きまま日記
p1yudon.exblog.jp
イタリア、セキセイインコ、お料理、モザイク、サッカーなどなど 2011年12月ぴゆ@セキセイが12歳で天国へ 2013年10月ぽん@ウロコインコがやってきました
by p1yukun
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
*
*
2010年 08月 13日 *
f0149057_0593556.jpgf0149057_0593635.jpg
f0149057_0593669.jpgf0149057_0593618.jpg
昨夜から、ピーコちゃん&チーコちゃんがホームスティに来ております。
この3羽は、全くお互いの領域を侵さないので(笑)、自由にさせております。
特にピーコちゃんは我が家の常連さんなので、どこに自分の好きなモノがあるのか熟知しているので、遊び方も上手。
今回は、ぴゆのブランコを見て私を見てを繰り返して、「いつもの白いブランコだして」とアピールも披露してくれました。
常々、知っているセキセイの中でピーコちゃんが一番頭が良いと思っているので、毎回感心します。

チーコちゃんも朝はご機嫌に出て遊び、水浴びしているぴゆをみて、私のところに何度もやって来たけれど、成功せず。
明日は、うまくできたらいいね。
とにかく、慎重なチーコちゃんです。
f0149057_0593468.jpgf0149057_0593513.jpg

ぴゆがトウモロコシを食べているところに近寄ってきて
  「食べてごらん」 
としきりに、ぴゆに勧めてくれるピーコちゃん。
ね、ホントに賢いでしょ。 たいしたもんだね、君は。

さて、久しぶりに、手料理の画像を。
サフランがなかったので、色がイマイチですが、海鮮パエリアに、蛸と帆立のアイオリソース仕立てのサラダ。
あとは、ハモンセラーノを添えてみました。
f0149057_0593411.jpgf0149057_0593831.jpg
どちらもかなり久しぶりに作ったかも ^^
海老は豪華に、北海しま海老を使いました。
頭の部分がまた美味しいのだ。
[PR]
2010年 08月 12日 *
台風で昨夜から大雨の道東です。
それでも、帰省してから初めてこんなに涼しかったからか、ぐっすり眠れました。
ぴゆはこの8泊9日、結局私の枕元に籠を置いて一緒に就寝。
いつもは暑いのではないかと室温が心配だったけれど、昨夜は寒いのではとしっかり覆って、何度か温度計を見たくらいで楽ちんだった。
母と二人だと粗食なのですが、妹が来て夫が来て、結構食べていたつもりだったけれど、母も私も意外とバテていてあまり食べていなかったようだ。
母も体重が増えていないようで、なにより。
田舎で一人暮らししていると、やはり、健康が第一だものね。

f0149057_23245844.jpgf0149057_23245891.jpg

さて、夫の飽食三昧の締めくくりは、去年食べてイマイチだった「オホーツク塩ラーメン」を食べ直すこと(笑)
母と私が美味しいと思った、駅前パラボ内の「中華料理 菜華」へ。

去年食べたお店と見た目は全く同じなのに、やっぱりお店によって味ってこんなに違うのね。

画像右側の「オホーツク醤」を入れると一段と風味がよくなって美味しくいただけます。
このオホーツク醤を売って欲しいなぁ、、、。

雨がひどいので、いつも駅まで見送りに来てくれる母とは、実家でお別れ。
また秋にね。 
このところイマイチな体調のぴっぴと共に元気でいてね。
f0149057_2324591.jpg

これは実家を去る30分前くらいに撮ったもの。
いつも札幌に戻る日はちゃんと分かっていて、今日も朝からハイテンション。
午後には遊び疲れて、物干しにうまい具合に収まってお昼寝。
滞在中はこの物干しで遊ぶのが日課のぴゆに、母がずっとぴゆのために置いてくれるので、助かります。 


f0149057_2324597.jpg

札幌に着く約1時間前くらいのぴゆ。

この日は、台風の影響で函館からの電車が遅れ、札幌駅構内もダイヤが乱れていて、
あと数百メートルで駅構内なのに、15分くらい停止してなかなか降りられなかった。

ぴゆは、ちょっとやきもき。

いつものようにタクシー降りたところで、「ぴー!!!」と雄叫び。

縄張りチェックして、ご機嫌♪


[PR]
2010年 08月 11日 *
小さい頃によく遊びに連れて行ってもらっていたチミケップ湖
実家からすぐなのに、子供の頃以外は行ったこともなかったところ。
去年阿寒に行った時に、なんとなく思い出していたら、ご近所のミカドンがついこの間チミケップ湖にまってきたと聞いて、俄然、「行きたいぃぃぃ」って ^^
ミカドンが「チミケップ湖、すごくいいよぉ」って言ってくれたのも嬉しかったし。

実家からほんの距離なのに時間がかかるのは、途中から1.5車線くらいの砂利道の上り下りがあるから。
小さい頃と全然変わっていない。
変わったことは、こんなへんぴな場所に「チミケップホテル」というステキな宿泊施設ができたこと。
キャンプ場は昔からあったからね。(もちろんトイレなど水回りは綺麗になってました)
ほんとうにそれくらいの変化。
そんなに人も来ないであろう森には、手入れがきっちりされていて、木が綺麗にまっすぐ伸びていて見ているだけで気持ちがいい、そして綺麗な湖がある、、そんな場所です。

f0149057_22383851.jpgf0149057_21284557.jpg
f0149057_21284532.jpgf0149057_21284529.jpg
f0149057_21284111.jpgランチメニューは、キーマカレー、シーフードカレー、カプレーゼのカッペリーニの3種類だったので、3人で3種類を頼みました。
夕食は、オホーツクの食材を使ったフレンチが振る舞われるらしい。
いいなぁ、泊まって見たいねって、3人でにやにや。

あいにくの雨だったので、宿泊客以外には私達を含めて2組だけのランチ訪問者。
聞くと宿泊客は結構いるらしい。

天体観測の好きな母の友人もここで働いているという。
確かに、ここなら綺麗な星が見れることだろうなって思う。
だって、空を邪魔する灯りは何もないもの。
f0149057_21284289.jpgなんて思っていたら、夫が「見晴台まで歩く」と張り切りだした ^^;
こんなに雨降っているし、なんで足場の悪い山道歩こうとするかなぁと、私は一気に不機嫌一直線。

しかし、母が意外にも同意したので、仕方なくこんな足場の悪いところを30分歩いて見晴台へ。

天気悪いし、虫はいるし、景色はこんな風に良くなかったですけれどね(笑)

あとで母に「ほら、あんなに気にしてあなたこと何度も振り返って見ていたでしょ、可哀相よ」と言われた。

この後は、チミケップホテルと同系列のノーザンアークリゾートの温泉へ。
場所は、チミケップとは全く別の端野町にあります。
どちらも実家からは行きやすい場所といえばそうかな。
めずらしく源泉掛け流しで、お肌もツルツル。
夫は昨日のお風呂よりも気に入った様子だ。 なによりなにより。

f0149057_21284396.jpg今日の晩ご飯は、「四条ホルモン」
つい数日前も、母と妹と来たので、1週間の間にこんなに食べるとはね(笑)
夫は初めてなので、とても楽しみにしていたらしい。
いつもの様に、母と私は、豚ホルモンに上ガツがメイン、夫は、サガリやカルビなど。
妹も、ホルモン好きだけれど、やっぱり、カルビなどのお肉も好きかな。

この日は、19時から50人の予約が入っているので、17時開店とともに19時までに食べて出るというお客さんでいっぱい。
私達も、17時半に入って、約1時間でかなりの量の肉を食べ尽くしました(笑)

f0149057_21284377.jpg

1週間いて初めての接近。
ぴゆは全く視線も合わせず、ぴっぴは、ぴゆの尾羽を一度つまんで母のところへ。
今回も全然、親交は深めることが出来ませんでした。


[PR]
2010年 08月 10日 *
妹が札幌に戻り、入れ違いで夫がやって来ました。
去年と同じパターン。
ほぼ同時に入れ違うので、母が妹を見送り、私が夫を出迎え。
そのまま、夫の希望で、網走湖畔に新しく出来た鶴雅グループのホテル「北天の丘」へ。
鶴雅はどこもお風呂が良いので、夫は鶴雅めぐりを楽しみにしているのだ ^^

母も私も、連日の暑さからシャワーで簡単に済ませていたので、しっかりお風呂に入って、入浴後にエアコンの効いたところでゆっくり過ごして、「やっぱりお風呂はいいね~」なんて、ちょっとばかり生き返った。

この後は、由稀ちゃんのブログで知った「酒菜亭 喜八」へ行きましたよ。
鯨と日本酒のお店というだけあって、鯨料理が充実しています。
もちろん、地物の海の幸もいっぱいあるし、サロマ牛もあるっ。
f0149057_123733.jpgf0149057_123959.jpg
  この辺では洒落たお店の造りです。
  今が時期の「北海しま海老」 
     夫はこれが大好きでねぇ、、、目がありません。
     この後も、近所のスーパーで買ったしま海老食べまくっていました ^^; 

f0149057_123945.jpgf0149057_124078.jpg
  鯨の赤身に、白いのは皮の部分。
     鯨にはいろんな考えがあると思いますが、私は日本の食文化を大切にしたいと思っています。
  釣りきんきの湯煮
     網走はきんき(金目鯛)が有名で、湯煮したものをソースでいただきます。
     私は網走っ子ではないので、ソースで食べるのは初めて。
     母と夫と三人で「意外なほど、ソースとあうのね」とびっくり ^^

f0149057_124087.jpgf0149057_123767.jpg
  網走ザンギ 
     ”ザンギ”というのは、北海道の方言で「鶏の唐揚げ」のこと。
     私は大人になるまで、ザンギと言うのが全国共通だと思っていました(笑)
     で、”網走ザンギ”というものは、「カラフトマス=オホーツクサーモン」を唐揚げにしたものです。
     とっても、美味しくて、これを丼にするのもうなずけます ^^
  右は、鯨の竜田揚げ。
     夫は給食に鯨の竜田揚げが出たというけれど、私の学校では無かったなどと、同学年でも地区によって違うねっていう話に。
     この竜田揚げ、美味しくて、すぐに完食です。
     母は、鯨ベーコンしか食べたことなかったらしいですが(食わず嫌い)、「おいしい」と喜んでいました。

f0149057_123676.jpgそして、これは、カラスハモ(クロハモ)の炙り焼き。
香ばしく焼かれたカラスハモ、美味しかったです ^^

画像にはないけれど、チャーハンがまたうまかったです~。
小さく刻んだ帆立がいっぱい入っていて、旨味もいっぱい。
これはお家で真似をしてみようっ!




f0149057_123896.jpg駐車場に戻る途中で、洋食屋さんがあり、このレトロな感じに3人で釘付けになりました。
しかも、ネーミングが面白いんです。
「シカゴ」に「アラスカ」などなど。
そして、ここに見えないけれど、「ホワイトハウス丼」。

夫が「家の近所にあったら絶対に行くよね」って、興味津々にみていました。
高校生くらいにこういうお店があると、すっごく嬉しいかもしれないね。
だって、ピラフに、ハンバーグに海老フライ。 どれもこれも、若い時に嬉しいモノばかり。
しかも、このボリュームですもん ^^


f0149057_123841.jpg

実家に戻ると、ぴっぴもぴゆもお待ちかね。
ぴゆは1週間ぶりに夫に会って嬉しそうにまとわりついていました。
きっと「あと3日で札幌に帰れるんだ」とか思っている様子。

実家にも随分なじんで遊んでいるんだけれどね。

今日から涼しくて過ごしやすくて、助かります。


[PR]
2010年 08月 09日 *
f0149057_15453768.jpgf0149057_1546732.jpg

土曜日から妹も帰省し、女3人+セキセイ2羽でゆるゆると過ごしています。
さすがに37.2度を経験しちゃうと、30度くらいでも、「涼しい」などと言えるようになりました。
セキセイ2羽の食欲も戻ってきたし、一安心。
とうもろこしを食べて、実家での夏休みを満喫しているかの様にも見えます(笑)
f0149057_15465791.jpg

毎晩毎晩、「かごに入りたくない」と逃げるので、こんな風に捕まえられちゃいます。
左足の裏がちょっと赤いので気になるところ。

捕まえられても暴れることなく、こうやってひっくり返っているのがかわいい♪


[PR]
2010年 08月 06日 *
f0149057_13521578.jpgf0149057_13525550.jpg
火曜日の夜から実家で過ごしています。
前回は5月に来ているので、ぴゆが実家になじむのも早くて一安心。

5月は元気だったぴっぴ、ぴゆと同じく、先月は2度発作を起こしたそうで、今回は特に元気がありません。
ちょっと下腹部が膨らんでいるのが気になっています。
でも、発作を起こすタイミングがちょっと興奮した時らしいので、つかんだりするとよくないので、黙って観察しています。
茶色く変色したお鼻、この層になってしまった茶色のがびがびもとれそうで、とれない。

今日は札幌も35度過ぎるようですが、実家のあるこの街は予報で36度。
朝6時には既に暑く、今もじりじりと暑い。
調子の悪いぴっぴ、今日はさらに元気なくかごの上でお腹つけて寝ています。
あんまりにも動かないので、母と心配になり、小皿にミカンとシードをのせて置いたら、この通り、食べてくれました。
よかった。
ぴゆは、お昼過ぎにようやく昼寝をするべくかごに入りました。

f0149057_13533989.jpg

今回も一人で眠れないぴゆ。
かごに入れられると、私の姿がちょっとでも見えないと暴れます ^^;
これは、かごの中に手を入れて、暴れるぴゆにお話をしているところ。

かごを2階に移動して、枕元に置き、ぴゆが私をみれるようにして寝ています。
一昨日なんて、夜中に何度かは
ぴゆ「ぴゆくん・・・・」
私「はい、そうだね」

ぴゆ「ぴー・・・」
私「ここにいますよ」

を繰り返して、二人とも寝不足。
昨日は、確かめ鳴きはしなかったけれどね。

やれやれ。


[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon