さんも人がいっぱい。
スペースあけてもらって、三人並んで、ビールで乾杯 ^^

f0149057_10341461.jpg

まずは、コハダ! 


f0149057_10341813.jpg

やっぱり、サンマだよね^^ 


f0149057_10341147.jpg

ちょっと〆たにしん。

光り物が大好きなので、この後も鰺・鯖、、、、たまに鮪の赤身の漬け、またコハダに戻ったり(笑)

隣がイタリアンなので、隣からも注文できます。
会計も一緒にしてくれるので、とっても、いたれりつくせり。
そして、すっごく賑やかで楽しくて、もちろん美味しいお鮨屋さんでした。
こんなに笑いながら鮨食べたの初めて ^^

小樽は面白くていいねーっ。


[PR]
2012年 09月 16日 *
f0149057_10354134.jpg

二日目の朝は、サンドイッチで有名なグラウビュンデン
朝8時からやっていて、朝から満席です。
パンを選べて、具も選べ、そして、かなりボリューミーです(笑)
画像は、多分、一番人気のグラウビュンデンサンド(スクランブルエッグ・ベーコン・チーズ)。
カフェオレもたっぷり、スープもたっぷり。

大きな暖炉もあって冬はまたまったり過ごせそうね。


f0149057_10354841.jpg

昨日のダチョウ牧場をまた通って、Boulangerie JINを目指します。
今まで訪れたパン屋さんの中でも、一番、なんにもないところにあるパン屋さんに間違いないです。
畑の真ん中に、ぽつんと。
店舗が新しくなって見つけやすくなったそう。


f0149057_10355573.jpg

パンの良い匂いがして、いいね。 さっき、お腹いっぱいパン食べたばかりなのに、食欲がでてきます(笑)
いろいろと買ってみたけれど、普通のトーストがあったので、それが楽しみかな。
店舗の横には、三野農園さんの店舗があり、珍しいお野菜を買うことができます ^^
ちりめんキャベツにポロネギを買って、ほくほくです。


f0149057_118337.jpg

真狩の道の駅でまたまたお野菜を買い込み、ちょっと休憩。
真狩の道の駅そばにある、トゥルモン (tout le monde、旧ラベル・コンフィチュール・マサコ)へ。
まるでヨーロッパにいるような店内は、なんか落ち着く雰囲気。
ここに来たら美味しいコンフィチュールを買って帰らないとね。
オンラインでも、宮の森のパン屋さん「ルルド」でも買えるけれど、
やっぱりここにくると品数がいっぱいあるので、いいね。

そういえば、昨日の保養所の朝食に、昔懐かしいいちごジャムが出てきた。
ヨーグルトに入っていたものとは全く別の、ホント、子供の頃に食べたゼラチンで固まったジャム。
食べて「うわっ」って驚いた、、、、だって、最近こういうジャムは食べてなかったし。
ジャムひとつとっても、品質が上がっているんだなと再認識。
ま、あれはあれでありですが。


f0149057_11183458.jpg

さて、お次の目的は、「いし豆」さん。
ニセコ周辺は美味しいお蕎麦屋さんが多いので、どこに行くか迷ったのですが、
昨日の「楽一」さんとこのお店を選んでみました。
開店時間に行ったけれど、既に行列。 ちょっとびっくりしました。
30分くらい待って、普通のせいろとからし大根せいろをお願いしました。
これね、超辛いから(笑) 辛み大根大好きな私でさえ、涙目になりましたからね。
横にいた夫は一口食べて悶絶後、「無理、おれ、無理」って、普通のせいろ食べてましたから。


f0149057_1036464.jpg

「蕎麦食べたら、食欲が出てきた」という往年の食べ盛りな夫。
前日、真狩の板敷さんからジモティ情報を頂いた中の「お食事処 一ふじ」さんへ。
ここは、真狩のハーブ豚を食べさせてくれるお店です。


f0149057_1036866.jpg

ハーブ豚の説明とこの豚の絵をみただけで、もう絶対に美味しいとわかって期待ワクワクです。


f0149057_10361146.jpg

間違いなく人生の中で一番の美味しさのハーブ豚でした。  
3種類の部位を楽しめるポークソテー(肩ロース・ロース・バラ)。 
板敷さんから「ボリュームありますよ」と聞いていたけれど、本当に!(笑) 
でも、大丈夫、食べきれない時には、お持ち帰りさせてくださいます。 
コステロの音楽がかかっている(ご主人がコステロ好き)店内には、ひっきりなしにお客がやって来ていました。


f0149057_10361427.jpg

これは、ハーブ豚100%のハンバーグ。
豚100%でのハンバーグは初めてかも。
すっごく美味しかったよ。 真面目にびっくりしました♪
ここは、近所に欲しいわぁ 


f0149057_10362170.jpg

そして、ニセコに戻って、これも板敷さんから教えてもらった「松風」へ。
住民以外は入るのお断りという静かなプライベートゾーンにあり、月に2~3日間だけ開店する和菓子屋さん。
板敷さんから「今週末はやっていますよ!」って教えて貰らったの。


f0149057_10362584.jpg

14時半くらいに入ったのですが、すでにどら焼きは売り切れていました。
和菓子なので、シンプルな材料なのに、、、、お店によって全然違うよね。
お菓子教室もされているようで、機会があったら行ってみたいな。

あとで思い出したけれど、前にpippinで買えたお菓子だよね。

そんなこんなで、久しぶりのニセコは、あちこち行って忙しかった(笑)


[PR]
2012年 09月 15日 *
f0149057_14425422.jpg

ニセコ二日目の朝は、まずは、ダチョウ牧場!
かわいいですね、まつげがばさばさです ^^


f0149057_14425711.jpg

雄は羽が黒くて嘴がピンク、雌は羽が灰色で嘴が黒いと知りましたよ(^-^)


f0149057_1443051.jpg

カメラを向けていると、トンボがしきりに指にとまるので、ぱちり


f0149057_1443371.jpg

羊蹄山バックにダチョウにおやつをあげました。


f0149057_1443962.jpg

ニセコの道の駅をひやかしてから、今日のランチ場所の、「楽一」へ。


f0149057_1443225.jpg

森の中のお蕎麦屋さんです。


f0149057_14433668.jpg

注文が入ってからお蕎麦を作るので、ご主人の仕事を見ながら静かな時間を過ごします。
十割蕎麦でしっかりとした腰がある良いお蕎麦です。
美男美女のご年配のご夫婦がされています。
昨夜伺った「唐火七」は同じ敷地にあり、多分息子さんがされている。
素敵なお家も隣にあり、静かに豊かに暮らしているのでしょうね。


f0149057_1443475.jpg

お次は、羊蹄山の麓にある三日月形の火口湖の「半月湖」へ。
とっても綺麗な景色だというので、一周してみることに。
紫陽花がまだぽつぽつと残っていましたよ。


f0149057_14435012.jpg

苔も綺麗です ^^ 緑が濃いって感じがしますね。


f0149057_14435456.jpg

ぽつぽつと赤い実をつけている。 これってなんだろう。


f0149057_14435725.jpg

天気がイマイチだったので、湖畔が綺麗に見えませんでしたが、雰囲気ありますね。
ちょっと変わった弦楽器をぴろんぴろんと弾く女性がいて、面白いなって見ていたけれど、
夫が「怖い、怖いよ」と怖がっていて笑った。


f0149057_1444062.jpg

途中で豪雨になり、困ったけれど、ビニール傘さしながら、なんと、神仙沼へ。
パワースポットとしても知られている幻想的な風景が広がるはずだったけれど、
豪雨で(笑) 残念。

雨もやんだ頃の晩ご飯。
今日は、 ミシュランガイドでビブグルマンとった「Del sole」へ。
すごい人気店で、18時の開店時間頃は、予約が取りにくく、とれても「15分遅れたら、キャンセルとさせていただきます」と色々と注意ごとが多いお店です。
ちょっとどんなもんだろう、、、と思って伺いました。
値段は、札幌よりもやっぱり高めの観光地値段ですが、生地もとっても美味しくて、ボリュームあり、美味しかった ^^ 


昨日も今日も温泉に入ったので、指に出来ていた湿疹もきれいになってきた。
やっぱり、温泉っていいんだなって痛感した。


[PR]
2012年 09月 14日 *
ぴゆが家族になる前には、しょっちゅう行っていたニセコへ、超久しぶりに行くことに。
私は、本当に13年ぶりかな。
オージーがやってくるようになってから、ニセコ周辺は超バブリーが起こり、すごいことになっていると聞いていたけれど、、、さて、どうなっているのか、楽しみです。

f0149057_12473935.jpg


小樽を過ぎて、余市で寄り道。
いつも人気、余市の南保留太郎商店の燻製されたヘラ蟹。
いつも遅くに行くのでお目にかかったことがなかったけれど、
今日は平日だし13時前だし無事買えました ^^
お店でお手ふきにハサミ、さばき方も教えてくれて、至れり尽くせり。

たいして食べるところはないけれど(笑)、美味しい。
でも、食べた後は、燻製と蟹の匂いが手からなかなか消えません ^^;;;


f0149057_12474667.jpg

ニセコへ到着~。
天気が良くて、羊蹄山も綺麗です。
夫は、マイチャリンコ飛ばして早速お出かけ。
私は、宿(会社の保養所)周辺を散策後、チャリンコ借りて、近場をチェック。
本当にお店がいっぱい出来ていて驚き。
昔は、夕食食べるにもお店がなくて苦労したのに、今は、色々とあって選ぶのに苦労しそうだ。
外人がつけたんだろうな、、、って思うような名前のお店が多くて笑った。
「魂tamashii」とか「歌舞伎kabuki」とか「絆kizuna」とローマ字平気。
tamashiiって、、、なんじゃ、命=ソウルとかってつけたかったんじゃないのか?(笑)

軽く一杯ビールを飲めるようなお店もあって、いいね。
暑い日だったので、私も、ぷらっと入って、ビール飲みながら読書。
良い風が入ってきて、気持ちいいです。

帰り道コンビニ寄ったけれど、札幌とは違ったビールの品揃え。
面白いね。


f0149057_12474929.jpg

保養所のこのくつろぎスペースが好き。
大きな暖炉もあって、冬は特に落ち着くのよね。
スキーにばかり来ていたので、夏に来たのは初めて。


f0149057_12475265.jpg

今晩は、アンヌプリスキー場入り口近くにある「唐火七」(からひな)へ。
一品一品、なんでもないメニューだけれど、美味しい。
そして、この「アラブシチュー」がまた面白い。
スパイシーな鶏肉で、クスクスにも合いそう ^^


[PR]
2012年 08月 05日 *
f0149057_20393971.jpg

一夜明けて、雨ざーざーな知床です ^^;;
雨の音もすごかったけれど、カラスが窓の側で鳴くのもうるさかった(笑)

夕べはなんとなく寝苦しくて、三人ともあまり熟睡できてなかった。
とりあえず、みんな朝風呂へ。
ガラス張りな大浴場はウトロ港が見える。
これが青空だったらすっごく綺麗なんだろうな、、、そして、冬だったら流氷が見えるんだろうな、、、。
冬に来るのも面白そうだな、、、運転大変かも知れないけど(笑)

ご飯食べた後は、観光船オーロラにのってクルーズ。
私は船が苦手なので、オーロラにしたけれど、もっと小さな船の方が小回りきいて楽しそう。
この時期は海も静かだし、その方が楽しいかも。
小さなお子さんがいる方は、オーロラの方が安全かな。


f0149057_20393534.jpg

天気も良くないので、津別の「つべつ西洋軒」という洋食屋へに向かって車を進めます。
ウトロからやっぱり2時間半~3時間くらい。
なぜ西洋軒に行くかというと、ここで作っている一味「朱乃一振」を買いたいなって思って。
一味?って感じかもしれませんが、すごく美味しい一味なんですよ。

北斗ポークを使った豚丼は、ロースとバラ肉が選択できます。
とりあえず、一つづつ頼んで食べてみました。
豚肉柔いっ!タレ美味しい!
昔は帯広の豚丼が有名だったのですが、最近は、道東のあちこちで美味しい豚丼屋が出てきています。
面白いなぁ。
画像は、ヒレの豚丼、左に見えるのが、「朱乃一振」

ですが、女将が
「ああ、すみません、売り切れなんです!!!今年の12月にはまた販売します!
 どうしても、数が作れなくて、、、、」
とのこと。 いえ、いいんです、数を無理して作って味が落ちるなら、いまのまま、なかなか手に入らないでもいいんじゃないでしょうか、、、などど話して参りました。

津別から実家へ戻り、夫は、夕方の電車で札幌へ。

私は土曜日までいるので、お見送り(笑)
その後、母のつきあいで、近所のお祭りへ参加。
ビール飲んで、焼き鳥食べて、そして、花火見て。

のんびりな一週間なんだけれど、母は、習い事の発表会のために忙しくてそうでもなさそう。
私は、色んなお料理作って、ジップロックで冷凍して、、、、の作業です。


[PR]
2012年 08月 04日 *
夫も昨日の遅くに実家へ移動。

今回は、すごく久しぶりに知床へお出かけです。
子供の頃も何度か行っているけれど世界遺産になってからは初めて。
お友達の藤崎さんが主宰されているSHINRAで催行している知床お散歩ツアー(正しくは「フレペの滝ガイドウォーク」という遊歩道を歩いて行くコース)を予約して、母と夫と三人で出発です。

ウトロまでは約3時間の道のり。
畑の広がる道を走りながら、都会っ子の夫は「あれはなに?何の野菜?」としきりに質問するので、母と苦笑い。


f0149057_2227373.jpg


二時間走ったところで、お昼ご飯。
この高いかき揚げは、つぶとたまねぎです。 斜里辺りではツブ貝を使ったものがおおいですね。
とりあえず、名物なので、これをいただきました。
ツブは火を通すと固くなりがちだけれど、そんなこともなく上手にできてましたよ。
でも、量が多いかな(笑)


f0149057_22323180.jpg

オシンコシンの滝。
ウトロの街中に行く途中でみれる滝。
ここからすぐにウトロの街が広がり、その後、雄大な自然遺産の知床の自然が広がっていきます。

オシンコシンっていうのは、アイヌ語の「オ・シュンク・ウシ」から来ていて、意味は「川下にエゾマツが群生するところ」だそうです ^^ 

北海道の地名はアイヌ語からきているものが多く、音も面白いけれど、読めない漢字が多く、面白いんですよ^^「



f0149057_22152362.jpg

さてこては、なんでしょう?
そう、「蕨(わらび)」です ^^
蕨が伸びるとこんな葉になるんですね。 全然知らなかった(笑)
保護区をみると、この蕨の群生がいっぱい広がっているのに気付きます。
なぜかというと、道東では深刻な被害であるエゾシカが、この蕨の葉っぱは食べないからなんですって。
保護区では、エゾシカが食べるもの、食べないものが顕著に出ていて、好むものはこの数年のうちに絶滅しそうなものもあるとか。


f0149057_22151814.jpg

これはアイヌが魔除けや、麻酔として使うというイケマというツル科の植物。


f0149057_22151488.jpg

どちらもエゾシカが食べないのか、繁殖していました ^^;;

ちなみに、おいしそうな蕨があっても、ここは自然遺産の保護地区なので、採ってはいけないそうです^^


f0149057_2214506.jpg

エゾシカのこと話していたら、ああ、白骨したエゾシカが・・・・
冬の間に寒さや飢餓で知床の山に自然な冷凍保存されたエゾシカが、冬眠あけの熊の餌になるというサイクルがあるそうです。
これは、その食べられた跡。
知床の冬は寒いので、雪の中で良い感じで冷凍されているので、格好のご飯になるそうです。


f0149057_22144687.jpg

そして、これは、その残骸のエゾシカの毛。
自然のサイクルがこうやって確認できる


f0149057_22144158.jpg

原生林の中を歩くと、山からの風で倒れた木がこうやってあちこちに。


f0149057_22142565.jpg

蕨の群生を抜け、原生林を抜け、再び蕨の藪を抜けると、こんな素敵な景色が広がりました。
小さく見える滝が「湯の華の滝(男の涙)」。

実は、お気軽お散歩コースのはずが、途中で熊が出没して、ツアー中止となり、
ガイドの藤崎さんが別のコースを作ってくれたんです。
藪の道を行くワイルドなツアーとなったのですが、母は頑張って着いてきてくれました(笑)
と言っても、杖をついて歩かれる方も大丈夫でしたし、やはり、そこはプロのガイドさんですものね。

私なんて、熊でた時も、藤崎さんがいるので、全く心配しなかった程。
改めて、自然相手のところでは、ガイドさんにお願いするのが一番だと思いました。


f0149057_22142240.jpg

ツバメがびゅんびゅん飛んで羽ばたきの音が聞こえる中、こんな岩場で休憩。
藤崎さんの
「人間の作ったものが全く視界に入らない場所は、もうなかなかなくなってしまいました。
知床はその数少ない場所なんですよね。」
という言葉に、改めてうなずいたのでした。
厳しい北国の自然しかない、、、、すごいなーって。

ツアーの後、ホテルのラウンジで、藤崎さんと夫と三人で歓談。
途中、中座してホテル地の果ての露天風呂にでかけた夫、30分くらいで戻ってきた。
すると「熊の親子が道路に出てきて、車が進めなかった」とのこと。
ちょっとこわばった顔している夫をみて、藤崎さんと爆笑しましたよ。

前から藤崎さんのガイドでツアーに参加できたらいいなと思っていたので、
とても素敵な一日でした。

なにより、母も喜んでいたので ^^


[PR]
2012年 08月 03日 *
f0149057_2354399.jpg

今日から実家へ移動。
ぴゆがいないので、飛行機にしました。
だって、電車に独りでは寂しいのよね ^^

帰省ラッシュ始まる新千歳空港は超こみこみっ。

早く到着した訳は、まずは「一幻」で海老ラーメン食べるためっ ^^
こってりの海老ラーメンの塩味です。
海老好きなら絶対に好きだと思うっ。


f0149057_235384.jpg

そして、二番目の目的は、美瑛選果の「まめぱん」と「コーンぱん」。
どちらも人気商品なので、買えるかな、、、と覗いてみたら、まめぱんが最後の一個!

ということで、即購入です。
JALのラウンジで、母に渡す前にちょっとつまみ食い。
これはうまいね。
次は、コーンぱんを買ってみたいよっ。


[PR]
2012年 07月 14日 *
f0149057_10541960.jpg

初めての乗馬です。
みっちりと練習させてもらって、お馬さんの習性や、その個体の癖なども教えていただき、山の中へ。
傾斜を登ったり降りたり、林の中を行ったりと、初めてにしては充実した内容をこなせ、おもしろーいっ。
なんたってこの景色が本当に素晴らしかったっ。


f0149057_10542249.jpg

スタンダードプードルのマッシュ君。
まだ1才ちょっとだから、もうやんちゃざかりで、なんでも楽しくて(笑)
足が長くてスタイルいいよね。
かわいかったなぁ ^^


f0149057_10542510.jpg

ルスツの売店で気になって買って来ちゃったグラス。
飾りの鳥さんの背中の穴は製造上につくもので、用途はないんだって。
嘴にも穴が空いていて、ここから何かを入れるのかなとかって、最初おもったんですけれど。

三泊四日のルスツは、あれもこれも忙しかったけれど、楽しかった。
ゴルフレッスン、乗馬、ノルディックウォーキング、ハイキング(笑)
この後、乗馬による影響で、おしりが痛かった(笑)


[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon