きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
*
*
2012年 01月 26日 *
f0149057_21543130.jpgf0149057_21535881.jpg
前からここの肉屋のメンチカツ(ミンチカツと書いてあった)を買い食いしたいと思っていたのです。
毎回、タイトなスケジュールだったので、行列に並べず後ろ髪引かれていたので、今回は、絶対に歩きながら食べるぞっ!とね(笑)

でも、食べていたら、鳩にたかられて、結構、彼らにあげちゃいました。
うーん、でもさ、牛肉食べて良いの?どうなの? ちょっと複雑な気持ちになっちゃった。

f0149057_21541376.jpgf0149057_21542542.jpg
f0149057_21542825.jpg中華街は旧正月で大賑わい。確かに、来る時の関空~神戸の高速船もチャイニーズであふれていたものね。

そして、こんな欲張りな自動販売機があって爆笑。
なんでも揃ってるよ、オリオンビールもあるんだよ ^^

これはミニチュアのメニューのサンプル。
すごく可愛いんだけれど、これじゃ、大きさが分からないね。
全部、おままごとの大きさです。

さて次は、三つ目の目的地へ。
阪急電車に乗って、移動です。


f0149057_21543472.jpgf0149057_21544912.jpgf0149057_21543752.jpg

f0149057_21544221.jpgf0149057_2154461.jpg
大好きな須賀敦子さんのゆかりの教会、カトリック夙川教会です。
アンナが神戸に引っ越した時に「須賀さんの教会に行ってきたよ」って聞いてから、自分も行きたくて仕方なかったんです。
おなじく好きな作家の遠藤周作もここの教会に所属していました。
ふたりは同じ時を過ごしていなさそうですけれどね。

夙川の駅で降りた時に、アンナに「右へ行くんだよ」と言われていたけれど、とりあえず、自分で用意したマップを広げてみていたら、若い女性に「どこに行かれたいのですか?」と聞かれました。 アンナから「神戸の人は困った人をみたらすぐに助けてくれる、それが当たり前になっている」ということを聞いたことがあったことを思い出しちゃいました。 彼女は、「その教会かどうか分からないけれど、まっすぐ見えるあの塔がある教会だと思います。この辺りで大きな教会はあそこだけなんです」と爽やかに教えてくれました。 すごく温かい気持ちになりました。 この親切のスマートさ、とても大事ですよね。 

そして、須賀さんの空気を感じる教会へ。
事務をされている方に中へ入る許可をお願いしたら、いろいろと説明してくださいました。
別にカトリックでもない須賀さんのファンだというだけの私に、ここでも色々と親切にしていただいて、とても、嬉しくなりました。
今回は特にぴゆがいない寂しさを埋める旅でもあったので、なんだか嬉しくて。

ネオ・ゴシック建築。
震災でこわれ、修復したパイプオルガンが響いていました。
ゆっくりとここで過ごして、いろんなことを思いめぐらせ、しばし休息。 教会ってそういう場所だものね。
イタリアでも教会巡りが趣味だけれど、こんなに「休む」ということをしたことはないかな。
もうすぐ足場を組んで、9月末まで耐震工事が始まるそう。
「本当に良い時にきましたね」と事務の方に言われたけれど、色々とそういう巡り合わせだったのかも。

f0149057_22503119.jpgこの日は神戸にも雪が降ったくらい寒かったのですよ。
なので、夙川のお蕎麦屋さんで温かい「湯葉とじ蕎麦」をいただきました。
十割蕎麦ということでしたが、おつゆはやっぱり関西風。
具が湯葉だし、これはこれで美味しいかった。
その後、お花のクッキーを買いに住宅地へ進んだけれど、「売り切れ」でした。寂しい、、(>_<)

その後は、第四の目的地へ ^^
[PR]
2012年 01月 26日 *
f0149057_11332241.jpgf0149057_11315545.jpg
チャータードビル。イオニア式の柱が綺麗。 ここのトイレは金庫部分を改造したものだそうで、見る価値ありだそう。
朝早かったので、中には入れず残念。 向かって右側にある入り口のランプがかわいい。


f0149057_11315273.jpgf0149057_1132658.jpg
同じくチャータードビルの美しい円柱。 いいね、こういう眺め。
ディオールのこの壁の造りがステキ。 朝、きらきらしていて見ていてワクワクしました。


f0149057_11314874.jpgf0149057_11315988.jpg
ヴィトンのメゾン。さすがにとても綺麗。震災で全壊したオリエンタルホテルの跡地に誕生した複合施設なんですって。中もとってもゴージャス。 
大正11年に建築されたアメリカルネッサンス様式(ボザール様式)の商船三井ビルディングの壁。こういう造りを建築用語でルスティカ仕上げというそう。


f0149057_1132246.jpgf0149057_1132924.jpg
NOF神戸海岸ビル(旧海岸ビル)。旧三井物産の神戸支店。
旧居留地38番館もイオニア式の円柱で、同じくアメリカルネッサンス様式。


f0149057_11332986.jpgf0149057_11333822.jpg
旧神戸証券取引所の外観を復元したものだそう。この地域には下が重厚な古いもので上は高層オフィスビルという様式が多いね。 いろんな考え方があると思うけれど、こうやって、古いものを復元した建物を上手に使っているの様子もいいと思う。
最後は神戸市立博物館。新しい建物なのに、綺麗で雰囲気あるよね。


f0149057_113341100.jpgf0149057_1333945.jpg
同じく博物館の綺麗な円柱。 なんとなく、円柱みると写したくなるのよね。
大丸横にあるジーニアスギャラリー。こういう建物みるのも新鮮でいいね。

この後は、中華街みてぶらぶらメンチコロッケ買い食いしたりして、三つ目の目的地へ向かいました。
[PR]
2012年 01月 25日 *
お休み二日いただいて、神戸に一人旅にやってきました。
目的は4つ。 まず一つ目は「神戸花鳥園」で鳥三昧をすることですっ ^^
f0149057_145426.jpgf0149057_1452291.jpg
何をしていてもかわいいモモイロインコ と カメラを近づけたら怒られた青い子(名前はなんでしたっけ? ^^;;)


f0149057_1451140.jpgf0149057_1451829.jpg
オオハシはかわいいよね。 もうみんなカップの果物をねらって頭にも肩にもどんどんとまろうとするので、重いです(笑)


f0149057_1453385.jpgf0149057_1455422.jpg
笑っているような寝姿のミミズク 花鳥園だからお花もいっぱい


f0149057_1454625.jpgf0149057_1454910.jpg
かものご飯を買ってまいたらすごいことに(笑) へりにおちたご飯を狙ってがーがーと上がってきます。

f0149057_1454265.jpgf0149057_14111327.jpg
中国の雉のギンケイ。特徴的なお顔が可愛くて笑っちゃいました。

神戸花鳥園は二回目。 一人だったし、いいだけオオハシと遊んでいました。 みんな果物カップ持ってないと冷たいけれどね(笑)
もわっとする鳥の匂いを嗅いで、なんとなく元気も出てきたよ。
丁度バードショーの時間だったので、それを楽しんで、フクロウと記念撮影させてもらったり。
平日ということもあって、あまり人はいなく、フクロウのこと詳しく聞いたり、背中を触らせてもらったり、もう満喫っ。

そして、15時半過ぎという中途半端な時間だったけれど、お腹すいたので、花を見ながらサンドイッチ食べてぼんやり。 ここでぼんやりするのもいいね ^^

f0149057_1455877.jpgf0149057_146434.jpg
バードショーで活躍していた「松」という名前のミミズク と とてもキュートなイワウロコインコ

f0149057_1461041.jpgf0149057_1461920.jpg
意外と近寄っても大丈夫なクジャクバト そして、神戸花鳥園で買えるOpiさんのポストカードとバッチ。

この後は、二つ目の目的、、、というか、最大の目的、アンナと三宮でデート。
あと5日で札幌に戻って来るけれど(笑)、行きたい行きたいと言って実現できなかった神戸で会うということをぎりぎりセーフで実現しました。
「よれよれで、ぼろぼろ」って言っていたけれど、お肌も綺麗で美しかったです。
ま、確かに、「うんと、あれ?なんだっけ」と頭が働いてなかったようだけれど(笑)
私達、いっぱい色んな事を乗り越えてきたもんね。
これからも、色々とあるだろうけれど、お互いに良い時を刻んで、ステキな女性にならないと。

とりあえず、一日目は、こうして終了したのであった。
[PR]
2012年 01月 22日 *
f0149057_1521371.jpg

もぐちゃんからお花をいただきました。
どうもありがとうね。
ぴゆも喜んでいるよ ^^

ぴゆが旅立って1ヶ月かぁ。 早いような遅いような、不思議な感じです。
デジカメで羽を写してみようと触った途端、びっくりするほどさみしくなってめそめそモードに逆戻り。
でも、ま、いいかね。

昨日は、近所の隠れた名店へ、三人でご飯。
いやー、夫も、みかどんも、私も、「美味しい!」とうなりました。
初めて食べる物、味、いつまで経っても「初めて」があるんだね。
「季節季節に行きたいね、次はとりあえず、3月だね」って、意気込みつよし。
そこはブログに載せられないので、残念なんだけれど、とっても感激しました。

今週は、あるところに一人旅してきます ^^ 
お楽しみに!


[PR]
by p1yukun | 2012-01-22 15:27 | 小鳥 *
2012年 01月 18日 *
f0149057_22201092.jpg

ずっと迷っていたデジカメを買いました。
これでぴゆを撮りたかったなぁ・・・・と。


[PR]
by p1yukun | 2012-01-18 22:20 | 日常 *
2012年 01月 15日 *
f0149057_4521875.jpg

今晩はみかどんを呼んでしゃぶしゃぶ大会。
みかどんの好きなほたてをいっぱい使って炊き込みご飯。
今日はちょっと変わっていて、ほたて貝柱+ドライトマト+ニンニクをお塩で軽く炒めたものに鰹だしで炊き込みました。
なかなか美味しかったよ。



f0149057_4521547.jpg

2008年2月のぴゆ。
この画像はこの日にupしたもの。
みかどんと「やっぱりぴゆいないと静かだよね。 前は、私達がしゃべると必ずぴゆが負けじと喋って、そしたら、自分も大きな声で喋って(笑)
ぴゆのおしゃべり無視しちゃいけないんだなって思ったりしたもの」
って話していたの。
本当、ぴゆっていっぱい喋っていたなぁと、、、 ^^


[PR]
by p1yukun | 2012-01-15 23:51 | 料理 *
2012年 01月 15日 *
f0149057_1685573.jpg

先週目について購入した小鳥のチャームがついた銀のネックレス。
普段、こういうものって買わないけれど、なんとなく身につけていたくて即買ってしまった ^^

あ、このリンゴ達は、豪快先生のところからいただいたの。
他にキュウイも干しかきも。 さゆりんとわけましたっ。

お仕事が3月中旬で終わるので、とりあえず、国内のどこかに行こうと画策中。


[PR]
by p1yukun | 2012-01-15 16:08 | 日常 *
2012年 01月 02日 *
実家のぴっぴは一年前に旅立ち、ぴゆも旅立ってしまいとても寂しいので、今年は母を連れてお宿で元旦を過ごしました。

ここは、網走湖近くの呼人温泉のある「北の暖暖」というオーベルジュです。
「北の暖暖」 http://www.only-hotsk.com/
みかどんから「ここはよかった!」と聞いていたので、暮れに速攻予約したんですよ ^^
民芸調の館内はなつかしい昭和なものがいっぱい、ふんだんに木が使われていて気持ちのよい雰囲気。

そして、こちらの楽しみは、とっても美味しい食事です。

f0149057_16561748.jpgf0149057_16561753.jpg
f0149057_16561393.jpgf0149057_16561331.jpg
f0149057_16561457.jpgf0149057_16561444.jpg
f0149057_16562676.jpgf0149057_16562797.jpg
あとはデザート。
もうお腹いっぱいで、蟹を食べたところで、私はほぼ夫に。
母はお肉以外は全部食べたね! すごいっ!
夫も大満足で、期待以上の美味しさでした。
ここまで美味しい物をいただけるなんて、感激でした。

f0149057_16561583.jpgf0149057_16562481.jpg
f0149057_16562898.jpgf0149057_16561552.jpg
外はこんな雪景色。
左は前日の夕方、右は朝の風景。
どちらも網走湖が望めるものなのですが、ちょっと分からないですね(笑)
湖にも氷がはって雪が積もっているしね。
ここは、海とつながっている湖なので、秋には鮭が揚がるんです。
緑がある時もいいけれど、こんな真っ白な世界もなかなかおつです。
雪なんて見慣れているのだけれど、道東の澄み切った空気が新鮮に感じさせてくれるのかな。
大きなお風呂に露天もありますが、特別室には、こんなステキなお風呂も付いていています。
夜は大きなお風呂、朝にこのお風呂に入りました。 満喫。

f0149057_17235075.jpgf0149057_17233533.jpg
朝食は網走湖を望めるようにとこんな大きなテーブルに一列にお膳を整えてくれました。
すっごい開放感。 5月下旬には桜がみれて絶景だとか。

母が「お正月にこんなにゆっくりしたのは初めて」って喜んでくれてよかった。
でも、「鳥がいないとあちこち行けるけれど、行けない不自由さもいいよね。 鳥がいないとこんなに寂しいなんて」ってぽつり。
母はぴっぴがいなくなって一年、一人だものね。
ぴゆに会えることいつも楽しみにしてくれていたからね。

実家に戻ると雪が積もっていて、夫がせっせと雪かきしてくれて、母は嬉しそうだった。
とりあえず、親孝行できたお正月でした。
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon