きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
*
*
2009年 08月 27日 *
f0149057_23542174.jpgカオリンから来たはがきが可愛くて、デジカメ取り出したら、ぱっとやってきて、邪魔。
保手浜孝さんの版画が大好きで、しかも、鳥を頭にのせているし ^-^
アンニュイだけれどなんかほのぼの、、という感じ。

実家から帰ってきてから、毎日出かけていたので、久々に今日は小鳥孝行の日。
出かけないなって分かるのは早くて、朝からご機嫌で頭を振って遊んでた。
お昼寝にも付き合ってもらって、一日中べったり一緒。

新型インフルエンザがどんどん押し寄せてきているので、前に買っておいた手を消毒するものなどが活躍しはじめました。
鳥にうつったら大変と、いつにも増して夫と手洗い強化。
神経質になっても、、、という意見もあるけれど、、、、、、やっぱりどうしてもねぇ。

f0149057_2354278.jpg

あんなに遊んでいたGOGOペンギンとも一切関わりなくなってしまったこの頃。
いっぱい控えて居るんだけれどね~。
今週は足が丸まりがちで不自由そうだけれど、相変わらず元気に遊んでいます。

昨日・今日とだだちゃ豆がおやつで、とっても嬉しそうでした。


[PR]
2009年 08月 23日 *
f0149057_200226.jpg


朝「おはよう」と声をかけて籠を覗くと、まだこの体勢のままでゆっくりしています。
このままのびをして、ゆっくりとえさ箱からでるのは、空気の入れ換えをするのに窓を開ける頃やっとかな。
その間、3分くらい、、、のんびりしているよね。

去年足が麻痺するようになってから、本当に久しぶりにこの寝姿を見ました 016.gif

クリニックの工藤先生にも、以前この寝姿を見せた時に
「あぁ、ぴゆちゃんは、本当に熟睡しているんですね~」
って笑われました。

元気なんだけれど、あんよとお鼻が冷たい時が多いので、飼い主は気をつけるべし!ということなんだろうな


[PR]
2009年 08月 19日 *
f0149057_0353100.jpg

まただらだらと換羽が・・・。
今回はまゆげ位置が深くくぼみました

f0149057_0362044.jpg

「なにか用があるのか?」
いえ、、、まぁ、そうですね、あなたの体調はどうですか?


f0149057_0371654.jpg

「いいよぉ~
だって、体重だってOKなんでしょ?」
そうね~、そうだね。
気になることは一杯あるけれど、それは奴隷の心配だものね ^-^;
今日も楽しく過ごせてよかったよ。


[PR]
2009年 08月 11日 *
f0149057_0402411.jpgオホーツク塩焼きそばに続く(?)第二弾は、オホーツク干貝柱塩ラーメンだそうです ^-^
塩焼きそばと違うのは、オホーツク沿岸と地域が広範囲なところ。
北見で参加しているのは、今のところ、駅近くの「中華料理 菜華」と、少し街中から郊外の「中国家郷屋台 笑安記」。
妹が来た時に、母と三人で菜華の方で食べたので、夫とは笑安記の方へ出かけてみました。

二つしか食べていないけれど、これはっ・・・・・私と母は菜華の方がおいしいかもっ、と思いました。
というのも、笑安記もいいけれど、帆立の風味が一段と濃厚なのは菜華。

オホーツク干貝柱塩ラーメンは一応、こんな決まりがあります。
1)正式名称は「オホーツク干貝柱塩ラーメン」とする
2)蒸し戻したオホーツク産のホタテ干貝柱をまるごとトッピング
3)麺にはオホーツク産小麦を使用
4)スープはオホーツク海の自然塩や天然ホタテエキス入りの塩味
5)ホタテ干貝柱以外の具は半熟卵半個、ネギ、ワカメ、いりごま等
6)薬味に特製「オホーツク醤(ジャン)」を別皿で添える
7)価格は税込み1000円未満

XO醤をもじった、オホーツク醤が美味しくて、これだけでも製品化して欲しいところです。

f0149057_0512937.jpg

ちょっと暗い画像ですが、ピッピが夫の肩にとまっているところ。
もう札幌に帰るというところで初めて来ました。

今朝は、「札幌に戻る」って分かっているprincipeが朝からとっても上機嫌に唄いまくっていました。
あんまりにもそれが鼻についたのか(?)、ピッピがいきなりprincipeの背中に乗りました。
驚いて私のところに飛んできて呆然とするprincipe、ピッピは、「いやっほー」って言っているかのように鈴をがんがん鳴らして頭を激しく振っていました ^-^;
その後も、母にとまっているprincipeを追い出して、母を独占。
この1週間で仲良くしている時もあったけれど、母を取られているようでいやだったのかなって(笑)
最後の最後に、跳び蹴りいや、飛び蹴りしてすっきりした様子です


f0149057_0572028.jpgf0149057_0573950.jpg

旭川辺り(あと1時間半)で、「ぴー!!!(暇だ!)」と騒ぎ出したので、指をいれて遊んでいるところ。
怒った顔していますが、超甘噛みです。

f0149057_0575089.jpgf0149057_0575889.jpg

江別過ぎたところ(あと30分)で、「ぴ!!!!ぴ!!!(もう出たい)」と騒いでいるところ。
へばりつくけれど、あんよの力は強くないので、すぐにずり落ちます。
いつものようにタクシー降りてマンションのエントランスで「ぴー!!!(おうちだぁ~!)」と絶叫っ!

お家に戻って、安心したのかいっぱいご飯を食べ、夫に甘えてお喋りしてご機嫌。
でも、体重は、、、、、30.5g!!!!
2gも減ってしまったわ・・・・
すぐに戻ると思うけれど、ちょっとびっくりしたのでした・・・・やれやれ。
[PR]
2009年 08月 10日 *
f0149057_23434624.jpg今回の帰省で行きたかったところが、阿寒湖畔手前にある相生という小さな街に位置する「シゲチャンランド」
いろんなところで制作活動をしていた大西重成さんことシゲチャンが、今は相生にて活躍しているんです。
ひょんなことからそれを知ったので、是非ってことで楽しみにしていたんです。
有名なものでは、昔モスバーガーにあったフリーペーパー「モスモス」の表紙や、坂本龍一のレコードジャケットなどがあるようで、「あれはこの人がデザインしていたのかぁ~」と再認識。

これはシゲチャンランド入り口。
こんなオブジェがドドーンと迎えてくれます。
f0149057_2344195.jpgf0149057_23441157.jpg
f0149057_23462927.jpgf0149057_23444055.jpg

f0149057_23594116.jpg

こんなかわいい顔していますが

f0149057_23595427.jpg

こんな存在感のあるオブジェなの ^-^
黒い部分は焼いて炭にして表情を出しています

他にもまだまだ作品が展示してあり、鹿などの骨を使ったオブジェなどもあります。
キャラクターでピーナッツマンやひょうたんおやじなど、ポップなものも。

夫と母と3人で「来てよかったね~」などと言いながら堪能しました。
トイレも綺麗でスタイリッシュなので、入った方がいいそうです(母談)



f0149057_01068.jpgf0149057_0102270.jpg
f0149057_0103337.jpgf0149057_010458.jpg

炎天下の中、1時間くらいシゲチャンランドを散策し、その後は、阿寒湖畔へ向かいました。
阿寒って子供の頃来たきりで、すっごく久しぶり。
お腹が空いていたので、すぐに食事。
私はワカサギの天せいろ、母は普通の天せいろ、夫は、ワカサギ天ぷら定食(笑)
冷たいお蕎麦が美味しいですっ。
阿寒といえば、「ホテル鶴雅」接客日本一になったこともあるというとっても豪華なホテルがあります。
ものすごく広い豪華な温泉に入って、あとは、湖畔散策。
夕方になってきて、日差しも和らいできて気持ちがよかった。

f0149057_0172173.jpg

朝から夕方までみっちり遊んで、夜は小鳥さん孝行。

おやつを食べる時は仲良しだね ^-^;


[PR]
2009年 08月 09日 *
f0149057_14541127.jpg実家は古いお家なので、生活感たっぷりの画像ばかりで恥ずかしいのですが、今回は2羽での様子がなかなか取れなくて。
ピッピは横になって本を読む母のお腹の上でお昼寝するのが大好き。
実家にやってくると、principeもその様子を見て、やっぱり同じことをしたがるんですよね。
なので、母のお腹の上を争うことになります。
まぁ、principeが勝てることはないんですけれどね ^-^;

今日は妹が14:19発の電車で札幌に戻り、14:19着の電車で夫がやって来るというバトンタッチの日です。
夫が来たらprincipeは少し落ち着くかなぁ、、、と期待してたら、やっぱり、夫を見た途端、目が輝いているではありませんか。
でも、10分くらいお話して、すぐにお出かけ~。
ごめんよ、夜にゆっくり会えるからね。
f0149057_1595472.jpg夫の実家に来る目的は、道東の日帰りドライブをめいっぱい楽しむこと。
母も楽しみにしているので、親孝行にもなるから一石二鳥。
さて向かった先は、「塩別つるつる温泉」

数年前に北見方面に出張するお茶の水博士に「どこか温泉ないかい?」って言われて、ここを紹介した時
「ツルツルって、、、、、、、わしが禿げてるからって、なんてことを言うんだよ~」
というベタな会話をしたことを思い出します。
もちろん、目的地からそう近くもないこの温泉に泊まり、温泉大好きな博士が「すっごくよかったよ!お湯もいいし、旅館の人も本当によかった」って喜んでくれたのよね。

温根湯
という温泉街からもうひとつ奥に位置するこの塩別温泉は、登山の帰りに寄る人も多いそう。
昔は本当に小さな温泉だったけれど、今は数種類のお風呂もあるし、露天も綺麗だし、なんたってやっぱりお湯がすごくいいんですよね。 本当にツルツルになるもの。

f0149057_1516233.jpgf0149057_15162029.jpg
さて今日も焼き肉屋です ^-^;
多分、北見で一番美味しいといわれている「堀口畜肉直営 焼き肉 ほりぐち」へ。
「生で食べられる肉しか出さない」というだけあって、びっくりするほど美味しいお肉ばかりで、夫が大喜び。
2日前にもホルモンを食べたばかりだけれど、母と私はやっぱりホルモンを注文~。
夫は、カルビとか豚トロとかステーキ肉とか、そういう普通のお肉が好きなので、ホルモンをおいしいおいしいとほおばる私達をみて首をひねってたわね。
街中からは外れているけれど、北見に来る機会があったら、ここがオススメ。
ちなみに北見の中では、ちょっと高めな値段設定。
隣に座っていた常連のお客さんは、100g3000円~のステーキ肉をモリモリと食べて、その後、丸ホルモン(笑) 

f0149057_1526518.jpg

今日も微妙な距離感の二羽
ピッピのろう膜の変色は良くなったり悪くなったりを繰り返しているけれど、去年からとっても体調がよさそうなので、安心してるところ。
老化が進んでいるprincipeと比べても、すっごく元気で若々しいんです。
あんよだってつやつや~。
ご飯もいっぱい食べるし、ろう膜以外は健康そのもの。


[PR]
2009年 08月 07日 *
いきなり暑くて、毎日昼間はげんなり。
それでも、北見は寒暖の差が激しいので、涼しい風の入る夜は快適。
父が亡くなった年などは、夜も気温が下がらない程暑い夏だったけれど、今年は、北見らしい感じがする。

今回困ったことは、principe。 夜、寝かせるため籠に入れるとパニックになったかのように暴れること。
実家に来たのは、去年の秋以来なのでかなり期間が空いてしまっているからか(以前は、4ヶ月おきに来ていたから)、落ち着かない様子。
自分専用の止まり木にはすんなりとまるので、忘れているわけじゃないんだろうけれど。
とにかく、私が起きている間は手のひらにいて(眠くて仕方ないのに)、寝る時になんとか籠に入ってもらい、そのまま2階へ移動し、枕元に籠を置き顔を見れる状態に就寝。
寝ている間も小さく「ぴー」と鳴くのに「はい」と応えなくてはならず・・・・・・。
この二日間あんまり眠れません。
たぶんprincipeもそうなんだろうな、、、、でも、昼間籠に入ることはなんでもないらしく、お昼寝は出来てるみたいなのでいいけど。

昨日は、お墓三カ所の掃除、今日は妹が合流し、母の誕生日をかねて食事会。
北見は、数年前から「オホーツク塩やきそば」がまちおこし的に盛り上がって、物産展などでも人気となりましたが、昔から有名なのはなぜか「焼き肉」なんです。
言われてみると、あっちにもこっちにも、住宅街にも「焼き肉屋」が数件あるのよね。
2月に妹と帰省した時から、また焼き肉屋に行きたかったので、今回は「香風園」へ。
f0149057_1431438.jpgf0149057_1432897.jpg
f0149057_1433733.jpgレバ刺しに、豚タケノコ(動脈だって)、カルビ。
レバ刺しがおいしとのことで楽しみにしていたら、山わさび(西洋わさびのこと)とお醤油で食べるそれは本当に美味しかった ^-^
3人とも、カルビなどのお肉系よりも、いわゆるホルモン系を好むので、他に豚ホルモン・牛タンなどなど、考えてみたらホルモン三昧。

トウモロコシを炭で焼くことも、焼き肉屋ならでは。
妹が一本食べきりました。

父の命日が明日8日で、毎年7日には北見入りし、3人で母の誕生日をするのが恒例イベント。
父が亡くなってもう8年、早いものだ。
北見に母が住んでいるのは元気な証拠なので、このイベントが続きますように、、、と思う。

f0149057_14265896.jpg

これは二日前の電車での移動中の画像
今のところお喋りも少ないし、とにかく母も妹もいるべき人が全員揃ってないと呼び鳴き。
みんなおちおちトイレもお風呂も行けません(T_T)


[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon