きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
カテゴリ:実家にて( 50 )
*
*
2009年 12月 30日 *
f0149057_23155985.jpg昨日から実家へ帰省しています。 
今回は結婚して初めて夫婦別々のお正月。
義母の調子が良くないので、夫は妹弟と札幌の実家で。 
私は、一人暮らしの母が待っているので、ぴゆを連れて帰省しました。
母と、「二人で気ままにお正月なんて、これもいいね」なんて笑っています。
そんな母ですが、来る予定だった夫のために、豪華な4段おせちを頼んでいたりして、「二人で食べきれるかな」なんて、頭をかかえています。

ぴゆは母にも甘え、札幌にいるよりも私とも一緒に過ごせられるので、もうとってもご機嫌です。
ただ、夫がいないのでやっぱり、「まだ寝ない」とがんばっているのが困りもの。
なので、今現在も、母に頼んで吊してもらっている洗濯物干しにとまって、私を見下ろしています ^^;;;
そして、ピッピとは相変わらず、おやつの時だけ仲良しです。
昨夜、着いて早々に、ピッピに跳び(飛び)蹴りお見舞いされていました。
やっぱり、ピッピには聖なる領土(実家)に、お喋りうるさいぴゆは邪魔の様です(笑)

私は、昨夜から鼻血が・・・・
元々、鼻血が出やすく、いつも右の鼻から出るのですが、今回は両方(!)からなんです。
今日は、母と近場の温泉に行ったのですが、洗髪していたら、またまたぶーっと出てきて ^^;
周りにいたおばさんがぎょっとしていたので、申し訳なかったわ。
f0149057_23173685.jpg

これは昨日の朝、水浴びした様子。
3回に分けて頭だけ念入りにぬらしていました。
ツノツノかゆいのかな。
夫が居なくても、元気に楽しくすごそうね。


[PR]
2009年 10月 17日 *
f0149057_23274646.jpg枝にとまっている小さな虫が見えるでしょうか。 群れで止まっているのはちょっと何かと思い、小さめにしてみました。
これが、初雪を知らせる「雪虫」です。
北見では、ぶんぶん舞っていて、札幌よりも2週間は早いなって感じますね。
雪虫をみたら、大体2週間後くらいに初雪かなっていうところです。
北海道の中では既に雪が降っているところもありますが、北見ももうそろそろかしらね。

この時期に帰ってくるのは、離れの庭と畑の手入れの手伝いがメインなのですが、その近くに居を構えている親戚に殆ど使ってもらっているので、今日は、ダリアの球根をおこして乾かす、その後、群生しているアスパラを切る仕事。 久しぶりにカマを使いましたよ。 カマ、、、、知っている方はどれくらいいらっしゃるのかしら、、、、。 
中腰での作業が続くので、手伝った方がすぐに済むんです。
まぁ、私は、言われたことしかできないので、母からすると冷や冷やするようですが、力仕事はがんばります^^;

f0149057_2339116.jpgf0149057_23394048.jpg
f0149057_23423095.jpg今日の夕食は「四条ホルモン」へ。
2月に妹と3人で来たときには、古い店舗だったのですが、こんな風にきれいになっていました。
店内も個別に細かく無煙になるように工夫されていて、きれいだし、良い感じです。
土曜日の今日は、17時からの営業で、18時には予約でいっぱい。
ここは生ビールがすごくおいしいんです。
母と毎回感激です。
流行のハイボールも、ノーマル(レモンスライス入り)から始まって、北見バージョン(ハッカエキス入り)、四条ホルモンバージョン(ショウガエキス入り)、あとは柚ハイボールに梅ハイボールがあり、大体350~380円。
お肉の単価も安目なので、いっぱい食べても大丈夫かと・・・・。(もちろん人によるけれどね)

ホルモン好きな親子なので、普通のお肉は少なめなオーダーです。
早めに食事を始めたので、19時前には帰宅しその後は、放鳥タイムです。


f0149057_051052.jpg

相変わらず私には警戒しているピッピ。
5月の家族旅行の時、親戚に預けていったら「ピッピが鳴かないし、ご飯も食べない!」と連絡があり、
あの旅行中、ピッピが心配で、母も体調崩して大変だったよね、、、ってホルモン食べながら話しました。
10歳を迎えれて本当によかったね、、って乾杯


f0149057_054346.jpg

「明日は札幌だね」
ってきっと分かっている様子のぴゆ。
これは母もそう思うようで、わかりやすい性格の王子です。


[PR]
2009年 10月 16日 *
水曜日、また実家へ帰省しました。
なんか忙しく、あわただしかったので、ぴゆはご立腹気味でしたが、電車に乗ると「ああ、あそこに行くんだな」と実家行きを理解している様子。
しかし、電車の中での4時間半、
「セクハラしたのぉぉぉぉ? したのよぉぉぉぉ セクハラってねー~!!!」
って、ご機嫌なお喋りのセクハラ三昧。
前後のサラリーマン、年配のご婦人は、とても嫌だったようで、ひんしゅく気味です。
鳥のお喋りは気になると意外とうるさいと思うので、、、、、でも、止めることはできないのよね。

f0149057_2140453.jpg8日に10歳になったピッピです。
夏よりもろう膜が茶色くなっているけれど、食欲あって元気。
でも、ちょっと下っ腹が膨らんでるね。 羽音もばたばたとうるさいし、ちょっと太り気味かな、、、ね、ピッピ。
この2年くらいとっても食欲旺盛になってきているからね。
しかも、あんまり飛ばないし ^^;;; 
ぴゆが母に甘えているのをじっと見ているピッピ。
きっとまた最終日にピッピはぴゆを飛び蹴りするのかな・・・・。

私がいつも爪を切ったりするので、カメラを向けるだけで「じゃじゃじゃじゃ!!!」って警戒中。
昨日は、ピッピのかごを洗ったりしていたので、それも嫌だったらしい。
ピッピが食べるものは全部送っているしサプリメントだって、クリニックからのヨード剤だって全部私が手配しているのに、、、、、。
ちょっと悲しいけれど(笑)、元気ならいいよね。 なんでも、いいから、元気で過ごしてね。


f0149057_23123439.jpg来年72歳の年女な母は、自分も年寄りなのに、役員をしている老人ホームへのおみやげのお手玉なんかを用意している。
お手玉なんて、何十年ぶりに見たかなぁ。
きれいな端切れで作った小さなお手玉を手に取ってみたけれど、全然出来ませんよっ^^;

人の良い性格からか、いろんな活動を引き受けてしまって毎日忙しい様子。
まぁ、一人暮らしだし、生活に張りがあった方がいいとは思うけれど、ちょっと心配になるけど・・・。
一つこういう役員を引き受けると、どんどん増えるのがね、、、、端から見ると気になるわけです。

夏に実家に居たときは、ずっと一緒に居なかったらだめで、寝るときまで一緒に顔を見合わせていたのですが、今回は、2ヶ月くらいしか経っていないからか、3日目ですっかりリラックスモードなぴゆ。
ピッピが母を譲ってくれているので、我が物顔で実家生活を満喫中。
ご機嫌でご機嫌で、助かります。
[PR]
2009年 08月 11日 *
f0149057_0402411.jpgオホーツク塩焼きそばに続く(?)第二弾は、オホーツク干貝柱塩ラーメンだそうです ^-^
塩焼きそばと違うのは、オホーツク沿岸と地域が広範囲なところ。
北見で参加しているのは、今のところ、駅近くの「中華料理 菜華」と、少し街中から郊外の「中国家郷屋台 笑安記」。
妹が来た時に、母と三人で菜華の方で食べたので、夫とは笑安記の方へ出かけてみました。

二つしか食べていないけれど、これはっ・・・・・私と母は菜華の方がおいしいかもっ、と思いました。
というのも、笑安記もいいけれど、帆立の風味が一段と濃厚なのは菜華。

オホーツク干貝柱塩ラーメンは一応、こんな決まりがあります。
1)正式名称は「オホーツク干貝柱塩ラーメン」とする
2)蒸し戻したオホーツク産のホタテ干貝柱をまるごとトッピング
3)麺にはオホーツク産小麦を使用
4)スープはオホーツク海の自然塩や天然ホタテエキス入りの塩味
5)ホタテ干貝柱以外の具は半熟卵半個、ネギ、ワカメ、いりごま等
6)薬味に特製「オホーツク醤(ジャン)」を別皿で添える
7)価格は税込み1000円未満

XO醤をもじった、オホーツク醤が美味しくて、これだけでも製品化して欲しいところです。

f0149057_0512937.jpg

ちょっと暗い画像ですが、ピッピが夫の肩にとまっているところ。
もう札幌に帰るというところで初めて来ました。

今朝は、「札幌に戻る」って分かっているprincipeが朝からとっても上機嫌に唄いまくっていました。
あんまりにもそれが鼻についたのか(?)、ピッピがいきなりprincipeの背中に乗りました。
驚いて私のところに飛んできて呆然とするprincipe、ピッピは、「いやっほー」って言っているかのように鈴をがんがん鳴らして頭を激しく振っていました ^-^;
その後も、母にとまっているprincipeを追い出して、母を独占。
この1週間で仲良くしている時もあったけれど、母を取られているようでいやだったのかなって(笑)
最後の最後に、跳び蹴りいや、飛び蹴りしてすっきりした様子です


f0149057_0572028.jpgf0149057_0573950.jpg

旭川辺り(あと1時間半)で、「ぴー!!!(暇だ!)」と騒ぎ出したので、指をいれて遊んでいるところ。
怒った顔していますが、超甘噛みです。

f0149057_0575089.jpgf0149057_0575889.jpg

江別過ぎたところ(あと30分)で、「ぴ!!!!ぴ!!!(もう出たい)」と騒いでいるところ。
へばりつくけれど、あんよの力は強くないので、すぐにずり落ちます。
いつものようにタクシー降りてマンションのエントランスで「ぴー!!!(おうちだぁ~!)」と絶叫っ!

お家に戻って、安心したのかいっぱいご飯を食べ、夫に甘えてお喋りしてご機嫌。
でも、体重は、、、、、30.5g!!!!
2gも減ってしまったわ・・・・
すぐに戻ると思うけれど、ちょっとびっくりしたのでした・・・・やれやれ。
[PR]
2009年 08月 10日 *
f0149057_23434624.jpg今回の帰省で行きたかったところが、阿寒湖畔手前にある相生という小さな街に位置する「シゲチャンランド」
いろんなところで制作活動をしていた大西重成さんことシゲチャンが、今は相生にて活躍しているんです。
ひょんなことからそれを知ったので、是非ってことで楽しみにしていたんです。
有名なものでは、昔モスバーガーにあったフリーペーパー「モスモス」の表紙や、坂本龍一のレコードジャケットなどがあるようで、「あれはこの人がデザインしていたのかぁ~」と再認識。

これはシゲチャンランド入り口。
こんなオブジェがドドーンと迎えてくれます。
f0149057_2344195.jpgf0149057_23441157.jpg
f0149057_23462927.jpgf0149057_23444055.jpg

f0149057_23594116.jpg

こんなかわいい顔していますが

f0149057_23595427.jpg

こんな存在感のあるオブジェなの ^-^
黒い部分は焼いて炭にして表情を出しています

他にもまだまだ作品が展示してあり、鹿などの骨を使ったオブジェなどもあります。
キャラクターでピーナッツマンやひょうたんおやじなど、ポップなものも。

夫と母と3人で「来てよかったね~」などと言いながら堪能しました。
トイレも綺麗でスタイリッシュなので、入った方がいいそうです(母談)



f0149057_01068.jpgf0149057_0102270.jpg
f0149057_0103337.jpgf0149057_010458.jpg

炎天下の中、1時間くらいシゲチャンランドを散策し、その後は、阿寒湖畔へ向かいました。
阿寒って子供の頃来たきりで、すっごく久しぶり。
お腹が空いていたので、すぐに食事。
私はワカサギの天せいろ、母は普通の天せいろ、夫は、ワカサギ天ぷら定食(笑)
冷たいお蕎麦が美味しいですっ。
阿寒といえば、「ホテル鶴雅」接客日本一になったこともあるというとっても豪華なホテルがあります。
ものすごく広い豪華な温泉に入って、あとは、湖畔散策。
夕方になってきて、日差しも和らいできて気持ちがよかった。

f0149057_0172173.jpg

朝から夕方までみっちり遊んで、夜は小鳥さん孝行。

おやつを食べる時は仲良しだね ^-^;


[PR]
2009年 08月 09日 *
f0149057_14541127.jpg実家は古いお家なので、生活感たっぷりの画像ばかりで恥ずかしいのですが、今回は2羽での様子がなかなか取れなくて。
ピッピは横になって本を読む母のお腹の上でお昼寝するのが大好き。
実家にやってくると、principeもその様子を見て、やっぱり同じことをしたがるんですよね。
なので、母のお腹の上を争うことになります。
まぁ、principeが勝てることはないんですけれどね ^-^;

今日は妹が14:19発の電車で札幌に戻り、14:19着の電車で夫がやって来るというバトンタッチの日です。
夫が来たらprincipeは少し落ち着くかなぁ、、、と期待してたら、やっぱり、夫を見た途端、目が輝いているではありませんか。
でも、10分くらいお話して、すぐにお出かけ~。
ごめんよ、夜にゆっくり会えるからね。
f0149057_1595472.jpg夫の実家に来る目的は、道東の日帰りドライブをめいっぱい楽しむこと。
母も楽しみにしているので、親孝行にもなるから一石二鳥。
さて向かった先は、「塩別つるつる温泉」

数年前に北見方面に出張するお茶の水博士に「どこか温泉ないかい?」って言われて、ここを紹介した時
「ツルツルって、、、、、、、わしが禿げてるからって、なんてことを言うんだよ~」
というベタな会話をしたことを思い出します。
もちろん、目的地からそう近くもないこの温泉に泊まり、温泉大好きな博士が「すっごくよかったよ!お湯もいいし、旅館の人も本当によかった」って喜んでくれたのよね。

温根湯
という温泉街からもうひとつ奥に位置するこの塩別温泉は、登山の帰りに寄る人も多いそう。
昔は本当に小さな温泉だったけれど、今は数種類のお風呂もあるし、露天も綺麗だし、なんたってやっぱりお湯がすごくいいんですよね。 本当にツルツルになるもの。

f0149057_1516233.jpgf0149057_15162029.jpg
さて今日も焼き肉屋です ^-^;
多分、北見で一番美味しいといわれている「堀口畜肉直営 焼き肉 ほりぐち」へ。
「生で食べられる肉しか出さない」というだけあって、びっくりするほど美味しいお肉ばかりで、夫が大喜び。
2日前にもホルモンを食べたばかりだけれど、母と私はやっぱりホルモンを注文~。
夫は、カルビとか豚トロとかステーキ肉とか、そういう普通のお肉が好きなので、ホルモンをおいしいおいしいとほおばる私達をみて首をひねってたわね。
街中からは外れているけれど、北見に来る機会があったら、ここがオススメ。
ちなみに北見の中では、ちょっと高めな値段設定。
隣に座っていた常連のお客さんは、100g3000円~のステーキ肉をモリモリと食べて、その後、丸ホルモン(笑) 

f0149057_1526518.jpg

今日も微妙な距離感の二羽
ピッピのろう膜の変色は良くなったり悪くなったりを繰り返しているけれど、去年からとっても体調がよさそうなので、安心してるところ。
老化が進んでいるprincipeと比べても、すっごく元気で若々しいんです。
あんよだってつやつや~。
ご飯もいっぱい食べるし、ろう膜以外は健康そのもの。


[PR]
2009年 08月 07日 *
いきなり暑くて、毎日昼間はげんなり。
それでも、北見は寒暖の差が激しいので、涼しい風の入る夜は快適。
父が亡くなった年などは、夜も気温が下がらない程暑い夏だったけれど、今年は、北見らしい感じがする。

今回困ったことは、principe。 夜、寝かせるため籠に入れるとパニックになったかのように暴れること。
実家に来たのは、去年の秋以来なのでかなり期間が空いてしまっているからか(以前は、4ヶ月おきに来ていたから)、落ち着かない様子。
自分専用の止まり木にはすんなりとまるので、忘れているわけじゃないんだろうけれど。
とにかく、私が起きている間は手のひらにいて(眠くて仕方ないのに)、寝る時になんとか籠に入ってもらい、そのまま2階へ移動し、枕元に籠を置き顔を見れる状態に就寝。
寝ている間も小さく「ぴー」と鳴くのに「はい」と応えなくてはならず・・・・・・。
この二日間あんまり眠れません。
たぶんprincipeもそうなんだろうな、、、、でも、昼間籠に入ることはなんでもないらしく、お昼寝は出来てるみたいなのでいいけど。

昨日は、お墓三カ所の掃除、今日は妹が合流し、母の誕生日をかねて食事会。
北見は、数年前から「オホーツク塩やきそば」がまちおこし的に盛り上がって、物産展などでも人気となりましたが、昔から有名なのはなぜか「焼き肉」なんです。
言われてみると、あっちにもこっちにも、住宅街にも「焼き肉屋」が数件あるのよね。
2月に妹と帰省した時から、また焼き肉屋に行きたかったので、今回は「香風園」へ。
f0149057_1431438.jpgf0149057_1432897.jpg
f0149057_1433733.jpgレバ刺しに、豚タケノコ(動脈だって)、カルビ。
レバ刺しがおいしとのことで楽しみにしていたら、山わさび(西洋わさびのこと)とお醤油で食べるそれは本当に美味しかった ^-^
3人とも、カルビなどのお肉系よりも、いわゆるホルモン系を好むので、他に豚ホルモン・牛タンなどなど、考えてみたらホルモン三昧。

トウモロコシを炭で焼くことも、焼き肉屋ならでは。
妹が一本食べきりました。

父の命日が明日8日で、毎年7日には北見入りし、3人で母の誕生日をするのが恒例イベント。
父が亡くなってもう8年、早いものだ。
北見に母が住んでいるのは元気な証拠なので、このイベントが続きますように、、、と思う。

f0149057_14265896.jpg

これは二日前の電車での移動中の画像
今のところお喋りも少ないし、とにかく母も妹もいるべき人が全員揃ってないと呼び鳴き。
みんなおちおちトイレもお風呂も行けません(T_T)


[PR]
2009年 03月 01日 *
f0149057_2332221.jpg金曜日から2泊3日で妹と一緒に実家に帰省。
子供の頃ならこの時期はマイナス20以下に下がることも多かった実家の地域。
毎日鼻も目も自分から上がる水蒸気でばりばりに凍りながら登校していたのが思い出されます。
温暖化を否定する人もいますが、やはり、今の気候は昔に比べると段違いに暖かいです。
マイナス20度を下回る日は少ないですもの。
それでも、もう札幌での生活の方が人生の大半を占める私達姉妹には、実家の気温がやはり寒い、、、、そんな体質になってしまいました。

夫が「寒い時期だから、principeは置いて行っておいで」と言ってくれたので、さくっと飛行機での移動です。

実家のpippiも元気そうでなにより。
でも、伸びすぎている爪を切ったら、滞在中「要注意人物」として、警戒されっぱなしで嫌われていました。
pippiのご飯も粟穂も栄養剤も、クリニックからのお薬だって、私が手配しているのにね、、、、寂しいわ。
去年の夏からの茶褐色なお鼻は相変わらずだけれど、それ以外は元気です。
principeの様に白内障になっていないし、安心です。
夏に会った時は、股引をむしってして、丸出しなあんよだったけれど、うっすらと股引復活しているし。
よかったぁ。
年に数回しか会えないから、「うるさい」って顔されるほど観察してしまいます。
principeは小松菜など青菜を食べなくなったけれど、pippiは今はむしゃむしゃと食べている。
色々と食にも変化ってあるんだなって。
昔よりもつやつやになっている羽を見て、ママと一緒に長生きして欲しいなって思うよ。


f0149057_23454248.jpgf0149057_23455345.jpg

妹と一緒に帰省というのは、父の命日の8月以外は本当に稀なことで、ママがとっても喜んでくれて、親孝行したって気分に妹となりましたね~。
ママを連れて「おくりびと」を鑑賞し、夜は、焼き肉有名店へお出かけ~。

「おくりびと」はネットで予約して行って正解で、実家の街で映画館が満席っていう光景は久しぶりにみました。
っていうか、ないかも ^-^;
「踊る大捜査線」の時だって、、、、半分くらいだったのに。
そして、この映画が面白かったバロメーターに、ママが一度も寝なかったというのがあります。
ママは、絶対に暗くなるとちょっと睡魔に襲われて寝るのが常なのですが、今回は「寝る暇ないくらい面白かった」そうです。
年配の方が多くて、いろんな意味で興味ある内容だったこともあるだろうけれど、くすくすと笑えてウルウルと涙ぐむという、その塩梅がいい映画だと思いました。

f0149057_053762.jpg私の実家のある地域は、焼き肉屋が多く、おいしいと評判なところです。
去年は「ブルータス」で特集を組まれたこともあって、「これはお出かけしなきゃね」って画策していたの。
高校生までしか住んでいないので、この地で、家以外で焼き肉を食べたことはないんですよね~。
まぁ、家でも炭焼きでだったので、十分美味しかったわけですが。

頼んだお肉は、牛カルビ、牛タン、生ラム、豚ホルモン、豚カルビ、豚トロを200gづつ。
多いかなって思ったけれど、炭焼きだし結局ぺろりと食べました。
右の炎に包まれているのは、豚カルビを焼いているところ(笑)
脂身が多いので、すぐにファイヤーです。

3人で「あぁ、食べに来て良かったね」って満足。
約1時間でぺろりと平らげて、pippiの待つ家に戻りました。

帰りの飛行機は13時5分発なので、朝ご飯を3人で食べたてゆっくりしていたらすぐに出発時間。
3人で食べて飲んで楽しかったので、短い時間だけれど充実したね~。

妹と女満別空港で、青い「流氷ドラフト」を半分ずつして飲みました。
味はハーブビールのようなさわやかな感じ。
変な甘みなどはなく、美味しかった、、、、今度は、青い色を楽しみながらグラスで飲みたいね。


という、濃い2泊3日を楽しんで自宅に戻ってみると、、、、、大変ですっ!!!
自宅に着いたのが15時過ぎなのですがっ、、、、ドアを開けると起きたばかりっぽい夫がいました・・・・。

・・・・・・・・

「さっき起きたの」

ええええええ?????? 今15時回っていますよ・・・・・・・・


焦って居間に入ってみると、principeがリビングテーブルの上に置いてあるお菓子入れに隠れていました。
怒っていじけて、抗議しているんです・・・・・。
声をかけても、目を合わせてくれません。

そりゃそうだよね、、、、14時過ぎまでタオルでくるまれた籠に入れられておかれたんだもの・・・・
多分、「起きてるよ」って鳴いていたと思うのだけれど、目覚ましも聞こえない夫には届かず・・・・

f0149057_0105587.jpg

「本当に怒っているんだよ!!!」

こんなことになるとは、、、、思っていなかったんだよね・・・・・はぁぁぁぁ(-_-;;


[PR]
2008年 10月 19日 *
16日から3泊4日で、実家へ帰省してきました。
今冬から居間と続いている温室を閉めて、室内にラックを作って、そこに鉢を置くことにしたので、その作業の要員です ^-^
父が亡くなってから、何度も検討したことなのですが、8年経って&石油高で、母もようやく踏ん切りが付いたようです。
それでも、30鉢はあるんですけれどね~、、、ま、当初は、かなりの数があったので、7割減くらいにはなっていると思いますが・・・。

f0149057_22394310.jpgf0149057_22395623.jpg母と外食は、オホーツクビアファクトリーへ。
そんなに食べられないから、4品。
そのうちの2品がこれで、「オホーツク塩焼きそば」と「エゾシカのソーセージ」
塩焼きそばは、最近とても人気なようですが、画像でみるよりも、ホタテがいっぱい入っていて、おいしいです。
母に、「エゾシカ」と言っただけで拒否されたけれど、食べさせてみたら、「意外とおいしい」とのこと(笑)
北海道の春の味覚、「行者ニンニク」が入っていたりして、なかなかスパイシーで美味。
この他に、マイタケの天ぷら、ゴボウの唐揚げ。
揚げ物ばっかりで、ビールがすすみます。
母の日常などを聞きながら、あっという間に時間が過ぎていきます。

f0149057_22553545.jpgf0149057_22554715.jpg前回の帰省から1ヶ月半程度しか経っていないのが幸いしたのか、いつにも増して実家に慣れるまでが早くて、すぐにリラックス。
いつも行けない場所にいけたりして、母と驚くこと数回。
体が不自由になって、さらに活動的になってるなって、改めて思いました。
実家のpippiは、10月8日でめでたく9才になりました。
クリニックの先生にpippiの鼻の茶変色について相談したみたけれど、元気で体重も増えて、、なら、年を取っての代謝の問題かもしれないとのことだったので、様子見。
実際、数年前にも同じことがあり、茶色のカサブタがぽろりととれたしね、、、。
今回も、はがれそうな感じだから、また、青いお鼻に戻ってほしいな。

f0149057_2322652.jpg

今回の帰省でのお気に入り場所、洗濯干しの上にて。
足が不自由になっておちりフリフリが激減してから、こんなにふかふかになりました ^-^
可愛いなぁ~


[PR]
2008年 08月 31日 *
25日から1週間実家に帰省してました。
principeは、薬が効いているようで、このところずっとしていなかったりんりんボールへの吐き戻しを実家では何度かしていたので、嬉しかったです。
吐き戻しをみて嬉しいというのもなんだけれどね~。
f0149057_14173278.jpgショックだったことは、実家のpippiのお鼻が茶色に変色していたこと。
6月に帰省した時は、水色だったのになぁ・・・・。
あと、白い股引部分を全部抜いてしまったようで、ピンク色のあんよが剥き出しになっていたこと。
「なんでpippiの足はこんなに長いんだろう?」って不思議に思っていたら、実は白い股引部分の羽根がまるで無かったんですよ。
2週間前に妹が帰省した時には、ぼさぼさになっていたけれど、「確かにあったよ」っていうことなので、この間に抜いてしまったんだね。
でも、今年になってから本当に羽根艶が良くて、今回も「そんなに食べるの?」ってくらいにゴハンを食べていて、爪を切るのに触ってみたら、ぱんぱんに太っていた ^-^;
どうりで羽音が「ばばばばば」と重いはずだ・・・・今、何gなんだろう・・・・。
お鼻の変色が気になって、自分は札幌のクリニックに連れて行きたかったのだけれど、母は反対。 
命にはいろいろな考え方があり、母の言うことにも納得し、様子を見ることに。
pippiはprincipeより1ヶ月早いだけだから、もう少しで9歳。
まだまだ母と一緒に生活して欲しいよ。

f0149057_14274463.jpg手前がpippiで奥がprincipe。
実家での特等席は、横になっている母のお腹の上。
2羽で場所取りにちょっと争ったりしてなかなか平和な時間(笑)

木曜日には母と一緒に「ポニョ」を観におでかけ。
ランチにふらりと入ったファミレスにて、自分:ペスカトーレ、母:カルボナーラを食べてみた。
が、、、、カルボナーラは、今まで生きてきた中で「これはっ!ひどい!」と思ったロンドンのヒースロー空港のそれを上回るまずさ!で、あぁ、めまいが・・・。
生クリームもパルメジャーノも卵さえ使っていないんだろうなって感じ。
じゃ、なんだっていうと、古いサラダ油と牛乳を溶いたスープスパって感じ(?) いや、言い過ぎではありません。
母が「これがカルボナーラなのかい?」って言うので、翌日、「正しいカルボナーラ」を作って食べさせたら、「これなら納得できるよ、イタリア」とかって言うので、爆笑させられた。
で、ポニョ、絵は本当に綺麗で良かったけれど、ストーリーはもっと膨らませても良かったと思うね~、なんて母と同じ感想だった。
f0149057_14433726.jpg夫に言わせると、「子供の反応が悪くて、宮崎が落ち込んでいた」そうで、それも納得かな。

さて金曜日の午後に夫が実家に到着。
去年仕事が忙しすぎてこちらに来ることが出来なかったため、今回は非常に楽しみにしているのだ。
着いてprincipeとしばしお喋りした後に、温根湯温泉までドライブ。
どうやら、「温泉三昧」を決めているようです(笑)

←の写真は、その温根湯の道の駅にある、「世界一大きな鳩時計」
鳩が出ると言うよりも、お人形とかがでてくるからくり時計って感じかなぁ。

道の駅には「日本一おいしいソフトクリーム」って看板が多いなぁ、、、と思う。
特にその種類も多いし、ご当地ソフトもあるし。
ソフトクリームは数年に一度くらいしか食べないので、自分は全然興味ないのですが、母も夫も結構好き(笑)
でも、今日は寒かったので、食べず、代わりに「ミント生キャラメル」なるものを購入。
しかし、ミントの味もせず、生キャラメルというよりチョコレートって感じなできばえで、がっかり。

夜はオホーツクビアファクトリーに行き、美味しいビールとお料理で、3人ともご機嫌。
小鳥2羽はお留守番が多かったので、不機嫌でした ^-^;


f0149057_14562944.jpgf0149057_1561577.jpg土曜日はちょっと遠出して、川湯温泉へ。
お昼に夫が食べた「たらば蟹天丼」、すごい量です。
エビ天に見えるかも知れませんが、大きなたらば蟹の足なの。

川湯温泉近くにある屈斜路湖畔には、砂湯があり、砂場を掘るとお湯が沸き出してくるので、子供の頃によく父や母が掘ってくれたり、自分たちが掘ったりして遊んだなぁって懐かしい。
あの頃は、なにも無かったけれど、今じゃ、すっかり綺麗に整備されて、例によって「日本一おいしい」ソフトクリームを売っている道の駅もあるし~(^_^;)
そういえば、ここには「イタリア直輸入!ピスタチオソフト」があり、夫が購入(笑)
ピスタチオの味はあんまりしなかったのが残念・・・・・。

この日は全国的に雨がすごかったけれど、美幌峠もやっぱり霧で視界は悪かった。
そんなこんなで夫が来てからは、母と3人で遊びほうけました。

f0149057_15164066.jpgこれは、実家のある街で盛り上がっている「オホーツク塩焼きそば」
この数年「名物にしよう」と頑張っているものです。
最初、馬鹿にしていたけれど、食べてみたくなり、今回は、オホーツクビアファクトリーでと、最終日にホテル黒部にランチでおでかけ(最後まで食べる食べる)
色々と決まりがあるのですが、味が塩ということとホタテが変わっているところかなぁ。

1週間の帰省は、いつも短く終わってしまって、母と「時間経つの早いよね」っていつも言い合うんです。
母にとっては、帰ってきて誰かがいる生活が楽しくもあり、ちょっと面倒でもあるとは思うのだけれど、確実に年取っているなって思う姿をみると、「もっとちょくちょく帰らないと」って痛切に思うこの数年。
お互い飼っているセキセイインコも年を取り、寂しくなってきました。
それだけ自分だって年を取っているんだから、母のためにも小鳥のためにも自分は健康でいないといけないのだ、、、とも、考える。




f0149057_15245870.jpg

「やっぱりおうちがいいよね~」
実家では、母にわがまま放題で甘やかされていたprincipeです。
母が腕時計をしていれば「外して」と時計とつつき催促し、
母のもとに走って来たのに、すぐに手を差し出してくれないと「じゃ!」と怒り、
横になった母のお腹に乗ろうとして、そのお腹が高い(お腹がでているってことね)から上れないと怒り、、、(母に「小鳥なんだから、ちょっと飛びなさい」と諭されていた)
楽しい夏休みだったね。

右足に力が入らない状態から良くなったと思ったら、今度は左が力が入らない様子
でも元気にお喋りしていますよ。
最近、自分の思い通りに動けない度に、すごくむっとした顔してぴゆどんを見るので、そのたびに、
「怒ってるの? 腹立つの?」って聞いていたら、とうとう・・・

「ハラタツ、ハラタツよね~」

ってお喋り・・・・・・。


[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon