きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
2016年 05月 06日 *
赤崁楼のほうに歩いていくと、飲食店が集まったところにでます。
前回、肉団子食べておいしかったところに寄ってみよう。

f0149057_00001822.jpg

金得春捲
春捲きが有名なのでそれと、やっぱり肉団子。



f0149057_00001849.jpg

全然わからないですよね、これじゃ(笑)
春巻きといっても、どちらかというと、野菜捲きクレープですね。
これを二つくらい買い求めてランチにしているローカルな風景。
野菜がいっぱいで、パクチーに甘いピーナッツクリーム入り。
ちょっと不思議な感じ。
私はおいしかったけれど、パクチー嫌いな夫は、複雑そうです。
肉団子は小さくなった感じがする(笑)



次は、向かいにある、 阿松割包へ

脂身の少ない「痩肉」にしました。


f0149057_00001986.jpg

この蒸しパンがめちゃくちゃ美味しかった!
蒸しパンの類は、全く好きじゃないのだけれど、ここのは、本当においしくて、生地だけでも食べたいくらい。
胡麻だれかけて食べます。

席に座ると、おばさんがスープをサービスしてくれます。
ここの、また食べたいな。



f0149057_00001958.jpg

隣のお店には、こんなわからない詰め合わせが(笑)

f0149057_00001915.jpg

次は、青い看板のお店 富盛號碗粿 へ
台南発祥の食べ物の、碗粿ってなんだろうと思い、チャレンジ。

f0149057_00001959.jpg

茶碗蒸しみたいなもの?
うーん、食べると、かなりモチモチ。
茶碗蒸し味の、お餅のような、、、、不思議なものでした。

さて、次を目指そう。

信号待ちをしていたら、どこからか、ウロコさんのような鳴き声が、、、。
はっと、みると、薬局の軒先に、ウロコさん、コガネメキシコ、オカメちゃんが。

f0149057_00001933.jpg

この子、すっごくかわいい顔しています。
目もくりっくり。

f0149057_00002030.jpg

薬局の人が、「これをあげてみて」ってひまわりくれたので、
しばし、ウロコとふれあいタイム(笑)
ウロコちゃんのところには、ひまわり入ってなかったので、
あげると嬉しそうにぽりぽり食べてました。

ぽんぽんは、元気かな。






[PR]
2016年 05月 06日 *
f0149057_23581424.jpg

夫は朝ランに出かけたので、一人で朝食。
毎朝、ピータンがゆにしようと決めたので、今朝も(笑)
いやー、おいしい!



f0149057_23581462.jpg

夫が、朝ご飯を食べると決めていたのは、ここ
博義師燒肉飯


f0149057_23581449.jpg

焼肉飯(奥)と総合飯(手前)
違いは、総合だと角煮のような厚いお肉も乗ってきます。
夫は、この角煮のような肉が好ましいらしい。

f0149057_23581500.jpg

ハマグリのお汁。

私は朝食食べているので、ほぼ夫が飲むように完食。

さて、本日は、台南へ向かいます。
自強号(特急とか快速的なもの)だと、30分です。


f0149057_23581591.jpg

台鉄のマスコット。

台南駅から中心部へはタクシー使ったほうがいいです。
歩いたら20分くらいかかるかな。
暑い時は危険です。

f0149057_23581534.jpg

 集品蝦仁飯
海老飯が有名で、どうしても夫が食べたいらしい。
お店の人は、不愛想。
夫が切れそうになってましたが、なんとか、注文(笑)


f0149057_23581526.jpg

海老をさらにトッピング。
ちょっと水分多い炊き込みご飯って感じ。

すっごくおいしいとは思わなかったけれど、
こういうものも面白いね。

さて、10分ほどあるいて、台南のおしゃれカフェスポット神農街へ。

f0149057_23581552.jpg

こんな風に古い建物を上手にリノベーションしているお店が並んでいます。

f0149057_23581609.jpg

「鳩満満」って店名に魅かれて。

台南についてから、スイカジュース飲んだり、お茶飲んだり、そしてここで、レモンジュース。
この後、歩きながら、パッションフルーツ+緑茶。
台湾にくると、フルーツを使った緑茶や紅茶がいっぱいあって、それも楽しみ。
日本にもあっていいと思うけれど、
こんなにフルーツが安くはないものね。

その2へ続く。







[PR]
2016年 05月 05日 *
iPeen で見つけたのは、眺めのよさそうなカフェ
スマホがあるって本当に便利だなって思います。
マップも使えますし
f0149057_14333799.jpg

阮家茶坊 6階まで直通のエレベータがあります


f0149057_14333721.jpg
綺麗な眺め!
なんだか小樽の海をみているみたい(笑)

f0149057_14333858.jpg
店内はかなり広々
テラスも広い

丁度ランチタイムだったからか、みなさん、鍋料理を食べていました。


f0149057_14333833.jpg
私は、自家製の梅酒を
甘めです


f0149057_14333887.jpg
「この梅でつけているの、食べてみて」(多分、そんな説明)
梅の黒砂糖煮って感じ

途中、スーパーを覗いてみる
高雄よりさらに日用品が安い感じがしました


f0149057_14333818.jpg
もうちょっと時間があったので、線路沿いにある 芸術特区 へ



f0149057_14333848.jpg
これは、台鉄の駅の敷地を撮ってみた(笑)


f0149057_14333831.jpg
蘭がうまく木に寄生しています
これは初めてみたわ


f0149057_14333988.jpg
芸術って・・・

ゆるくていいね

そういえば、ここで飲んだスイカジュースがめちゃくちゃおいしかったな






[PR]
2016年 05月 05日 *

f0149057_14053331.jpg
着きました! 最近になって駅舎が新しくなったそうです。


f0149057_14053305.jpg
駅から10分くらい歩いくと、漁港が見えてきます。
お店がぱらぱらといくつか

f0149057_14053326.jpg
いろんなブログにでてくるのが、こちらのお店
注文シートに記入して、わからない料理は、おばさんに指さしして書いてもらいました。


f0149057_14053432.jpg
吻仔魚湯
店長おすすめの 吻仔魚焿 はあんかけぽい感じらしい
いっぱいシラスが入っていて、こういうスープもいいね


f0149057_14053403.jpg
これは、牡蠣のフライ
衣がやっぱり八角の味がして、おもしろいね


f0149057_14053430.jpg
ワタリガニのフライ
フライが多すぎだよ(笑)

友人の「揚げ物の王様」に写メを送りました。


f0149057_14053404.jpg
シラスのオムレツ

これもね、八角とシナモンの味がほんのり。
面白い味です
シラスがぎっしり入っていて、贅沢ね

ビールが飲みたくなるラインナップ、このお店にはない
こういうお店では、飲み物持ち込みOKなので
向かいのお店からビールを買ってきて、ここで飲みました


高雄にもどる汽車の時間まで2時間近くあるので、どこかで休みたいねってことで
台湾における食べログ的なアプリ iPeen を使ってみる


f0149057_14053425.jpg

これ、なかなかおすすめです!








[PR]
2016年 05月 05日 *
今朝は、「外で朝ご飯にする!」って張り切る夫に付き合い

興隆居
果貿來來豆漿

どちらも、有名店ですね。

興隆居は 湯包
果貿來來豆漿は 肉包

私には同じ肉まんに見えるけれど、言い方が違うんですね。
f0149057_10475887.jpg
果貿來來豆漿の様子
ここで好きなもの取り、おばさんに会計してもらいます
お隣の興隆居は、中に入り込みますが、同じシステム

f0149057_10475872.jpg
手前が興隆居の湯包 これが、肉汁飛びだすほどジューシー 注意が必要です
奥が、果貿來來豆漿は肉包 ジューシーさは比べるとないけれど、我が家はこちらの味が好き

どちらも買って、どっちかのお店で食べる、、でいいらしいです。

で、夫が、やっぱり、豆乳のスープ飲みたいというので、

f0149057_10475818.jpg
果貿來來豆漿の 鹹豆漿

塩味のあんばいがとっても良く
想像以上においしかった


f0149057_10475894.jpg
さて、今日はちょっと遠出
特急で1時間ちょっとのところにある、枋寮 へ
f0149057_10475970.jpg

台鉄の特急列車はシートピッチがとても広くていいです

f0149057_10475998.jpg
車内ごとにお湯がでるこんなものが
レトロですねぇ
でも、いいサービスだわ

f0149057_10475949.jpg
車内販売もあります



f0149057_10475990.jpg
おなか空いてないけど、駅弁買ってみたくて(笑)


f0149057_10475912.jpg
排骨弁当
このお肉、おいしい(笑)

80元(大体250円)










[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon