きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2014年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧
*
*
2014年 01月 29日 *
f0149057_18573041.jpg

またまたSagraでランチ
なんと本日はヒグマのお肉をいただきました!
kanaちゃんに「本日は、ヒグマもございまして」とオススメされた時に、
aacoちゃんが「ヒグマ、食べるか」ってエレガントに言うので、うんうん、食べる!って(笑)
Sagraだから美味しいはずということで、初めてのヒグマ。
道産子でも熊は食べる機会はないんですよっ ^^;;

村井君がオススメするだけあって、本当に、熊とはわからない程の柔らかい、くせもなく、ジューシーで
独特の弾力のあるお肉でした。

最初、ひよったのですが、ちゃんとおいしく完食しました。

その後、aacoちゃんとサリュへ寄ったら、
まりぽんもとびちゃんが
「私達がこの前食べた熊は、食べてしばらくしたら、ガオーっ!って熊のワイルドな味が襲ってきました。」
とのこと。
やっぱり今日のは、滅多にないくらいのよい処理のされかたをした熊だったのね。

一生に一度あるかないかの体験を、本日いたしました。 
村井君、「漫談も聞ける素敵な料理店」とか言ってごめん(いや、これも褒め言葉なんですが)


[PR]
2014年 01月 29日 *
f0149057_1152540.jpg

前に一本抜け、二本目は今朝抜けました。
ぽんぽんの兄弟達も、二本目抜けたかな。
一本目は、ほぼみんな同じ時期に抜けていたのよね ^^


f0149057_1152622.jpg

一番長い尾羽がないと、なんとなくこじんまりと見えます。
ひなぴーに戻ったみたいでかわいいな。
心なしか、動きやすそうに見えます。


f0149057_1152659.jpg

鏡みてた時なので、くわーっ!!!ってカメラに突進してきました。

昨日、アンナが遊びにきてくれた時も、ボール触った途端に、くわっ!って飛びかかってたね(笑)


[PR]
by p1yukun | 2014-01-29 09:51 | 小鳥 *
2014年 01月 24日 *
f0149057_11502277.jpg

風邪で寝込んでほぼ何も食べなかった二日間。
Sagraでランチの予定だったので、楽しみにしてました。
さつまいものポタージュに、からすみを効かせて、柿も乗っている滋味深いお味。
やっぱり、寒い日にはスープ、いいですね。


f0149057_11502289.jpg

ああ、どすこいポーションの一品(笑)
マッシュにポーチドエッグ、そして、ポテトチップにトリュフーっ。
すごく美味しい! でも、この量は多いよ、村井君^^;;;;


f0149057_11502315.jpg

モジャフィーヌさんと、プリモをどうすると迷って、選んだ二品
これは、「オマールのエキス」という文句にひかれたの。
エキスたっぷり、すごく美味しいですよ。 もう幸せです♪


f0149057_11502479.jpg

チコリをつかったほろ苦いクリームパスタ。
これも、美味しく、なかなか食べられない一品です。


f0149057_11502458.jpg

私は、シカ肉! ゴボウのピューレがまたあうね。
お腹いっぱいで食べれないと思ったけど、食べた(笑)


f0149057_11502572.jpg

村井君のやっちまった話を聞きながら、爆笑タイム
美味しいご飯作ってくれて、漫談まで(?)できるシェフはなかなかいないね。
今年も、またよろしくおねがいしまーす ^^


[PR]
2014年 01月 23日 *
f0149057_2327492.jpg

4日ぶりの本格的な水浴び。
おちりをちょっと濡らす程度はしていたけれど、今日は、頭からざぶんと飛び込むことも(笑)

思い切りしたら、もうそのあとは、ウロコインコとはわからないくらいな見目形^^

セキセイと違うことは、こんな濡れて翼が重くなっても、ドババババ!!!!と音を立てて飛べること。
ぴゆなんて、こんなに翼が濡れたら飛べなかったし、
お決まりで瞑想に入るので、カゴに戻ってました。

ぽんぽんは、このまま、気の済むまで、顔の周りや嘴を私の服でぬぐい、
そして、羽繕いして、「ぶいぶい」と抱っこを要求します。
羽を乾かしてからの方がいいので、乾いてない時は、遊びに誘ったり、
床暖をパワフルにしてから、床におろして遊んだりと、工夫しています。

ぬくぬくな室内だけれど、北国だからね。


[PR]
by p1yukun | 2014-01-23 19:25 | 小鳥 *
2014年 01月 21日 *

お料理教室なんて何年ぶりだろう~ ^^
鳥友、もんちゃんにお願いして、ミクニサッポロのお料理教室へ参加してきました。

まずは、もんちゃんが作ったお料理を説明を聞きながらいただきます。
へへへ(笑)

メニューは
 スープドポワソン
 子羊肩ロース肉のフライパンロースト スパイス風味
 鍋焼きタルトタタン
です。
どれも、お家でできるように作り方に工夫をしてくれています。
今回は、お料理に使うスパイスやハーブをお土産に用意してくださいました。
「帰りにお肉とかお魚だけ買えば、家ですぐ作れますよ」とのこと。
すばらしい心使いです。


f0149057_11493125.jpg

まずは、アミューズ 
人参のムースの上に、トマトの透明なジュレ(甘酸っぱくて美味しい)
こんなのおうちで出すと喜ばれるね。
私が作ったら、もっと大きなコップでバーンって出すけど(笑)


f0149057_11493295.jpg

ワンドリンク付き。
みなさん、ワイン会にも出られている顔見知りの方ばかり。
もんちゃんの説明がとても気さくで楽しいので、とても和やかに進行していきます。


f0149057_11493378.jpg

この日は、金目鯛やクロゾイ、タラ、帆立のヒモ、甘エビ(オススメの素材)などなど使って、
ごりごりと裏ごしされた、とても手のかかったものです。
とっても美味しくて、いやいや、こんなの作れるかしら、、と思うスープです。


f0149057_11493363.jpg

お肉に使うスパイス達 これを調合されたものが、お土産に着いてました。 嬉しいな


f0149057_11493490.jpg

仔羊のロースト こんなに上手に焼けるかな、、という不安を解消する料理の仕方を教えてくれるそう


f0149057_1149347.jpg

過去の料理教室でも何度かタルトタタンはやっているそうで
「でも、今日のは、かなり自信作のレシピです!」とのこと。
これもお鍋でやるのよね、楽しみっ


f0149057_1149351.jpg

お食事終わったら、さて、ミクニサッポロの厨房に入って、デモンストレーションがはじまります。
どこもぴっかぴっかで、ここに入れるだけでも、今日、来た甲斐があったなぁ


f0149057_11493665.jpg

ぴしっともんちゃん


f0149057_11493735.jpg

ミルポワの上に載せて、水分を使って蒸し焼きにすることで、柔らかく上手にお肉が焼けるんですって。
火をとおして、休ませてを繰り返してました。
やっぱりちょっとした手間暇をかけることは、大切ですね ^^


f0149057_11493722.jpg

クロソイに脂がのっているので、軽く焼くことでさらに美味しいスープになるそう。
これも、素材を理解していないとだめですね。
もんちゃんが「30分くらいでできるよ、このスープ」と言うので、早速作ってみたいと思います


f0149057_11493847.jpg

お次はタルトタタン


f0149057_11493929.jpg

こうやってカラメルかけて焼くと、90分後には


f0149057_11494025.jpg

こうなります
この上に、パイ生地載せて、さらに30分焼くのだそう。
タルトタタン型が無くても、手頃な鍋で十分できるもね。

普段はリンゴを蜂蜜とレモン汁で軽く炒めるのが好き。
でもこうやって手をかけてデザート作るのもいいね。 リンゴは体にいいし ^^


f0149057_11494149.jpg

最後のお話聞きながら、焼き菓子と珈琲頂いて、終了。
こんなにゆっくりおいしいお料理教室もあるんだな。 
そして、ちょっとしたプロの調理テクも教えてもらえて、とても充実していました♪


[PR]
by p1yukun | 2014-01-21 16:49 | 料理 *
2014年 01月 17日 *
小樽ノイシュロスという水族館近くにあるホテルへひょんなことから行くことに。

この辺りは、断崖絶壁という地形から、違う意味で夏場は肝試し的に賑わうところです^^;;
でも、あんまり気にしないので、その眺望を楽しめるお部屋にきちゃいました(笑)
天気悪くてどうかと思ったけど、チェックインしたと同時に天気が良くなって青空。
オーシャンフロントスイートからの日本海の眺めがとてもよく満足っ。

雪祭りが近づくと、このラグジャリーなホテルは台湾の方でいっぱいになるそうです。

このホテルは、全室に半露天風呂がついていて、温泉ではないけど、ゆっくりお風呂を楽しめるのが魅力。

さて、夕食は、スイート宿泊者用の特別ディナー「プレジール」。

f0149057_10151067.jpg

アミューズは、黄人参のムースリーヌとタラバガニ
酸味のあるジュレが蟹の甘さを引き立ててました
奥にあるのは、唐辛子のピクルス。 ここの自家製のピクルスは、どれも美味しかったです。


f0149057_10151092.jpg

サーモン・帆立・甘エビとやさいのパレット


f0149057_10151111.jpg

イベリコ豚のコロッケ
コロッケ、もうちょっと大きくてもいいな。 味がわからん。


f0149057_10151275.jpg

サツマイモのポタージュ 
セロリラブのアクセントが効いてます。 面白いお味

次の真立ちの達のセルクル プチヴェールのフリット添えの画像なし(笑)



f0149057_10151287.jpg


エゾアワビの炙り焼き
ウニも美味しかったな


f0149057_1015131.jpg

メロンの味だったかな


f0149057_10151388.jpg

お肉は選択で
私は、和牛フィレのステーキ
このお肉、とっても美味しかった! 多分、どのお肉よりもこれがオススメだと思われますっ^^


f0149057_10151425.jpg

夫が選んだ、鴨肉。
ちょっと固いけど、美味しい鴨でした

ここのコースの面白いことは、お肉のサービスの時に、ご飯(仁木町のお米)がつくこと。
お腹いっぱいだったけど、一口だけ持ってきていただいて食べたら、その美味しいこと。
フルコースにご飯、日本ならではですね ^^


f0149057_10151564.jpg

この他に、フロマージュも付き、最後は、デセールの盛り合わせ。

全体的にまあまあかな。
ホテルだからこんなものかな。
 
この後、ざぶんと半露天風呂に入れるのが、非日常的で、ここに来てみて良かったなって。
地下には、海水を使った大浴場もあります。
ちょっと変わってていいね ^^


[PR]
2014年 01月 16日 *
f0149057_0162376.jpg

朝の果物とお野菜を食べてご満悦


f0149057_0162422.jpg

昼は昼で、爪楊枝回しに熱中。
爪楊枝にはまっているようなので、袋つきを用意してあげてみたら、
これがまたとても楽しいらしい。
最初に紙をくちゃくちゃしてからの、楊枝まわし(笑)


f0149057_0162482.jpg

ゲージの全てのドアにナスカンつけられて「なんで、全部開かないのか?」と思案中。
最初は、水やご飯の戸をあけれるだけだったのに、
このメインの扉も簡単に外せれることに気付いてしまった。
開けれたはずなのに、ナスカンついてるので、開かない、、、、のだ(笑)

毎日色んなことして、どんどん進化をしているぽんぽん


[PR]
by p1yukun | 2014-01-16 21:14 | 小鳥 *
2014年 01月 13日 *
f0149057_19305662.jpg

円山に去年オープンした無化調のラーメン屋さん 円山 嬉
この日は寒かったので、私は辛味噌をいただきました。
生姜が好きなので、この辛味は好み。
スープを飲みきっても、確かに喉は渇かないだろうな。

塩味も味見して、次回は塩に決まりだね ^^

ただ、この店舗、、、、、、入っては消えてを繰り返す、、、どのお店も長くは続かないの。
それだけ心配。



[PR]
by p1yukun | 2014-01-13 15:30 | 日常 *
2014年 01月 12日 *
f0149057_1920449.jpg

去年なっていたオリーブの実
つけたままになってます
こんなに大粒は初めてだったので、なんとなく(笑)
二月頃に花がつくのでそれまでおいておこう


f0149057_1920457.jpg

ぽんぽんはリンリンボール破壊に夢中
ぴゆは転がしてたけど、ぽんぽんは壊して楽しむ


[PR]
by p1yukun | 2014-01-12 16:14 | 日常 *
2014年 01月 11日 *
f0149057_2339581.jpg

イタリア産のキャビアを入手する機会があったので^^


f0149057_2339675.jpg

キャビアって豪快先生のところで、本当に豪快にもりもりっと食べた時のことが印象深いなぁ。
その時に、キャビアってこんなに美味しいのかとビックリしたのよね

で、今回は我が家でも豪快にいただくことに決めてました(笑)

ちなみにこのキャビアは、そんなに塩気がきいてない、柔らかい味のキャビアですって。


f0149057_2339779.jpg

豪快先生のところで、こうやって、素朴にパンにぬってモリモリと食べたことを思い出して。
私はバターなしでいただきましたが、夫には、エシレのバターぬって、ロシア風に食べてもらいましたよ。

夫がいうには、日本人は生もの好きなので、バターなくてもいいのかなという感想。
でも、この組み合わせは、なかなかよさそうでした。


f0149057_2339870.jpg

ぽんぽんは、「キャビアなんていいから、出せ出せ!」と(笑)
最近は、この部分を責めるのが、流行らしいです。
(餌箱の間に、ぶれぶれですが、嘴とお顔がみえます)


f0149057_2339935.jpg

次の日には、鮪の漬けにのせてみました。

これはこれでいいけど、この日の夜に、昆布締めした鯛にトッピングしたら、その方がぴったり。
やっぱり、白身があうかも。

そして、お酒は、シャンパーニュや、スパークリングワインもいいけれど、
自分的には、日本酒もいいなって ^^


[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon