きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2007年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧
*
*
2007年 11月 29日 *
今日は、まっちゃんが「アンリ・カルティエ・ブレッソン」のDVDを観ようよ!ってことで、我が家に来る予定。
そこで、昨夜Mどんから、「マダムのイタリア人のお友達はもう帰国したよん」とお知らせが入ったので、

「もう起きているだろうか?」

とドキドキしながらマダムに電話したら、「今起きたのぉぉぉ」とけだるい声。
この時、10時半(笑)
13時頃に集まるから来る?って聞いたら、「13時ね!だったら、いくわ~」って即決。

f0149057_22312931.jpg
まっちゃんが、「今週末のお料理教室で作るパスタを作るね!」って言ってくれたけれど、

「ふわふわ」なソースって???

って想像が出来なくて、ワクワクしていたら・・・・・

左画像(ちなみに3人前の分量です)を見て!
確かにふわふわです。
すごい、見たことない! しかも、molto buono!!!! 旨い!!!

バジルが無かったので、しそを代用してもらったのですが、これは、やっぱり、バジルがあうなって思った。
なんでふわふわ?っていうのは、今週末のお教室の様子で明らかになるでしょう。


f0149057_22354449.jpgf0149057_2233864.jpgマダムがイタリアから持ってきてくれた
Miele al Tartufo : トリュフ入りのはちみつ」です。
パンに付けてもぐもぐしていたけれど、「鳥肉とあうよね」って話になって、「肉あるよ」「じゃ、焼く?」ってことで、まっちゃんが、さくさくって焼いてくれました。
すごい美味しいそうでしょ?
そうなの、本当に美味しいの(笑) 


丁寧に鶏肉を焼いてくれたので、カリカリでジューシーです。
このところきちんとお料理していなかったから、大事なことを教わった感じだよ、どうもね。

f0149057_224173.jpg

一息ついて、本来の目的のDVDを観るまっちゃん。
そのまっちゃんで遊ぶprincipe・・・・

お料理している時に、計量するのにprincipeの体重測定用のデジタルスケールを使っていたら、
principeが怒ってまっちゃんにまとわりついて威嚇していた(笑)

まっちゃんは、、、、「うるさいよ、○○!」って甥っ子の名前を言って爆笑・・・・。




f0149057_22445140.jpg

「おまつは、僕の奴隷ですので、言うこと聞いてくださいよ」
今日は、いろいろとつまみ食いもできて楽しかったでしょう。
マダムもまっちゃんも「出たい!!」って騒いだら出してくれるものね~ やれやれ


[PR]
2007年 11月 25日 *
f0149057_0232033.jpg最近は、ペットのことをコンパニオンアニマル(伴侶動物)と呼びますね。
鳥も同じで、コンパニオンバード
同じ名前の鳥の専門誌「コンパニオンバード」(季刊)があり、その中の獣医さん紹介コーナーが今回は「さっぽろ小鳥のクリニック」なんです。

CAP!の松本さんの推薦で工藤先生の記事にということになったのですが、札幌までは取材が、、、ってことで、お手伝いすることになりました。
2月の「愛鳥塾in札幌」の縁から、こんな風に広がるとは、工藤先生も私も想像できませんでしたね~。

それで工藤先生と相談して、6月に一度取材をさせていただき、写真がイマイチ足りないと思い、7月の男前大会の前日に、花さんの小鳥さんたちの健康診断の様子を撮らせてもらいました。 
この時はぷっちゃんもいて、にぎやかだったよね。





f0149057_0221028.jpgf0149057_0222446.jpg
左は、百ちゃんが先生に診察をされている様子で、「なにすんだよぉぉぉ」ってお顔が可愛いですね~。

右は、めいちゃんが、同じく診察中。
でも、やっぱり、のほほんとしていて、百ちゃんほど暴れていないね~ ^-^

さて、こゆたんは、、、、、どの写真も必死なので、私もかわいそうで載せられないです。
そのうち、花ママさんにだけはプリントアウトしてお渡ししたいと思います。

内容は、工藤先生の意向通り、分かりやすいものにしました。
何度かのメールのやりとりで、先生とは意思確認がとれたので、ホッと一息。


f0149057_041966.jpgあとは、ハイクオリティー・フィードカップを載せようとのことになり、急遽、その画像を撮ることにしました。
最初は、カップだけで撮ったのですが、所詮、素人画像です。
よい画像は難しい、、ってことで、principeを入れて、大きさなんかも分かってもらおうと思いつきました。
が、、、、、、いつもと違うところに、大好きなCAP!の無農薬ご飯を入れても、全然近づいてもくれません・・・・。ただでさえ、小心者で用心深いのに ^-^;
しかも、「これと一緒に画像がとりたい」という下心があるので、尚更、思い通りになんて行くわけもなく。

結局、これだけに3日かかりましたよ(笑)
←みたいに、いけてない画像ばかりでした。 いや王子は可愛いんですが。

だましだまし、、、、結果、本の画像となったわけです。




原稿を入れたのが8月の末。
ヨウムのアレックス君が亡くなるという残念な出来事もあり、編集部も大変だったようです。

花さんの百ちゃんと王子は、お顔が似ているので、二人で「親子♪」って楽しんでいるから、これはとってもいい記念になりました。
あと、これを見ると、ぷっちゃんを絶対に思い出します。

そして、次のページをめくると、オリーブさんが出ているではないですかっ!
しぇふさんと、「すごい!すごーい」ってメールで盛り上がりました。

f0149057_0482181.jpg

これは、我が家にきて3週間目くらい。
もう飛んでいたけれど、重度のそのう炎、鼻炎・眼炎で本調子になることが出来なかった頃かな。 
あのままショップにいたら・・・・・と思うと、我が家に来るのも運命だったのね。
あの頃は毎日辛くて泣いてばっかりだったけれど、それが、今じゃ、百ちゃんと本に載ったね♪
どの子も、元気で楽しく過ごして欲しいよ。


[PR]
by p1yukun | 2007-11-25 23:59 | 小鳥 *
2007年 11月 24日 *
f0149057_23553281.jpg夫が昼まで起きられず、お出かけのタイミングを失い、すかさずDVD鑑賞。
夜中までなんだか仕事の本を読んでいたので、疲れてだめだったらしい、、、、ワーカホリックなんですよ・・・。

で、私は、前から見たかった「Paris Je t'aime」を取り出した(笑)。
画像は、「1区」のシーンからコーエン兄弟が撮ったもの。

淡々と、1区から20区まで、パリの街並みが堪能できる作品で、テンポがあって、なんとなくほんわかと幸せになる感じ。 もちろん、悲しい物もあるけれど、それも人生っていうフランス映画だ。 
色々と好きなものはあるだろうけれど、自分がこれってステキって思ったのは、7区のパントマイムの二人が出会う話。 最初は、変な人、、、というだけの彼が、とある場所で同じ魂を持った彼女と出会うことで、こんなにも素敵な話なるんだなぁ、、、って、ため息。 
この「ある視点」という考え方がステキ。 あとは、、5区、6区、9区、12区、14区、19区、、ってほとんど全部好きって感じかな。 これは良くできていると思います。

f0149057_0142912.jpg

「でかけるんでしょ?」


f0149057_0155772.jpg

「そうなんでしょ?!」


f0149057_0162410.jpg

「だったら早くいっておしまい!!!」

おなじ画像に見えるかもしれないけれど、20秒くらいこのままのカメラ目線だったでスリーショットなのよ 
お出かけする時にはダイニングテーブルに移されるので、いきなり面白くない顔になります ^-^ かわいい♪  


[PR]
by p1yukun | 2007-11-24 23:52 | 日常 *
2007年 11月 22日 *
先週起こった事件から、今週も、それが引きずっていて、生気は全部ダークサイドに吸い取られた感じ。
今朝、大通りまで地下鉄ででかけたけれど、「もう面倒だ」って思ってタクシーに乗った、、、、全く時間の節約にもならない選択で、更に、自分が嫌になった(笑)

f0149057_21421668.jpg大学は冷たい空気でぴーんっと貼っていて、良い感じ。
タクシーの運転手さんと、「まだ銀杏拾っているね~、でも寒いよね」なんて話す。
見てるだけだと素敵なんだけれどね、、、、、(笑)

仕事の合間、M嬢やyumiちゃん、painmamaとかとお話して、気を持ち直してみたら、普段のポジティブシンキングが出てきたところで、外国出張しているお水の博士から電話あり。
あんまり明るいから、拍子抜け(笑)
なんだか救われた感じがして、さらに気分が良い感じ。
やっぱり、人生はこうでなきゃ。

左の画像は、今年はいっぱい咲いたデンマークカクタス。
引っ越ししてから、植物の育成には苦労しなくて嬉しい。

白と赤、ピンクの3色植え。


f0149057_21443540.jpg

朝からちょっと具合悪そうなprincipe。
吐きすぎなんだよね・・・・・ちょっと、オエオエしすぎて、カポカポと変な音立てているの。
それも気になって、大学でも、ドキドキでした。
奴隷にならいつでもなるから、ゲロゲロは控えようよ、、、よろちくね。

principe「もっと奴隷になれ・・・・くるしゅうない」            
はい、お世話を怠ってしゅみましぇん・・・・・。
ということで、職場のストレスは家庭に持ち込んだらだめなのよぉ ^-^;

f0149057_22421097.jpg

■ お ま け 
 22時過ぎの札幌中心部はこんな雪模様です 
さむさむっ!!!!


[PR]
by p1yukun | 2007-11-22 21:34 | 日常 *
2007年 11月 19日 *
今日はひょんなことから、オリーブどんどん♪とメール交換する機会があり、なんだか良い日。

f0149057_2328626.jpg

この脇から飛び出ている羽が好き♪



f0149057_23282584.jpg

遊んでいるときにかけるあんよは、必ず左♪
平和でいいなぁ~ 
毎日こうだといいのにね~


[PR]
by p1yukun | 2007-11-19 22:21 | 小鳥 *
2007年 11月 18日 *
f0149057_030619.jpg
今日も寒い札幌。
夫もいつもの読書に忙しいようで、出かけないようだ。
ということで、「ダイ・ハード4.0」鑑賞となった。

いつものように、ちょっと無茶な設定だけれど、面白かった♪
やっぱり、ジョン・マクレーンは不死身だよね~♪
って喜んでいたのに、夫は、「あそこがおかしい」とか脚本のあら探し。
内容がシステム関連だったのがいけなかったのか、分析ばっかりで、びっくりだ ^-^;
そんなことよりも、このお金のかかった映画を楽しんだ方がよいのにねぇ~なんて、思いながら、principeと一緒に見ていました。 
あ、、、principeは、ぴゆどんの口元でねむねむしながら、お喋りしていただけですが。

夕飯は、真狩の持ち豚使って、ハーブ焼き。
夫がお土産に買ってきてくれる熊本のケチャップが大人の味で、コレを仕上げに絡めたら、とっても美味しくできあがりました。
あとは、夫が「和風にして」と言うので、たらこ+タケノコ+葱のスパゲッティ。

ブロッコリーのスプラウトはちょっとぴりりと辛くて、お肉と一緒に食べると良い感じでした。


f0149057_033982.jpg

どうしてこんなに愛らしいのでしょうか!!!
このポーズに一番弱くて、

「もう、なんでも言うこと聞きますっ!!!」

と毎回なります。


[PR]
by p1yukun | 2007-11-18 23:17 | 日常 *
2007年 11月 17日 *
今日は1ヶ月振りのバードカービングなので、昨日からワクワク。
仕上げれていない四十雀を完成させるのだ。
でも、その前に、豪快先生のところに呼ばれていたので、お教室前の20分だけ寄らせてもらった。

f0149057_0434990.jpgf0149057_0441057.jpg

今、モンゴルからお客様が来ているので、そのモンゴルの方が水餃子を、イデさん達もお料理作ってくれて、お昼からパーティーなのだ。

既にお茶の水博士が「ぴゆどん!!!このキャビア!すごいおいしいじょ」ってテンション高い(笑) 
モンゴルで買うと400円くらいなのだそうだが、日本で買うとゼロが2つは付くだろう高級品です。
確かに自分が今まで食べた中で一番美味しいです。(左の黒い物がキャビアです。一緒にあるのはゆで卵。 この組み合わせがいいらしいです。)

水餃子はとっても綺麗に作ってあって、感激。

イデさんに挨拶して、早々においとまです。

さて、バードカービング。
細かくなればなるほど、出来ない、自分で判断出来ないの。
先生は、迷い無く筆を動かすけれど、全然できません。
雪丸ちゃんも「着色が一番むずかしいかもね」って、フクロウを彫りながら教えてくれた。

で、できあがったのが、これです。
principeは、そんなに嫌がらなかったけれど、歓迎はしてくれませんでした。

f0149057_0524625.jpgf0149057_053471.jpg













f0149057_0532373.jpgf0149057_0534093.jpg













f0149057_0555835.jpg

「僕ね・・・・・」
この縄で遊ぶ時は

①眠いので寝かせて欲しい
②家事はいい加減にして遊んで欲しい
③純粋にこうやって遊びたい

この時は、①。 これは、私にしか分からないのだ ^-^


[PR]
by p1yukun | 2007-11-17 23:38 | 小鳥 *
2007年 11月 14日 *
f0149057_23363485.jpg昨日は誕生日だったので、夫から毎年恒例のお花が届いた。
去年もそうかな、、、、、前の日につまらないケンカをしているけれど、ちゃんと送ってくれるところが、偉いなって思う(笑)
毎年、「principeカラー : 白・青・黄」で構成されてくるのだけれど、今年は、夫の意図を反映していないようで、「ちがう、、、ピンクなんて頼んでいないのに」ってがっかりしていた。 ^-^;

そうそう、夫が楽しみにしていたゲルギエフのオケも観に行くという誕生日らしいイベントもあった。 普段、クラッシックは私に付き合って聴くくらいなのに、今回、夫がどうして行きたがったかというと、夫が読むビジネス書にゲルギエフのことを「境界線を越える人」ということで紹介されているのだそうだ。 確かに、パワフルな人らしいし、実際、オケを再生させている。 
ということで、夫は、初クラシックコンサート、初kitaraで楽しみにしていました。

でも、巨匠はちょっと疲れていたのかもしれない。
パワフルな指揮だったけれど、なんとなく、そう思う(笑)
後ろに座っていたクラッシックに詳しそうな夫婦が「やる気あるのかなぁ、あいつ」とかってぼやいていたよ。 もちろん、「ブラボー!!!」って叫んでいる人もいたけれどね。
ものすごくゲルギエフが大好きな人は、感激しっぱなしだったし。
 
ノビーが「曲目がちょっと重いねー」って言っていたけれど、確かに。

夫の見所は、音楽を楽しむというよりも、ゲルギエフの指揮とオケの反応だったようで、ずっとそればっかり観察していたらしい。 どこ見ていたとか、こうしたらどうするとか(笑)
私は、ティンパニーがとっても忙しそうで、その動きに魅せられてしまった。


今日、アンナと大丸の栗原はるみのカフェでお茶の約束。
アンナを待っている間に、大丸をうろうろ。
アクセサリーショップを覗いていたら、あれれ???? この切り紙の小鳥は・・・・・
夏にPAULSMITHで買ったTシャツの柄じゃないですか!!

しげしげと見ていたら、店員さんに話しかけられたので、聞いてみたら、今シーズンの大丸デパートでは、この小鳥ちゃんがイメージキャラクターなのだそう。
私が、色々と詳しくきくので、「じゃ、今、内緒で、一枚持ってきますね」って言ってくれ、本当にくれました。

f0149057_082548.jpg

この切り紙を作っているのは、Robert Ryan というロンドン在住のアーティストです。

大丸に行ったら、ちょっと気にしてみてください。
あっちこっちに、この小鳥ちゃんが飾られていて、そして、買い物袋も、この小鳥ちゃんモチーフなんですよ。


アンナに会って元気そうで安心した。
二人で、甘い物をつつきながら、歓談。 こういうちょこっとデートもいいね。
[PR]
by p1yukun | 2007-11-14 23:30 | 小鳥 *
2007年 11月 11日 *
この数ヶ月、少しつつ読み進めていた「フェルメール全点踏破の旅 」(朽木ゆり子)をやっと読み終えた。
ゆっくりした時間(これがなかなか無いのだ・・・・)とか、地下鉄を待つ時間や乗車中(私には、この短い時間がとっても集中して本を読めるんです)、大事に何度も前に戻ったり、行ったり来たりして読んだので、時間がかかった。 
もちろん、他にもいっぱい本を読んでいるので、フェルメールだけを二股状態にしていたのです。

f0149057_048722.jpgで、改めて、「原寸大美術館」(結城昌子)の本を開き、フェルメールの作品を見てみたら、1ページに原寸大に収まっている作品もあるのよね。

小さな作品が多いフェルメール。
全点は無理だけれど、見たい作品がいっぱいあるよ。

好きな画家の絵を全点見るなんて、いいなぁ、ステキだなって思いながらいました。








f0149057_0524734.jpgf0149057_053249.jpg














こんな感じで、みんな仲よく(右の画像はprincipeが遠いですがね ^-^;;)過ごした3日間でした。

雪丸ちゃんがインターフォンをならす5秒前に、ピーコちゃんが「じぇ!じぇ!じぇ!!!!!」って騒ぎ出して、びっくりです!!! 
すごい、やっぱり、母の気配を感じるんだね。

chisatoさん、paruさん、私にまで気を遣っていただいてありがとうございます~。
すごく嬉しかったですよ。

そして、雪丸ちゃんからもバードシッターのお礼を頂いたのですが、恐縮です。
私は複数飼いを疑似体験させていただいて、それだけで幸せなんだよ。

明日起きたら、principeはまた一人だね。
でもきっと、何事もなかったかのように、一人で張り切って遊ぶんだろうな。。。。(笑)
[PR]
by p1yukun | 2007-11-11 23:41 | 小鳥 *
2007年 11月 10日 *
今日は、まりちゃんがMagariに移ってからの初めてのワイン会。
しかも、トリュフ:tartufoづくしのメニューとのことで、そういう高級食材に目がない夫が張り切って予約(笑)。

Magariは初めてなので、とっても楽しみだったのですが、本当に、綺麗なお庭にいい感じの空間の広さ。 厨房からお客様の反応が読み取れる造りです。

f0149057_15292516.jpgf0149057_15293850.jpg
左: formaggio di scamorzza e tartufo bianco
  白糠産酪恵舎スカモルツァチーズと白トリュフ
  vino:franciacorta Brut N.V. / Ca'dal Bosco
右:Carpaccio di olmo a Vapole
  蝦夷アワビのヴァポーレ 黒トリュフの香り
vino:Sassaia 2005 / La biancara



f0149057_15313283.jpgf0149057_15314763.jpg
左: Risotto al tartufo bianco e uova in camicia
  白トリュフのリゾット 温玉添え
vino:Barolo 1998 / Aldo Conterno
右: Arrosto di agnello con salsa di tartufo nero  
  道産仔羊のアロースト 黒トリュフのソース
vino:Levia Gravia 2001 / Caccia al Piano



f0149057_15335145.jpg
Torta al cioccolato caldo
黒トリュフのフォンダンショコラ
vino: Recioto della Valpolicella 2002

どれもこれも、トリュフがいっぱいでしょ?
あっ!!! 削り節かと思われる画像のへたさですが、上にかかっているのは、トリュフですので、ご注意してください(笑)

最後のdolceはもう鼻の辺りにトリュフが残るくらいで、はぁぁぁ~って美味しいため息もトリュフ臭です。 贅沢ですね。

ワインも本当に美味しくて、スレンダーなまりちゃんが重い「マグナム」の瓶を持ってサービスしてくれる姿も美しかった。
Biancaraの750mlのものはよく購入するのですが、まりちゃんが「マグナムは全然違うから、飲んでみて!!」と教えてくれたけれど、本当に!!! 全然違うね~。 感激しました。

バローロもとっても美味しかった。

あまりワイン会にでかける訳ではないのですが、知っている顔もあり、みなさんの熱心さに感服。 我が家は、そんなこだわりがある訳じゃないから・・・お恥ずかしい。

でも、今回だけひとこと。
食通・ワイン通の方とご一緒させていただきましたが、そのほんの一部の方が、「リゾットの温玉いらない」とか「あわびが余計」とか「フォアグラはいらない」とか「デザートワインなんて・・・」とか、、、、批判されてらっしゃったけれど、この会は、私は、シェフが考えたお料理、ソムリエが考えてくれたワインのマリアージュを楽しむ時間じゃないかと思うのだ。 
嗜好はいろいろだろうけれど、好きなシェフ、好きなソムリエールがいるから、この会に来たのでは、なかろうか、、、、。
店から出て何を喋ってもいいけれどね・・・・・。
確かに、ひどい内容だったら仕方ないけれど、今日のは違うよね~、よく構成されていたもの。

私たち夫婦は、純粋にお料理とワインを堪能して満足だったのになぁ。。。。
あわびだってすごく柔らかくて美味しかったし、卵と白トリュフは相性ばっちりで、イタリア人のオススメの食べ方だし、フォアグラだって、羊につけて食べるとさらに倍増でおいしかったし、赤のデザートワインだって、黒トリュフと合っていたもの!
帰りのタクシーで、「お店は頑張って用意してくれているのにね」って残念だった。

以上、ぴゆどんの主観でした。

さて、これにて、飽食な食生活の一週間がおわりました。
私の胃よ、ご苦労様(笑)


f0149057_20502061.jpg

距離は縮まりつつあります・・・・。
principeがまだびびっているけれどね ^-^;


[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon